ダイヤモンドZAi最新記事
2021年3月29日 ザイ編集部

米国株の中でも、おすすめの「高成長株」2銘柄を紹介!
好業績の外食チェーン「チポトレ・メキシカン・グリル」
や遺伝子検査ビジネスの「ガーダント・ヘルス」に注目!

楽天ブックスで買う
amazonで買う

米国株の中で注目の「高成長株」2銘柄! 外食チェーン運営の「チポトレ・メキシカン・グリル(CMG)」と、遺伝子検査ビジネスを展開する「ガーダント・ヘルス(GH)」を解説!

発売中のダイヤモンド・ザイ5月号では、特集「買い&人気の【米国株】150」を掲載! この特集では、絶好調が続く米国株で、今が”買い”の「高成長株」や「高配当株」を30銘柄ずつ紹介。さらに、アナリストなどの専門家が、人気の米国株80銘柄を「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で診断しているので、米国株に興味がある人なら必見だ!

今回はこの特集から、米国株で今が”買い”の「高成長株」を2銘柄紹介するので、銘柄選びの参考にしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
「米国株」は“バブル”ではなく、2021年も上昇基調が続く! 企業業績の回復に加え、「財政出動・金融緩和・増税見送り」の“3つの理由”で米国株の株価は年末高に

ヘルシーさで若者に人気の「チポトレ・メキシカン・グリル」、
遺伝子検査ビジネスで急伸する「ガーダント・ヘルス」に注目!

 米国ではワクチン接種が進み、経済の正常化への期待感が高まっている。とはいえ、コロナ禍がもたらした”社会の変化”が消え去ることはないはずだ。その変化の波に乗った企業は、さらに飛躍が期待できるだろう。

 ダイヤモンド・ザイ5月号の特集「買い&人気の【米国株】150」では、米国の「高成長株」を30銘柄紹介しているが、ここではコロナ禍による変化が、業績にとってプラスに働いている2銘柄を抜粋したい(※株価と業績は3月3日時点。チャートはマネックス証券、業績データはモトリーフール・ジャパン提供。最低購入額は1ドル=107円で計算。PER、ROE、配当利回りは今期アナリスト予想ベース、PBRは実績ベース。銘柄の分析コメントは、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博さん、マンハッタン・グローバル・フィナンシャルの森崇さん、ザ・モトリーフール・ジャパンの加賀章弘さん)

 まずは、ヘルシーなメキシコ料理店をチェーン展開するチポトレ・メキシカン・グリル(CMG)だ。

 チポトレ・メキシカン・グリルは、生産者から毎日直接届けられる新鮮なオーガニック食材にこだわり、その場で調理・提供するスタイルが、とりわけ若年層から熱烈な支持を得ている。2015年に大規模な集団食中毒を引き起こして危機に瀕したが、見事に立ち直った。デリバリーやテイクアウトにより、コロナ禍でも業績は好調。ネット限定プロモーションやメニューの拡大も奏功し、2021年の売上高は前期比で21%増の予想となっている。

 続いて紹介するのは、遺伝子検査ビジネスで急成長するガーダント・ヘルス(GH)だ。

 ガーダント・ヘルスは、世界初の”血液による生体検査”で知られる業界のパイオニア。売上高約3億ドルに対し、現在展開している市場の規模は100億ドルで、成長の余地は大きい。がんの早期発見と再発モニタリングシステムの開発にも取り組んでおり、これらの市場規模はさらに数倍となる。短期的にも長期的にもポテンシャルが高いので、注目してみよう。
【※関連記事はこちら!】
【米国株投資におすすめの証券会社は?】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数を比較して、おすすめの証券会社を紹介!

好調な相場が続くなか、注目の日本株や米国株が見つかる!
ダイヤモンド・ザイ5月号をチェック!

 今回は、特集「買い&人気の【米国株】150」から、一部を抜粋してお届けした。

 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号の大特集は「人気の株500+Jリート14激辛診断【2021年・春】」! 日本株で注目度の高い人気500銘柄とJリート14銘柄を、アナリストなどの投資のプロが「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。さらに、特集内では「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」のカテゴリー別で、注目すべきおすすめ銘柄を取り上げているので必見だ!

 ほかにも「桐谷さんオススメの【株主優待株】18」「ラクして作る【じぶん年金】」「親の死後の相続で『争族』を防ぐ方法は?」「企業業績の上方修正が続出! これから狙うべき銘柄は?」「【毎月分配型】投資信託100本の分配金速報データ」など、注目の特集が満載!

 さらに、別冊付録で「全上場3801銘柄の【理論株価】」も付いてくる!「理論株価」とは、企業の真の実力を示す指標。実際の株価が「理論株価」より安ければ「割安」、「理論株価」よりも高ければ「割高」と判断できるので、気になる銘柄があるなら、この別冊付録で「理論株価」をチェックしてほしい!