ダイヤモンドZAi最新記事
2014年4月29日 ザイ編集部

元本保証の「退職金専用定期」で
高利息をゲットする裏ワザを発見!

退職金を使ってノーリスクで資産が増やせる。毎年この時期に大人気なのが、元本保証の退職金専用預金を使って「預け回し」をするテクニックだ。退職金をいきなり投資に回すのではなく、まず最初の1年はこのワザを駆使して資産を増やそう。

退職者限定の優遇預金を
フル活用して資産を増やせ!

 都銀や各地の地銀、信用金庫では退職者に限定した「退職金専用預金」を開設しているところが多い。退職金を受け取り後3カ月から1年以内に預け入れる条件で、預入期間を1~3カ月と短期にしている金融機関がほとんどだが、年利で2~3%程度と高金利なのが魅力。銀行側としては、これを呼び水として自行へ年金受取口座を開いてもらいたいという狙いがあるが、預ける側としてはそれを利用して、複数の銀行に預け回していけば、図のように1年間で17万円以上もの利息を受け取ることだって可能なのだ。

 多くの銀行で預け回すためには金利チェックなど退職前の事前準備が大事になる。退職金専用預金をフル活用するためには、退職前に準備しておきたいことがある。

 まず、年金の受取先に指定することで金利がアップする銀行を探して、あらかじめその銀行に口座を作り、勤務先で年金の受取口座に指定しておくこと。同様に、退職金の最初の振込先として高金利の銀行の口座を指定しておくことも重要だ。資金を無駄なく安全に移動させるにはネット振込が便利だが、1日の限度額が低く設定されていることがあるので、事前に窓口などで申請して上限を高めておきたい。