個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!
2015年9月5日 ザイ・オンライン編集部

新興株投資で70万円を2億9000万円にした
32歳サラリーマンの3つの投資法とは?

毎日忙しいサラリーマン生活を続けながら、13年間で70万円を2億9000万円にまで増やしたサラリーマン投資家のキクチさんの株識投資の方法とは、とてもシンプルなものだった。大幅に下落した新興株の中から株価が大化けする株を選ぶその投資法を大公開。

元手70万円を現物取引だけで約3億円に増やしたサラリーマン投資家のキクチさん

利益がブレる新興株のPERはあてにならない!
PBRに注目してサイバーエージェントで大儲け

 元手70万円を現物取引だけで約3億円に増やしたキクチさんが狙うのは、上場時に期待が先行しすぎて高値をつけ、その後は業績が伴わず売り叩かれた株だ。

 「ただし、社長の頭も組織も柔軟で、また時流に乗って新しい好調事業を生み出す期待が持てる上場10年以内の銘柄のみに注目します」

 そしてキクチさんは、PERではなく、PBRで割安かどうかを判断。利益のブレが大きい新興株は、予想利益で算出するPERよりも、純資産と株価を比較するPBRのほうが割安度が測りやすいからだ。

キクチさんは、PERではなく、PBRで割安かどうかを判断

 「最初に成功したのは、2000年に上場したサイバーエージェント(4751)。上場時に高値をつけましたが、1対16の株式分割以降、赤字が長く続いたため期待がはがれ落ち、株価は大幅に下落し底ばい状態に。02年には一時PBR0.5倍以下と超割安な株価となりましたが売上げは伸びていて業績が回復傾向にあることに注目して買い。思惑通りに業績が黒字転換した時に、株価は安値から一気に30倍以上に上昇しました」

 赤字が続き、徹底的に売り叩かれて誰からも見放されているタイミングこそがキクチさんの買い時だ。

 「ただし、頻繁に新株を発行する会社はダメ。資金調達を闇雲にやってる会社は期待できません。また、配当や優待があると、株価を下支えてしまうので、ないほうがいい。これ以上下がらないレベルまで下がっている成長期待株が好きです」

時価総額が50億円以下と小さく、経営者の株式の持ち分が多く、浮動株比率が少ないことも銘柄選びの条件。こうした株は一度注目を浴びると急騰する可能性が高いからだ。

相場全体の影響を受けにくいのも利点、
2013年に買った山王の株価はその後3倍に!

 こうした超割安株を買ったら、その間、売上げ動向や製造業なら受注残高などをチェックしつつ、基本的には1年間は保有するつもりで放置。

 「僕が買うのは超割安株ばかりなので、相場全体が大幅に下落していても影響を受けて下落することはあまりありません。1年経っても業績の回復傾向が見られなかったり、あまりに株価が動かないと、損切りして他の銘柄に乗り換えることはありますが、底値で買っているので、これまでで大きな損を出したことはありません

 直近では、2013年に買った山王(3441)の株価が買い値の3倍に。PBRが0.2倍まで売り込まれていた時に買い、今年2月に水素関連として新聞に掲載されたのをきっかけに急騰した。

 「今回のパターンは、材料だけで買われたので、ストップ高に張り付いた時に午前休を取って会社を休み全部売りました」

 業績が伴っていれば保有を継続して高値を追うが、業績が期待通りに伸びず、予想外の材料で上昇した時はチャンスを逃さず利益確定してしまうドライさも、成功に欠かせない要素なのだ。

 キクチさんの売買方法のもう1つの特徴は、常に3~4銘柄に集中投資すること。前述の山王には合計で6400万円投資していたため、大台の利益を上げた。

 「“これだ”と思ったら集中投資しないと大きくは増えません。資産が3億円になった今でもこのスタンスは変えるつもりはありません」

 ただし、キクチさんの保有株の急騰は年に数回あるかないかだ。

 「サラリーマンで本業も忙しく大切なので、これくらいの頻度の売買がちょうどいい。とはいえ、株価は毎日チェックして、銘柄選びは常にしています。相場全体の動向はあまり気にしません。“木を見て森を見ず”で、個別でいい株を見つけられるかが重要なんです」

 これまでは、売る時は一度に売ることが多く、その後の上昇で悔しい思いをしてきたので、今後は分割して売ることも考えているとのこと。

 アナタも、キクチさんの手法を新興株投資に応用してみてはいかがだろうか。

◆株主優待名人の桐谷さんが投資家におすすめするネット証券3社はココだ!
(※関連記事⇒◆「株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」
         桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!)
指値(1約定ごと)※税抜 会社詳細
10万円 30万円 50万円
 ◆松井証券初心者に特におすすめ!)
0円
(一日定額制の場合)
300円
(一日定額制の場合)
500円
(一日定額制の場合)
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!松井証券の詳細情報はこちら!
【桐谷さんが「初心者」に松井証券をおすすめする理由】
桐谷さんもよく利用している松井証券は、1日10万円までの取引は売買手数料が無料になるのが特徴。少額の株主優待銘柄に投資するなら手数料が無料になるのは魅力的だ。また、株式投資・金融情報サイト「QUICK」が無料で見られるほか、チャート分析ツール「チャートフォリオ」も無料で、桐谷さんも「とても便利でよく使う」とのこと。ただし、深夜は利用できる機能が少ないので、夜型の生活の人は要注意。
【関連記事】【松井証券のおすすめポイントはココだ!】松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!松井証券の公式サイトはこちら
 ◆SBI証券(みんなにおすすめ!)
139円 272円 272円
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!SBI証券の公式サイトはこちら!
【桐谷さんがSBI証券をおすすめする理由】
桐谷さんも利用しているSBI証券は、「株主優待検索」を使って「優待権利確定月」や「優待がある5万円以下の銘柄」といった条件のほか、「ファッションの優待」などジャンル別で銘柄を絞り込めるので、優待投資家には便利。また、30年チャートが表示できるので長期保有する際に参考になる。桐谷さんも投資する前には30年チャートをよく参考にするそうだ。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!!SBI証券の公式サイトはこちら
 ◆東海東京証券(女性に特におすすめ!
1500円 1500円 1725円
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!東海東京証券の詳細情報はこちら!
【桐谷さんが「女性」に東海東京証券をおすすめする理由】
桐谷さんが「特に初心者の女性投資家におすすめ」というのが東海東京証券。「乙女のお財布」という女性投資家向け特設サイトがあり、「オススメ優待銘柄」「中長期・値上がり期待銘柄」などのジャンル別でおすすめの銘柄を教えてくれるので、初心者には銘柄選びの手助けになる。また、女性専用の電話サポートも用意されているほか、女性限定セミナー、イベントも。ただし、手厚いサポートの分、手数料は高め。
桐谷さんがおすすめする株初心者&株主優待初心者向け!!SBI証券の公式サイトはこちら