IPO株の銘柄分析&予想
2016年2月29日 ザイ・オンライン編集部

「エボラブルアジア」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他のオンライン旅行企業との比較や予想まで解説!

[2016年4月7日 情報更新]

会社名 エボラブルアジア
市場・コード/業種 東証マザーズ・6191/サービス業
上場日 3月31日
申込期間(BB期間) 3月14日~3月18日
おすすめ証券会社 SBI証券マネックス証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

エボラブルアジアのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

 

■スケジュール
仮条件提示 3月10日
ブックビルディング(抽選申込)期間 3月14日~3月18日
公開価格決定 3月22日
購入申込期間 3月24日~3月29日
払込日 3月30日
上場日 3月31日

エボラブルアジアのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

 

■取り扱い証券会社(2016年3月14日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SBI証券(主幹事証券)
[最短2日で口座開設可能]
87.0
公式サイトはこちら!
マネックス証券 1.7
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券 1.7  
エイチ・エス証券 1.7  
岡三証券 1.7  
東洋証券 1.7  
水戸証券 1.7  
藍澤證券 0.9  
エース証券 0.9  
日本アジア証券 0.9  

エボラブルアジアのIPOは、いくらで買える?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

 

■価格情報
仮条件 1660~1800円
公募価格 1800円
初値 2670円
初値騰落率 +48.33%
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

 

■レンジ予想(2016年2月26日時点)
想定仮条件レンジ
[予想PER]

倍~倍]
予想トレーディングレンジ(※)
[予想PER]
1500~4000
倍~倍]
※期間は上場後1年を想定。

エボラブルアジアの発行株数・単元数・公開規模は?

 

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時)  536万8100株(予定)
公開株式数 公募62万株  売出37万7200株
(オーバーアロットメントによる売出14万9500株)
想定公開規模 18.3億円~20.6億円(OA含む)

エボラブルアジアはオンライン旅行会社のマザーズ中型案件

 主に国内航空券のインターネット販売に特化したオンライン旅行事業、訪日旅行事業、アジアでIT開発を行うITオフショア開発事業を展開する。オンライン旅行事業では、「TRIP STAR」等の自社サイトによる直販(BtoC)など複数の販路において、国内航空券や海外ホテルを中心に旅行商材の販売を行っている。オンライン旅行市場や訪日旅行市場の伸びが同社にも追い風となっている。

 インバウンド関連銘柄の一部はさえない値動きとなっているが、政策の後押しも期待されることから根強い人気がある。ただ、公開規模がやや大きいことや、2社同日上場による資金分散の影響が初値を抑える要因となるだろう。

 公開規模については20億円前後となる見込み。また、米ベンチャーキャピタルが株式を保有してほか、3/31はPR TIMES<3922>が同時上場する。

 

◆「エボラブルアジア」IPOに申し込めるおすすめ証券会社◆
SBI証券
公式サイトはこちら!
マネックス証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

エボラブルアジアの業績データ

 

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2012/9 10,603(―) 71(―) 97(―)
2013/9 961(-90.9%) 22(-68.3%) 14(-85.1%)
2014/9 1,115(15.9%) 43(90.0%) 19(35.1%)
2015/9 1,966(76.3%) 264(513.4%) 153(677.7%)

 

■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高(伸び率) 経常利益(伸び率) 純利益(伸び率)
2014/9 1,451(―) 93(―) 44(―)
2015/9 2,754(89.8%) 305(227.2%) 172(283.3%)
2016/9予 3,669(33.2%) 449(46.9%) 270(56.5%)
2015/12 1Q 832(―%) 139(―%) 82(―%)
予想EPS/配当 -円 連結:50.30円(上場時発行済株式数で試算)/0.00円

エボラブルアジアの業績コメント

 2016年9月期の業績は、売上高が前期比33.2%増の36.6億円、経常利益が同46.9%増の4.4億円と増収増益の見通しとなっている。

 足元の旅行業でインターネットが占める取扱高の割合は年々上昇しており、2000年で0.64%に過ぎなかった旅行会社のインターネット販売比率は2012年には9.00%に達し、益々加速している。

 このような環境のもと、同社は2016年9月期より訪日旅客を対象としたサービスを開始。昨今の国策に基づく訪日観光の誘致、アジア地域の経済発展、円安等の追い風の下、訪日旅行客は2015年に1,973万人を記録している。

 また、2012年より開始したITオフショア開発事業においては、ベトナムにおけるラボ型開発を主軸に、多業種にわたり順調に顧客先を獲得し、雇用エンジニア数を増加させ、2016年2月現在で500名規模まで成長している。現状における日本のオフショア開発割合は僅か1,000億円程度に過ぎず、国内の受託ソフトウェア開発市場の市場規模が10兆円程度(経済産業省調査)であることを鑑みれば、まだまだ拡大の余地があると考えられる。

 なお、通期計画に対する第1四半期末時点における進捗率は、売上高8.3億円で22.7%、経常利益1.3億円で31.0%となっている。

エボラブルアジアの詳細情報

 

■基本情報
所在地 東京都港区芝三丁目5番5号芝公園ビル6階
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 吉村 英毅(昭和57年5月23日生)
設立 平成19年5月11日
資本金 3億8013万円(平成28年2月26日現在)
従業員数 新規上場会社50人 連結会社550人(平成28年1月31日現在)
事業内容 主に国内航空券のインターネット販売に特化したオンライン旅行事業、訪日旅行事業、アジアでIT開発を行うITオフショア開発事業

 

■売上高構成比率(2015/9期 実績)
品目 金額 比率
オンライン旅行事業 1,717 百万円 62.4%
ITオフショア開発事業 878 百万円 31.9%
その他の事業 158 百万円 5.7%
合計 2,754 百万円 100.0%

 

■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 大石崇徳 271万5900 53.41%
2 吉村ホールディングス株式会社 140万4000 27.61%
3 Fenox Venture Company IX, L.P. 26万9100 5.29%
4 笹沼泰助 12万7200 2.50%
5 株式会社ベクトル 7万6500 1.50%
5 山下大介 7万6500 1.50
7 Fenox Venture Company III,L.P. 4万2300 0.83%
8 Fenox Venture Company VIII, L.P. 1万8600 0.37%
9 薛悠司 1万5000株 0.30%
10 株式会社ヒトトキインキュベーター 3000株 0.06%
合計   474万8100 93.37%

 

■その他情報
手取金の使途 事業拡大のためのシステム投資資金、広告宣伝費や採用教育費、人件費等に充当す予定。
関係会社 EVOLABLE ASIA CO., LTD.(連結子会社)ITオフショア開発事業
VC売却可能分(推定) -株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2015年10月29日
割当先 Fenox Venture Company IX, L.P.  Fenox Venture Company III,L.P.
Fenox Venture Company VIII, L.P.
発行価格 1908円 ※株式分割を考慮済み

 

◆「エボラブルアジア」IPOに申し込めるおすすめ証券会社◆
SBI証券
公式サイトはこちら!
マネックス証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

エボラブルアジアの銘柄紹介

 同社グループは、同社及び連結子会社3社で構成されており、「オンライン旅行事業セグメント」と「ITオフショア開発事業セグメント」の2事業を展開している。

 オンライン旅行事業セグメントは、旅行商材の比較・販売を行う自社サイトによる直販(BtoC)、他社媒体へ同社の検索予約エンジンを提供するOEM(Original Equipment Manufactuer)提供(BtoBtoC)、ホールセール(BtoB)、法人の出張手配(BTM:Business Travel Management)を販路に、国内航空券や海外ホテルを中心に旅行商材の販売を行う「オンライン旅行事業」と、急増する訪日旅客(インバウンド需要)に旅行商材を提供する「訪日旅行事業」により構成されている。

 ITオフショア開発事業セグメントは、ベトナムでラボ型システム開発を行う「ITオフショア開発事業」を主要事業として展開している。

(1)オンライン旅行事業

 同社は創業以来、国内航空券を中心とした旅行商品のインターネット販売を行っている。販路は、自社媒体直販(BtoC)、OEM提供(BtoBtoC)、ホールセール(BtoB)、BTMの4つである。BtoCでは、一般消費者向けの旅行商材の比較・販売を行うサイトの運営、BtoBtoCでは、提携先企業に旅行コンテンツを提供する事業、BtoBでは、他社旅行会社に対するホールセール事業、BTMは、企業の出張に係る社内承認手続き及び手配を同社のクラウドサービスにより顧客側で一元管理が可能となる事業を提供している。

(2)訪日旅行事業

 アジア地域を中心とした現地旅行代理店や媒体運営者に対して、国内航空券を中心に日本国内旅行コンテンツの検索・予約エンジンをOEMで提供している。また、日本の代理店、航空券、新幹線、オプショナルツアーなどのコンテンツを、現地の旅行代理店や媒体と繋ぎ合わせる訪日旅行手配用のBtoB向けプラットフォームの構築を準備している。

(3)ITオフショア開発事業

 連結子会社EVOLABLE ASIA CO., LTD.がベトナムのホーチミン、ハノイ及びダナンにおいて、主にEコマース会社、Webソリューション会社、ゲーム会社、システム開発会社等を顧客として、ラボ型のITオフショア開発サービスを提供している。

 現在、日本国内に所在する企業を主要顧客としているが、2016年9月期より米国における営業強化を図り米国企業向けの営業も行っている。また、孫会社であるEVOLABLE ASIA SOLUTION & BUSINESS CONSULTANCY COMPANY LIMITEDでは、BPO(Business Process Outsourcing)サービスとよばれるECサイトの編集・更新・加工、パンフレット作成、オークション入札監視業務等の相対的に単純な業務プロセスの一部を受託する事業を展開している。

エボラブルアジアの投資のポイント

 中国経済の減速を受けてインバウンド関連銘柄の一部はさえない値動きとなっているが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて訪日外国人客数の増加傾向が続きそうだ。政策の後押しも期待されるインバウンド関連銘柄は根強い人気がある。

 オンラインによる航空券等の旅行商品販売を手掛け、2014年12月にマザーズへ上場したアドベンチャー<6030>(公開規模9.5億円)は公開価格を127.2%上回る強い初値を付けた。ただ、同社については公開規模がやや大きいことや、2社同日上場による資金分散の影響が初値を抑える要因となるだろう。

 同社はオンライン旅行事業や訪日旅行事業、ITオフショア開発事業を展開している。オンライン旅行事業では、「TRIP STAR」等の自社サイトによる直販(BtoC)など複数の販路において、国内航空券や海外ホテルを中心に旅行商材の販売を行っている。オンライン旅行市場や訪日旅行市場の伸びが同社にも追い風となっている。

 また、訪日旅行客向けの多言語サイトの運営や他社への国内旅行コンテンツの提供、ベトナムにおいてラボ型のITオフショア開発サービスの提供等も行っている。

 業績面について、2016年9月期は売上高が前期比33.2%増の36.6億円、経常利益が同46.9%増の4.4億円と増収増益の見通しとなっている。直近数期は業績の拡大が続いている。想定仮条件水準の今期予想PERは32~36倍程度と高い水準だが、類似企業との比較では割安感もある。

 公開規模については20億円前後となる見込み。また、米ベンチャーキャピタルが330,000株(上場時発行済株数の6.1%)を保有している。一部は上場前の第三者割当増資等に係る継続所有等の確約を行っているもようだが、需給面の懸念材料の1つとなりそうだ。また、3/31はPR TIMES<3922>が同時上場するため、軽量感を重視する投資家の買いは同社に向かいにくいだろう。

 

◆「エボラブルアジア」IPOに申し込めるおすすめ証券会社◆
SBI証券
公式サイトはこちら!
マネックス証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ