世界投資へのパスポート

今週の米国市場では、アップル、テスラ、アマゾン、
アルファベット(グーグル)の決算発表に要注目!
業績の内容次第では、株価下落も十分あり得る?

2016年10月24日公開(2022年3月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

先週の米国株式市場は、様子見ムード

 先週の米国株式市場は小動きでした。今週発表されるアップル(ティッカーシンボル:AAPL)アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の決算を前に、投資家は様子見を決め込んでいます。

【前回8月の決算に関する記事はこちら】
⇒アップル、アマゾン、アルファベット(グーグル)、フェイスブックの決算の内容と投資戦略を解説!今週はテスラ・モーターズの決算に注目!

 週間ベースでは、ダウ工業株価平均指数が+0.04%、S&P500指数が+0.38%、ナスダック総合指数が+0.81%でした。

ダウ工業株価平均指数チャート(日足・6カ月)*チャート画像をクリックすると最新のチャートがご覧になれます。SBI証券HPより
別画面表示

【アップルの決算発表】
iPhone 7の売れ行き次第では、落胆からの下落もあり得る

アップルは、10月25日(火)引け後に決算発表する予定です。コンセンサス予想はEPSが1.65ドル、売上高が468.9億ドルです。今回の決算発表では、9月から新発売されているiPhone 7の売れ行きに注目が集まると思われます。

 iPhone 7が市場に出回り始めた直後、スプリント(ティッカーシンボル:S)Tモバイル(ティッカーシンボル:TMUS)などの下位の携帯電話会社が「iPhone7は期待を上回る売れ行きだ」と発表しました。しかし、その後のスプリントやベライゾン(ティッカーシンボル:VZ)の決算発表を見る限り、iPhone 7がメチャクチャ売れているような形跡はありませんでした。

 すでにアップルの株価は、iPhone 7の好調な売れ行きを織り込むかたちで上昇しているので、むしろ落胆リスクの方が大きいかも知れません。

 ちなみに7月に発表された第3四半期(6月期)決算では、EPSが予想1.38ドルに対し1.42ドル、売上高が予想421億ドルに対し423.6億ドル、売上高成長率が-14.6%でした。さらに、iPhone販売台数は、予想4020万台に対し4040万台、iPad販売台数は予想870万台に対し995万台、Mac販売台数は予想460万台に対し420万台でした。

 今回の決算のもうひとつの注目点として中国市場におけるiPhoneの販売状況が挙げられます。ちなみに前回の第3四半期決算では中国が前年比-30%を超える落ち込みを見せました。未だに中国市場の見通しが回復していないようだと、投資家は嫌気すると思います。

⇒アップル(ティッカーシンボル:AAPL)の最新株価チャートはこちら

【テスラ・モーターズの決算発表】
生産能力の確保が急務。建設中の工場が計画通りに完成するかがカギ

テスラ・モーターズ(ティッカーシンボル:TSLA)は、10月26日(水)引け後に決算発表します。コンセンサス予想はEPSが7セント、売上高が23.7億ドルです。

 先週、「当初2017年後半に予定されていた「モデル3」の量産が、2018年にずれ込むのではないか?」という観測が流れました。

 現在、テスラ・モーターズはカリフォルニア州フリーモントの工場で全ての車を生産しています。すでにフリーモント工場は生産能力の限界に達しているため、「モデル3」を量産するためには、まずネバダ州に現在建設中のギガファクトリーがちゃんと立ち上がることが前提条件になります。もしギガファクトリーの竣工が遅れると、生産計画に大きな狂いが生じるわけです。

 8月に発表されたテスラの第2四半期決算では、EPSが予想-65セントに対し-$1.06、売上高が予想16.5億ドルに対し15.6億ドル、売上高成長率は前年比+30.5%でした。また、第2四半期の納車数は1.44万台でした。その内訳は「モデルS」が9764台、「モデルX」が4638台でした。

 上に書いたような理由で、テスラ・モーターズの目下の生産能力は限界に来ているため、計画通り納車が出来ず、決算が予想を下回るということが常態化しています。

 それにもかかわらず、テスラ・モーターズはソーラーシティを買収するなど本業に関係の無いことに手を出しており、投資家の我慢は限界に近づきつつあります。

⇒テスラ・モーターズ(ティッカーシンボル:TSLA)の最新株価チャートはこちら

【アルファベットの決算】
業績の中で占める割合が高いYoutube広告の成長率に注目

 グーグルの親会社であるアルファベットは、10月27日(木)引け後に決算発表します。コンセンサス予想はEPSが8.62ドル、売上高が218.8億ドルです。

 7月に発表された第2四半期決算では、EPSが予想8.04ドルに対し8.42ドル、売上高が予想207.7億ドルに対し215億ドル、売上高成長率は前年比+21.3%でした。

 グーグル・サイトにおけるペイド・クリックは+37%でした。伸びている部分の大半がYouTube広告です。ちなみに第1四半期は+38%、去年の第4四半期は+40%でした。

 つまり現在のアルファベットの業績はYouTube広告への依存が大きくなっているということです。さらに、YouTube広告はいまとても勢いがあるのですが、そのペイド・クリックは上に見るようにだんだん成長率が鈍化しています。

 従って、今回の決算発表で、またしてもYouTube広告の成長率が下がるようだと投資家は嫌気すると思います。

⇒アルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)の最新株価チャートはこちら

【アマゾンの決算発表】
好業績を上げるアマゾン・ウエブ・サービスの成長性を見極めたい

アマゾンは、10月27日(木)引け後に決算発表します。コンセンサス予想はEPSが77セント、売上高が326.5億ドルです。

 7月に発表された第2四半期決算ではEPSが予想1.12ドルに対し1.78ドル、売上高が予想295.7億ドルに対し304億ドル、売上高成長率は+31.1%でした。特にアマゾン・ウエブ・サービス(AWS)は、売上高が+58%の29億ドル、営業利益が+126%の7.18億ドルと好調でした

 AWSは確かに+58%と高成長なのですが、成長率自体はじりじり下がって来ています。実はアマゾンのビジネスで一番利幅が大きいのはAWSで、他のビジネスは薄利多売です。

 従って、今期もまたAWSの成長率が下がるようだと投資家は嫌気すると思います。

⇒アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の最新株価チャートはこちら

【今週のまとめ】
事前予想の数字が高いだけに、
それを上回らないと株価が騰がるのは難しい

 ここまで説明してきたように、今週は重要な決算が目白押しです。テスラ・モーターズを除いて、事前の期待(予想)は高いです。コンセンサス予想をかなり上回らないと株価は騰がらないでしょう。

 またEPS、売上高で予想を上回ることも必要ですが、それらに加えて、アップルの場合はiPhone 7の売れ行き、アルファベットの場合はグーグルサイトにおけるペイド・クリック数、アマゾンの場合はAWSの成長率に投資家は注目しています。それらにも注意を払ってください。

【前回8月の決算に関する記事はこちら】
⇒アップル、アマゾン、アルファベット(グーグル)、フェイスブックの決算の内容と投資戦略を解説!今週はテスラ・モーターズの決算に注目!

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2024年4月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約4900銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)※買付時の為替手数料が無料/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【マネックス証券のおすすめポイント】
外国株の取扱銘柄数はトップクラス! また、米国株の買付時の為替手数料が0円(売却時は1ドルあたり25銭)となるキャンペーンが長期継続しており、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。米国ETFの中で「米国ETF買い放題プログラム」対象21銘柄は、実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。米国株の積立サービス「米国株定期買付サービス(毎月買付)」は25ドルから。コツコツ投資したい人に便利なサービス。米国株は、時間外取引に加え、店頭取引サービスもあり日本時間の日中でも売買できる。また、NISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件をクリアすれば、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約5300銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手のひとつだけあって、米国から中国、韓国、アセアン各国まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。また、2023年12月1日から米ドルの為替レートを「0円」に引き下げたので、取引コストがその分割安になった。さらにNISA口座なら米国株式の買付手数料が無料なので、取引コストを一切かけずにトレードできる。米国株を積立購入したい人には「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。また、米国株の信用取引も可能。さらに、リアルタイムの米国株価、48種類の米国指数および板情報を無料で閲覧できる点もメリットだ。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索に使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。「SBI 証券 米国株アプリ」は「米国市場ランキング」「ビジュアル決算」「銘柄ニュース」などの機能が充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約4750銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と幅広い銘柄がそろっており、米国株の信用取引も利用可能! 指定の米国ETF15銘柄については買付手数料が無料で取引ができるのもお得。さらに、2023年12月からは米ドル⇔円の為替取引が完全無料! NISA口座なら米国株の売買手数料が0円(無料)なのもメリットだ。米国株の注文受付時間が土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。米国株式と米国株価指数のリアルタイム株価、さらに米国決算速報を無料で提供。ロイター配信の米国株個別銘柄ニュースが、すぐに日本語に自動翻訳されて配信されるのもメリット。米国株の積立投資も可能で、積立額は1回3000円からとお手軽。楽天ポイントを使っての買付もできる。銘柄探しには、財務指標やテクニカル分析などの複数条件から対象銘柄を検索できる「米国株スーパースクリーナー」が役に立つ。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約2400銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
米国株の売買手数料が完全無料なので、取引コストに関しては割安! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。米ドルで持っておきたい人には向かないが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

「はじめてのNISA」は、野村アセットが“低コスト”を 追求した投資信託! 信託報酬率に加え、総経費率でも 業界トップクラスの低コストを期待できる理由とは!?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

NISAの株の学
株500激辛診
米国株150診断

5月号3月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭インタビュー
87歳のデイトレーダーシゲルさん登場
「デイトレより稼げてオモロイもんはない!」

◎第1特集
株・投信 の基礎と誰でもできる10の儲け方
NISAの株&投信の学校

●株の学校
[基礎編]
株の3つの儲け方&NISAのメリット
買いたい人が多いと株価は上がる
・会社の規模で値動きが違う
・株を保有する期間で戦路は変わる
・年4回の決算で株価が動く

[儲け方編]
長く稼ぎ続ける会社を買う
ずっと人気が続く株を買う
・為替で儲かる株を買う
・配当が増える株を買う
・自社の株を買う会社を狙う
・モノがもらえる会社を買う
・情報を隠さない株を買う 
・買いやすくなった株を買う 

●投信の学校
[基礎編]
積立OK! 投信で世界に分散しよう

[儲け方編]
長期で成長してきた指数を買う
・定期的に分配金収入を得る

プロ厳選!儲け方別買いの株+投信付き


◎第2特集
買っていい10万円株は97銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
期待の出遅れ株/来期も増配予想の高配当株/半導体・AI関連株
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
来期に営業利益が大きく伸びる株/“稼ぐ力”が強い高ROEの株/
配当利回りが高い株/少額で買える株/理論株価と比べて割安な株
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
石油・石炭が配当利回り1位に!
●2024年新春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10


◎第3特集
人気の米国株150診断
儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
●プロが大予測!大統領選後米国株はどうなる?
●GAFAM+αのBig8中3社が脱落!AIブームに乗る激アツ22社!
●出遅れ超有名株&買いの高配当株
●人気の125銘柄「買い」「売り」診断


◎【別冊付録】

上場全3905社の最新理論株価
増益割安株は1254銘柄


◆芸人がゴミ清掃員に!?富豪と一般人の差ってゴミに出ます!
◆日本株の大幅上昇でIPO株も環境が好転
◆“もしトラ”で世界は地獄に!?
◆高額な負担に見合う?地震保険の誤解本当に必要か再検証
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報