世界投資へのパスポート

「NVIDIA(エヌビディア)」の株価は、業績のV字回復に
伴って上昇中!“映画並みの迫力映像”をゲーム内でも
描画できる新技術「レイトレーシング」が高評価に!

2020年2月17日公開(2022年3月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

高値更新中の米国株式市場は、
多少割高ではあるが依然“バブル状態”ではない

 米国の株式市場は、引き続き力強く上昇しています。先週は、週間ベースでS&P500指数が+1.6%、ナスダック総合指数が+2.2%、ダウ工業株価平均指数(NYダウ)が+1%上昇しました。

■S&P500指数チャート/日足・6カ月
S&P500指数チャート/日足・6カ月S&P500指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 向こう12カ月の予想1株当たり利益(EPS)に基づいたS&P500指数の株価収益率(PER)は18.9倍となっています。これは、過去5年間の平均の16.7倍を上回っています。しかし、「低金利」と「企業業績が好調」という2つの好条件に照らして、現在のやや割高なバリュエーションは十分正当化できると思います

 まず「金利」を見ると、米国10年債利回りは先週金曜日の時点で1.61%でした。これは年始の1.9%に比べると下がっています。金利低下は、株式バリュエーションにとって支援的です。

■米国10年債利回りチャート/日足・6カ月
米国10年債利回りチャート/日足・6カ月米国10年債利回りチャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 次に「企業業績」ですが、今は2019年第4四半期の決算発表がそろそろ終わりを迎えようとしています。これまでに、S&P500指数に採用されている企業の77%が決算発表を終えており、そのうちEPSは71%の企業が、売上高は67%の企業が予想を上回りました。つまり、決算には大きな異変は出ていないということです

新型コロナウイルスの決算への影響はあるものの、
全体的には心配されるほどではない

 新型コロナウイルスが今後の決算に与える影響に関してですが、決算カンファレンスコールを行った364社のうち、38%に相当する138社が新型コロナウイルスについて言及しました。特に工業セクターとハイテクセクターの企業が、新型コロナウイルスに言及するケースが多かったです。

 新型コロナウイルスに言及した138社のうち47社(34%)は「いまだ新型コロナウイルスの影響を予測するのは早すぎる」と述べる一方、34社(25%)は「新型コロナウイルスのせいでガイダンスを引き下げる」とコメントしました。

 新型コロナウイルスの影響でガイダンスを引き下げると発表した主な企業は、以下の通りです。

アップル(ティッカーシンボル:AAPL)
スターバックス(ティッカーシンボル:SBUX)
アライン・テクノロジー(ティッカーシンボル:ALGN)
クゥオルボ(ティッカーシンボル:QRVO)
ウォルト・ディズニー(ティッカーシンボル:DIS)
KLA(ティッカーシンボル:KLAC)
シーゲート(ティッカーシンボル:SGT)
ボストン・サイエンティフィック(ティッカーシンボル:BSX)
クアルコム(ティッカーシンボル:QCOM)
タペストリー(ティッカーシンボル:TPR)
アプライド・マテリアルズ(ティッカーシンボル:AMAT)
MGMリゾーツ(ティッカーシンボル:MGM)
エヌビディア(ティッカーシンボル:NVDA)

 ただ、全体としてガイダンスの引き下げをした企業の割合はこれまでの決算よりも小さく、新型コロナウイルスの影響は心配されたほどではありません

先週決算発表した企業の中では、
業績が復活した「エヌビディア」に要注目!

 先週決算発表した企業の中では、エヌビディア(ティッカーシンボル:NVDA)の復活が目を惹きました。第4四半期(1月期)決算は、EPSが予想1.67ドルに対して1.89ドル、売上高が予想29.8億ドルに対して31億ドル、売上高成長率が前年同期比+40.8%でした。

 グロスマージンは65.4%。前年同期は56.0%でした。

 市場別で見ると、データセンターとゲーミングが好調でした。ゲーミングは、在庫の消化が終わりました。データセンターへの投資の小休止も終わり、新しい成長局面に入っています。それら市場別の売上高の推移は、下のチャートで確認してください。

 データセンターの売上高は前年比+43%、前期比+33%の9.68億ドルでした。マイクロソフト(MSFT)のアジュールがエヌビディアの「V100テンサー・コアGPU」を800個組込んだクラウド・スーパーコンピュータを発表しました。またアリババ(BABA)バイドゥ(BIDU)は、エヌビディアの半導体を搭載したAIレコメンデーション・エンジンを発表しました。

 一方、ゲーミングの売上高は前年比+56%、前期比-10%の14.9億ドルでした。もう少し細かく言うと、デスクトップやノートブックのパソコンが好調でした。クリスマス商戦期間に入るにあたりに新製品のラインアップが最適であったことが好調の理由です。

 卸売市場での需要は、中国において大規模セールが盛り上げる「シングルズデー」との絡みで強かったです。また、『コール・オブ・デューティー・モダン・ウォーフェア』など、新作ゲームの登場も需要を刺激しました。

「エヌビディア」が強みを発揮する最新技術
「レイトレーシング」とは?

 今期はとりわけ、高度なビジュアル処理を必要とするゲームにおいて、光の物理的挙動をシミュレーションしてリアルタイムで映画画質に迫るレンダリングを提供する新技術「レイトレーシング(RTX)」が、消費者に好評でした

 レイトレーシングは、「BVH(Bounding Volume Hierarchy)」「レイ・トライアングル・インターセクション」「デノイジング」の3つの技術から成っています。

 まず「BVH」は、アクセラレーションのためのデータ・ストラクチャで、これがハイパフォーマンスのRTXを可能にする準備を提供します。「レイ・トライアングル・インターセクション」は、光が物体に当たった際、それがどのように反射するかを計算する技術で、これによりリアリスティックな影を描くことができます。最後の「デノイジング」は、そのようにしてできたグラフィックからノイズを取り除き、表面を滑らかにするための作業を指します。

 レイトレーシングは、こうした技術を通じて圧倒的にリアリスティックな映像を可能にしました

 最近、『ウルフェンシュタイン・ヤングブラッド』や『ブライトメモリー』『デリバー・アス・ザ・ムーン』などのRTXベースのニュー・タイトルが相次いで出ました。これらのゲームは、エヌビディアのRTX半導体を使わなければ理想のプレイ環境を確保できません

 さらに高度な技術として「グローバル・イルミネーション(GI)」という手法があります。これは、シーン全体において、様々な光源がどのような光の反射を醸し出すかを全体的に調和させる技術です。『メトロ2033』というゲームがそれに依拠しています。エヌビディアが製造する「ターリングRTX」は、この「グローバル・イルミネーション」を最も効率的に処理できます。その技術を使えば毎秒10億レイの処理が可能となり、処理時間も従来製品の「パスカル」と比較して10分の1になります。

 エヌビディアは、クラウド・ゲーミング・サービスの「Gフォース・ナウ」を先週ローンチしました。世界最初となるレイトレーシング対応ゲームのクラウドサービスです。「Gフォース・ナウ」はオープン・プラットフォームであり、フリーミアム・モデルを採用しています。例えば、「ファウンダーズ・クラス」は4.99ドル/月を払います。

新型コロナウイルスの影響を考慮した上で、
「エヌビディア」は来期の見通しも好調!

 さて、エヌビディアの来期の見通しですが、第1四半期の売上高は予想28.6億ドルに対して新ガイダンス29.4億~30.6億ドルが提示されました。グロスマージンは65.0%~65.4%の範囲内をガイドします。なお、このガイダンスは、新型コロナウイルスの影響1億ドルを含んでいます。

 エヌビディアの決算は1月〆なので、今回発表されたのは2020年度の第4四半期決算ということになります。これは、他の企業の2019年度決算に相当します。

【今週のまとめ)
米国の株式市場が堅調に推移する中、
スランプからの脱出を果たした「エヌビディア」に期待!

 米国株式は順調に高値を更新しています。株式市場のバリュエーションは18.9倍と割高ですが、おりからの低金利と企業業績の好調から、この割高は正当化できると思います。

 2019年第4四半期の決算発表では、新型コロナウイルスに言及する企業がいくつかありましたが、全体としてガイダンスはあまり下がりませんでした。これは、新型肺炎の業績の影響が軽微であることを示唆しています。

 個別では去年スランプに陥っていたエヌビディアの業績がV字型に回復しているのに注目したいと思います。

⇒エヌビディア(NVDA)の最新株価はこちら!

エヌビディア(NVDA)チャート/日足・6カ月エヌビディア(NVDA)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
「テレワーク」の関連銘柄を紹介! 東京オリンピック期間の混雑緩和策、新型コロナウイルスの感染予防策として注目される「テレワーク」関連のおすすめ5銘柄

「令和2年度税制改正大綱」のポイントをFPがわかりやすく解説!「新NISA」導入や「つみたてNISA」の延長、「iDeCo」加入年齢の変更が検討されることに

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2024年2月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約4900銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)※買付時の為替手数料が無料/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【マネックス証券のおすすめポイント】
外国株の取扱銘柄数はトップクラス! また、米国株の買付時の為替手数料が0円(売却時は1ドルあたり25銭)となるキャンペーンが長期継続しており、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。米国ETFの中で「米国ETF買い放題プログラム」対象21銘柄は、実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。米国株の積立サービス「米国株定期買付サービス(毎月買付)」は25ドルから。コツコツ投資したい人に便利なサービス。米国株は、時間外取引に加え、店頭取引サービスもあり日本時間の日中でも売買できる。また、NISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件をクリアすれば、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約5300銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手のひとつだけあって、米国から中国、韓国、アセアン各国まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。また、2023年12月1日から米ドルの為替レートを「0円」に引き下げたので、取引コストがその分割安になった。さらにNISA口座なら米国株式の買付手数料が無料なので、取引コストを一切かけずにトレードできる。米国株を積立購入したい人には「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。また、米国株の信用取引も可能。さらに、リアルタイムの米国株価、48種類の米国指数および板情報を無料で閲覧できる点もメリットだ。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索に使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。「SBI 証券 米国株アプリ」は「米国市場ランキング」「ビジュアル決算」「銘柄ニュース」などの機能が充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約4750銘柄 <現物取引>約定代金の0.495%(上限22米ドル)/<信用取引>約定代金の0.33%(上限16.5米ドル)
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と幅広い銘柄がそろっており、米国株の信用取引も利用可能! 指定の米国ETF15銘柄については買付手数料が無料で取引ができるのもお得。さらに、2023年12月からは米ドル⇔円の為替取引が完全無料! NISA口座なら米国株の売買手数料が0円(無料)なのもメリットだ。米国株の注文受付時間が土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。米国株式と米国株価指数のリアルタイム株価、さらに米国決算速報を無料で提供。ロイター配信の米国株個別銘柄ニュースが、すぐに日本語に自動翻訳されて配信されるのもメリット。米国株の積立投資も可能で、積立額は1回3000円からとお手軽。楽天ポイントを使っての買付もできる。銘柄探しには、財務指標やテクニカル分析などの複数条件から対象銘柄を検索できる「米国株スーパースクリーナー」が役に立つ。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約2400銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
米国株の売買手数料が完全無料なので、取引コストに関しては割安! ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、配当狙いで長期保有する人は注意が必要だ。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に米ドルから円に交換されること。米ドルで持っておきたい人には向かないが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

「はじめてのNISA」は、野村アセットが“低コスト”を 追求した投資信託! 信託報酬率に加え、総経費率でも 業界トップクラスの低コストを期待できる理由とは!?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新NISAで1億円
投信格付283本
2024年の主役株

4月号2月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭特集
第3四半期決算でわかった!
2024年の主役株40

株主還元策がカギ!人気20銘柄を診断!


◎第1特集
買いの株は55銘柄!
14人の億り人の実例&4人のプロの提案・銘柄!新NISAで1億円

・株で80億円の利益テスタさんからの提言「億り人を目指す心構えとは?」
新NISAで1億円作るには?達成目標年別8つの運用シミュレーション
高配当株で1億円!実例3+買いの株
割安株で1億円!実例2+買いの株
成長株で1億円!実例3+買いの株
米国株で1億円!実例2+買いの株
投信・ETFで1億円!実例4


◎第2特集
NISAは☆☆☆3つ星を買え!
ザイ独自の判断!投信格付283本

新NISAで買う投信の選び方
つみたて投資枠で買える「格安」インデックス型46
・成績のよる格付け&6つの視点で分析!アクティブ型60
・資産配分や運用の効率性を徹底分析!バランス型24
・利回り2ケタの投信が大幅増加!毎月分配型100
・前回のオススメ投信9本の成績は?
・iDeCoで最安投信44
・投信の「買い」「売り」判断の方法
・初心者はココで理解できる!投信のキホン


◎【別冊付録】

株のイメージを変える新しい入門本!
夫婦で親子で一緒に読んで家族円満!
投資にまつわる誤解を撃退!
株の食わず嫌い克服BOOK


◆おカネの本音!医師・作家鎌田實さん「累積赤字4億円の地方病院を再生!海外医療支援も」
◆株入門マンガ恋する株式相場!「夢じゃない!? 日経平均5万5000円」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国「何で解約できない!?ネットに潜むワナと仕掛けに注意」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報