NISA口座の比較&活用術

金融機関別にNISA口座を比較!
NISA向きの商品、NISAの落とし穴も紹介!

2013年12月27日公開(2022年3月29日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

NISA口座は金融機関によって使い勝手が異なるため、まず商品やコストで比較してみよう! また、一度開設すると金融機関の変更が不可能なので、自分の投資スタイルに適した金融機関を選びたい。NISA向きの商品やNISAの落とし穴、誤解されやすいポイントも紹介しよう!

制度や運用の相談をするなら大手証券の窓口も候補に

 NISAの難点をどこまでカバーできるか、利用者の多い6種類の金融機関を比較してみた。 

NISAの利用者の多い6種類の金融機関診断結果
金融機関 引っ越し対応 商品の幅広さ コストの安さ 説明を聞く
 大手証券
 ネット証券 ×
 都銀
 地銀 ×
 ゆうちょ銀行 ×
 ネット銀行 ×

 

 株式投資を念頭に入れるなら、証券会社での開設が絶対条件となる。

 コスト面や品ぞろえではネット証券が有利だ。ただし、複雑なNISAの説明を受けたい、運用の相談がしたい人は対面の証券や銀行がいい。大手証券なら投信の品ぞろえも豊富な上、コストの安いネット取引も併用可能なので有力な候補となる。

 身近で全国展開するゆうちょ銀行は居住地の移転への対応は万全だが、投信の品ぞろえの拡充に期待。

通常の口座で取引と比較し、損をすることもある!

 NISA向きの商品や投資法は、NISAのデメリットに注意し、NISA口座に不向きな商品や投資法を考えると見えてくる。

 じつはNISAで購入した株式や投信が値下がりして損失が確定すると、大きなデメリットが発生する。

 通常の口座なら、損失が出ると他の投資商品で得た利益と相殺(損益通算)して税金を減らせる。だがNISAの損失は損益通算の対象外。通常の口座で若干の利益が出る一方で、NISA口座内で損失が大きく、トータルではマイナスだったとしても課税されてしまうのだ。

 さらに資産が値下がりしたまま非課税期間の終了を迎えると、取得価格は非課税期間が終了した時の時価に変更(値洗い)される。将来の価格回復を期待して一般口座などに移し持ち続け、若干値上がりしたところで売却すると、課税されるのだ。

 下の図を見てほしい。例えば100万円で買った株式が期間終了時に30万円に値下がりしていると、その株式の取得価格は30万円となる。その後、50万円で売却した場合、本来なら50万円の損なのに、新取得価格との差額の20万円が利益と見なされ課税されてしまうのだ。

NISA口座の期間が終了すると実際は損失なのに課税される

 NISA口座で投資したがゆえに、損失が出ていても課税されてしまうリスクがあるのだ。

向いてそうで不向きな高リターン狙いの商品

 ついつい「売却益が非課税なので、NISAでは高リターンを狙える商品を買おう」と考えがちだ。しかし、高いリターンが望める商品は当然、高リスクで裏目に出れば大きなマイナスになる。値下がりに弱いNISA向きとは言いがたい。

 それでも高リスクの株式投資で高リターンを狙いたい投資家もいるだろう。その場合、個別株ではなく株式投信の、積み立て投資が選択肢となる。

 売買タイミングを分散することでリスクを下げることができ、NISA向けの中リスク・中リターン投資に近づけることができるからだ。

バランス型投信がオススメの理由【1】
長期+分散投資なら 元本割れは避けられる

 30年以上のデータから(下図)、10年間の長期分散投資を続ければ、最終的な投資結果でマイナス(元本割れ)を避けられることがわかる。運用成績は100万円を投資していた場合、平均で191万円にもなった。

NISA口座なら10年間なら課税ゼロ。

 NISAの非課税期間である5年間投資(ロールオーバーはしない)だったとしても、マイナスは38回中3回だけと1割以下の確率でしかない。運用成績は100万円を投資していた場合、平均で136万円となった。

 積み立てのように時間を分散して投資すれば、高リスク・高リターンの部類に入る株式型の投信も中リスク・中リターンに近づけることができ、NISA口座での投資に使える商品となる。

 毎月5万円ずつ積み立てても年間60万円で、分配金を再投資しても非課税枠は十分に足りる。非課税口座の積み立てなら資産形成のペースも早くなる。

 14年から、NISAを利用した投信の積み立ては、資産形成の最も有力な手段となる。

バランス型投信がオススメの理由【2】
メリットを最も生かせる投信の中でもバランス型がベスト

 売却益が非課税となることから、リターンの最大化を狙いたくなるもの。しかし、損失が出るとNISAのデメリットが顔をのぞかせる。

 一方で低リスク商品では低リターンしか望めず、非課税であるメリットが感じられない。つまり、メリットを最も生かせるのは中リスク・中リターンを狙える投資。

 投信なら資産の内容や過去の実績から、どのファンドが中リスク・中リターンかがわかるので、目的に沿った商品を選びやすい。

 しかも、投信なら1万円から購入できる。非課税枠は1年間100万円と決まっているため、非課税枠をフルに使える。

 ところが、株の特定銘柄だと、枠が余ったり買えなかったりするケースがほとんど。もし個別株を買って枠が余り、資金に余裕があるなら投信で使い切るのも有効だ。

 NISAは売却すると非課税措置が終了するため、リバランスがしづらい。

 リバランスが困難なのに、特定の資産に投資すると、投資環境の変化に対応できなくなるので、分散投資が重要となってくる。

 その場合も、複数の投信を買うより、1本で複数の資産に投資してくれて、リバランス機能も有したバランス型投信がいい。そうすれば、売却しなくても、投信が自動的にリバランスをしてくれる。

NISA口座を比較するとはりバランスも大きなメリットになる

 NISA口座なら、株式や投信の売却益や配当(分配)金が最長で5年間は非課税となる。非課税枠は毎年100万円ずつ、5年間で最大500万円もある。NISA以外の口座では来年から20.315%課税されるので、NISAを利用しない手はない。

 だが、NISAは複雑かつ前例のない制度のため、まだ理解不足な点も多い。今回はフィデリティ退職・投資教育研究所が行なった大規模調査の結果から、誤解が生じそうなポイントや注意しておくべき点を探ってみた。

投資スタンスを変えるのは誤り

 調査結果1はNISA開始後の投資スタンスを問うた結果だ。まだ全容がみえないためか半数は「変化なし」だが、気になるのは2位以下の回答。要は何かしら投資スタンスを変えようという動きだ。

 誤解してはいけないのは、NISAは人生の目的に沿った運用の利回りを上げる手段であり、NISAで投資すること自体が目的ではない。「NISAだから」という理由で許容できないほどの高リターン商品に手を出したり、身の丈に合わない資金を運用に回したりするのはご法度だ。

 また、気がかりなのは「家族口座」を検討している人がいること。自分の資産を家族口座で運用すると、家族への贈与とみなされ、後から贈与税を課されるリスクが発生することにも注意したい。

NISA口座で投資をしても半数の人は投資スタイルは変わらない。

馴染みの金融機関で勧誘されるままに開設してはダメ!

 調査結果2はNISA口座の開設予定の金融機関の調査。 

 この調査を分析するカギは、NISA口座の開設は1人1口座に限定され、金融機関の変更も困難なことにある。例えば14年か15年などに一度でも開設すると、18年まで金融機関の変更が不可能なのだ。

 このことから、引っ越しの予定がある人は地域限定の金融機関を避けたほうが無難。そして、自分が欲しいと思った商品を扱っている品揃えの豊富な金融機関がいい。特に株式投資の予定がある人は、証券会社での開設が必須となる。馴染みの金融機関で勧誘されるままに開設せず、この2点を振り返る必要がある。

NISA口座の開設予定の金融機関の調査結果ではネット、コスト、馴染みによってNISA口座開設をしている。

下落に弱いNISAで高リターン狙いは疑問

 調査結果3は、「NISAで買いたい商品」についてだ。いずれの階層でも高リターン狙いの商品と低リターンでも確実性のある商品に一定の支持がある。ついつい「利益は非課税だから、高リターンを狙いたい」となりがちだ。だが、ここに落とし穴がある。

 NISAでは損失が発生しても、他の口座の利益と損益通算できないなど「値下がりに弱い」という弱点がある。

 高リターン狙いの商品は、当然値下がりリスクも高い。NISAに向いている商品とは言い難いのだ。

 一方の低リスク・低リターン商品では、非課税のメリットを放棄するようなもの。

 また、NISAでは、一度でも売却すると非課税枠の再使用ができない。こうした点から中リスク・中リターンで、自動で資産を入れ替えしてくれるバランス型投信がベストだといえる。

NISAで買いたい株は高リスク・高リターン志向の人が多いが低リスク低リターン商品では、せっかくのNISAのメリットを放棄することになりかねないことを承知すておく必要がある

販売手数料無料化などサービス競争が始まった!

NISAの第一人者。フィデリティ退職・投資教育研究所 野尻哲史さん 国内外の証券会社の調査部を経て現職。NISAの第一人者。

 フィデリティ退職・投資教育研究所が1万人を対象にNISAに関するアンケートを実施し、アンケート調査を行なった同研究所の野尻哲史さんがその結果を踏まえ、今後、投資家がNISAとどのように付き合っていくべきか教えてくれた!

 今回の調査では、若い世代を中心にNISAを活用して「積み立てを始めたい」「リスクを取って運用したい」という声が多かった。NISAをきっかけに投資に関心を寄せる人が増えているという手ごたえを感じた。

 ただし、NISAで投資すること自体を目的にしてはいけない。投資計画やスタンスは人生プランや許容できるリスクを考慮して決定するべきものだ。その上で、「どうせ投資するなら運用益に課税されないNISAを使おう」と考えてほしい。

 その意味では、今後は各金融機関からNISA専用商品も登場するようだが、NISAで運用すること自体を目的とさせてしまっているのではないかと懸念が残る。

 また、例えば資産形成を目的とする若い世代と、資産を取り崩しつつ生活する退職世代とでは適した商品が異なるのに、「NISA向け」とうたうことで、「万人向けの商品」と誤解されないかという懸念もある。

 金融機関や運用会社にも変化が表れている。NISA口座では販売手数料を無料化するなどのサービス競争が始まった。またNISAを意識して年1回分配型ファンドが登場するなど、これまでファンドは毎月分配型に偏り過ぎていたが、今後は選択肢の大幅な増加が期待できる。

※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
↓↓2024年スタートの「新NISA」の解説はこちら!↓↓


新NISAおすすめ比較!編集部おすすめページへ
【新NISA口座おすすめ比較】 「日本株」の売買手数料や単元未満株への対応など、 NISAでの日本株投資におすすめの証券会社はココだ!
2024年に始まる「新しいNISA」を解説! 非課税保有 期間は無期限、投資限度額は年360万円に拡大など、 「つみたてNISA」「一般NISA」との違いや活用法を解説
【新NISA口座おすすめ比較】「日本株」の売買手数料や単元未満株への対応など、 NISAでの日本株投資におすすめの証券会社はココだ!
【新NISA口座おすすめ比較】 「米国株」が買えるおすすめ証券会社はココ! 取扱銘柄数や売買手数料、為替手数料などを比較
 新NISAおすすめ比較!詳しくはこちら!
【新NISA口座おすすめ比較】NISAでより多くのポイントが貯まる証券会社はココ! クレカ積立なら「年6000円分」のポイント獲得も可能
【新NISAおすすめ比較】 お得なキャンペーンを実施中の証券会社から選ぶ! 「新NISA」で得する、おすすめ証券会社はココ!
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説ページへ
【新NISA口座おすすめ比較】 「投資信託」の取扱本数やポイントの貯まりやすさで 選ぶ! NISAで得するおすすめの証券会社はココだ!
【新NISA口座おすすめ比較】 「IPO投資」に当選しやすい証券会社から選ぶ! 主幹事数や取扱銘柄数でおすすめの証券会社はココだ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2024年5月3日時点】
2024年にスタートした新制度を解説!
「新NISA」の取扱商品や売買手数料を徹底比較!

※表内のデータは、情報更新時に公表されている「新NISA」の情報をまとめたものです。
■SBI証券⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
225本 無料 無料 1194本 0〜
0.5%
【SBI証券の新NISA口座のおすすめポイント】
ネット証券大手の一つで、新NISA口座では日本株の売買手数料無料に加えて、米国株式&海外ETFの売買手数料も無料!「つみたて投資枠」対象商品のほとんどの投資信託を取り扱っており、すべてノーロード(購入時手数料が無料)。投資信託の積み立ては「100円」から可能で、少額から始めたい人に対応。「毎月積立」だけでなく、「毎週積立」「毎日積立」も選べる。三井住友カードなどによるクレジットカード決済「クレカ積立」を利用すると、カードの種類やその他の条件によってポイントが貯まる。「投信マイレージ」では保有額に応じたポイントも獲得できる。「成長投資枠」では米国株、中国株、韓国株、ロシア株(受付停止中)、ベトナム株、インドネシア株、シンガポール株、タイ株、マレーシア株など海外株も豊富。単元未満株(1株から日本株が買える)「S株」は東証の全銘柄が対象で、成長投資枠で投資可能。売買手数料はゼロ円だ。ただし、リアルタイム取引はできない。カスタマーサービスセンターは「NISA・投信土日専用デスク」があり、週末も問い合わせに対応しているのも便利。「J.D.パワー2023年NISA顧客満足度調査 」<証券部門>にて、総合満足度ランキング1位を受賞した。
【関連記事】
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
◆【SBI証券のNISA「つみたて投資枠」のメリットは?】「つみたて投資枠」対象の投資信託の取扱数が225本と金融機関の中でも充実しているのがSBI証券の魅力!
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
【新NISAおすすめ比較】SBI証券の公式サイトはこちら
■マネックス証券⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
225本 無料 実質無料 1142本 0.73〜
1.1%
【マネックス証券の新NISA口座のおすすめポイント】
新NISA口座では日本株の売買手数料が無料なのに加えて、米国株、中国株の売買手数料もキャッシュバックで実質無料。マネックス証券は以前から米国株と中国株の取引に力を入れている証券会社で、新NISA口座でも米国株は約5000銘柄、中国株は2600銘柄以上が購入できる。「つみたて投資枠」の対象投資信託のラインナップも豊富。最低購入金額が原則100円で、少額からつみたてNISAを始めることができる。すべての投資信託の販売手数料が無料! 投資信託を保有すると、ほとんどの投資信託で年率0.03〜0.08%の「マネックスポイント」がもらえる​のも嬉しい。ポイントはAmazonギフト券やdポイントなどに交換できる。しかも、年1回でも利用すれば年会費が無料になる“実質”年会費無料の「マネックスカード」で積み立てたときの還元率は最大1.1%と高還元。単元未満株取引「ワン株」では買付手数料が無料。売却手数料も新NISA口座ならキャッシュバックされるので実質無料だ。2024年3月末から「ON COMPASS」がNISA成長投資枠での利用に対応した。「ON COMPASS」は2023年4月の金融庁公表調査、3年・5年リターンで1位を獲得したおまかせ資産運用サービスだ。
【関連記事】
◆マネックス証券は「マネックスカード」での積立投資で1.1%分のポイントが貯まってお得! クレジットカードを利用して、投資信託を積立投資する方法を解説!
◆【マネックス証券の「つみたて投資枠」のメリットは?】「つみたて投資枠」対象の投資信託が225本もあり、初心者も安心の資産設計アドバイスツールが使える!
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【新NISAおすすめ比較】マネックス証券の公式サイトはこちら
【クレカ積立のときのポイント還元率が業界トップクラス!】
マネックス証券の公式サイトはこちら
■楽天証券⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
223本 無料 無料 1153本 0.5〜
1.0%

【楽天証券の新NISA口座のおすすめポイント】
NISA口座数が500万口座(2023年11月末時点)で業界NO1。新NISA口座では日本株の売買手数料が0円なのに加えて、米国株式&海外ETFの売買手数料も無料!「つみたて投資枠」対象商品のほとんどの投資信託を取り扱っており、すべてノーロード(購入時手数料が無料)。投資信託の最低購入金額が「100円」のため、少額から積み立てられる。「つみたて投資枠」では「毎月積立」だけでなく「毎日積立」も選べる。また、ポイントプログラムが充実しており、「楽天カード」で決済する「クレカ積立」にすれば、毎月の積立額に応じて「楽天ポイント」が付与される。また、投資信託の保有額が一定額に達するとポイントがもらえる(一部対象外の商品あり)。積立代金を「楽天ポイント」で支払うことも可能だ。「成長投資枠」で買える海外株は、米国株、中国株、アセアン株。
1株単位で売買する単元未満株「かぶミニ」は約1600銘柄の取引が可能。売買手数料は無料だが、リアルタイム取引(約750銘柄が対象)の場合は別途スプレッドが発生する。なお、単元未満株のリアルタイム取引に対応している証券会社はめずらしく希少だ。新NISAや資産作りに迷ったら相談窓口「withアドバイザー」が便利。楽天社員がアドバイスを行っている。

【関連記事】
◆楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済&積立額の1%分のポイント還元を開始! ポイントの再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生
◆【楽天証券のNISA「つみたて投資枠」のメリットは?】「つみたて投資枠」対象の投資信託が223本と豊富!積立額に応じポイント還元&ポイントで投資も可能!
◆【楽天証券の特徴とおすすめポイントを解説!】売買手数料が安く、初心者にもおすすめの証券会社! 取引や投資信託の保有で「楽天ポイント」を貯めよう
【新NISAおすすめ比較】楽天証券の公式サイトはこちら
【楽天カード+楽天キャッシュで月15万円の投信積立までポイント還元!】
楽天証券の公式サイトはこちら
■松井証券⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
230本 無料 無料 1102本
【松井証券の新NISA口座のおすすめポイント】
株主優待名人の桐谷さんもおすすめするネット証券の一つ。新NISAでは、日本株や米国株の売買手数料が無料で、取り扱っているすべての投資信託の販売手数料も一括購入・積立購入を問わず0円!「つみたて投資枠」対象の投資信託の取扱本数も豊富だ。投資信託は「100円」から購入可能。積立タイミングは「毎月」「毎日」が選べる。投資信託の保有額に応じてポイントが付与され、dポイントやPayPayポイント、Amazonギフト券との交換が可能。低コストインデックス投信も含めた全銘柄がポイント還元対象となる「最大1%貯まる投信残高ポイントサービス」はお得感がある。投資信託のロボアドバイザー(利用料無料)では、新NISA対応のモデルポートフォリオ「成長投資コース」も用意されている。一般的なサポート電話とは異なり、専門のオペレーターが投資の意思決定を手助けしてくれる「株の取引相談窓口」(完全予約制)や、NISAに関する質問に答える「NISAサポートダイヤル」を開設。利用料は無料で画期的なサービスとなっている。オンラインの口座開設手続きでは、証券口座とNISA口座の同時開設申込ができるため、手間を省いてすばやい口座開設が可能だ。
【関連記事】
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は「松井証券」と「SBI証券」!
◆【松井証券「つみたて投資枠」のメリットは?】「つみたて投資枠」対象の投資信託を230本も用意!ロボアドバイザーが投資初心者の資産設計をサポート
◆【松井証券のおすすめポイントは?】1日50万円以下の株取引は手数料0円(無料)!その他の無料サービスと個性派投資情報も紹介
 
【新NISAおすすめ比較】松井証券の公式サイトはこちら
■auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
221本 無料 無料 1045本 1.0%
【auカブコム証券の新NISA口座のおすすめポイント】​
新NISAでは、日本株や米国株の売買手数料が無料!「つみたて投資枠」の投資信託の種類も多く、「100円」から購入が可能なので投資初心者や資金に余裕のない人でも始めやすい。「au Payカード」で投資信託を積み立てると最大1%のPontaポイントが貯まるほか、投資信託の保有額に応じてもPontaポイントが貯まる(「au ID」の登録が必要)。500円から個別株が買える「プチ株」、プチ株や投資信託を毎月積立投資できる「プレミアム積立」も便利。「プチ株」は売買手数料が2024年5月末まで全額キャッシュバックのうえ、6月以降は無料化の予定。新NISA口座の開設者は特定口座での現物株式の取引手数料が最大5%割引になる「NISA割」がある(ただし「プチ株」「プレミアム積立」の場合は通常の手数料が必要)。
【関連記事】
◆【auカブコム証券の特徴とおすすめポイントを解説】NISA口座なら日本株と米国株の売買手数料が無料で、クレカ積立の還元率は「1%」とネット証券トップクラス
◆「auカブコム証券+au PAY カード」で積立投資すると最大5%のPontaポイントが貯まる! つみたてNISAも対象なので、これから投資を始める人にもおすすめ!
◆【auカブコム証券のNISA「つみたて投資枠」のメリットは?】「つみたて投資枠」対象の投資信託は221本と豊富で、現物株の取引手数料が最大5%割引になる特典もあり!
【新NISAおすすめ比較】auカブコム証券の公式サイトはこちら
■SMBC日興証券⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
149本 137〜2200円
(約定代金による)
530本
【SMBC日興証券の新NISA口座のおすすめポイント】
​​
2023年11月から投資信託情報サービス「日興の投信NISA」を開始。数多くの投資信託のなかからおすすめの21本に絞り込んでいるうえ、「なにごともバランスが大事よ」「私は世界の成長にかける」といったタイプごとに5〜6銘柄をピックアップしてくれるので、自分好みのNISA対応ファンドを選ぶ助けになる。SMBC日興証券では一部の投資信託で買付手数料が必要となるが、積立購入(投信つみたてプラン)の場合は全銘柄で買付手数料が原則無料となるので、上手に活用したい。
また、外国株式は、オンライントレードでは取引できないので注意しよう。単元未満株取引「キンカブ」は「100円以上、100円単位」の金額指定で株が買えるのがメリットで、dポイントでも株式投資ができる。「キンカブ」は売買手数料は無料だが、別途0.5〜1.0%のスプレッドが発生するので注意しよう。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と、多くの割当が期待できる主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
【新NISAおすすめ比較】SMBC日興証券の公式サイトはこちら
岡三オンライン⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
91本 実質無料 332本
【岡三オンラインの新NISA口座のおすすめポイント】
2024年1月4日以降、新NISA口座では、日本株の売買手数料が全額キャッシュバックされ、実質無料に(上限なし)。投資信託は従来から購入手数料が無料となる「ZEROファンドプログラム」を行っているため、一括購入、積立買付とも手数料が無料だ。投信積立については、1銘柄あたり毎月100円から。低コストの人気ファンドを数多く取りそろえている。ファンド選びに迷った場合は、各自のリスク許容度に合わせた銘柄と投資割合を提案する「投信ロボ」が心強い。また、投資信託の平均保有残高が1000万円以上(プラチナ)、3000万円以上(プレミアゼロ)の場合は、信用取引の手数料が優遇されたり、IPOの当選確率がアップするサービスも提供している。単元未満株の取引も可能で取扱銘柄数も多いが、売買手数料は約定代金2万円まで220円、3万円まで330円、10万円まで660円(すべて税込)などだ。
【関連記事】
◆【証券会社比較】岡三オンラインの「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆「IPO(新規上場)が当選しやすくなる」証券会社の選び方を伝授! 優先すべきは、当選するまで資金が不要な岡三オンライン証券、野村證券などの4社だ!
【新NISAおすすめ比較】岡三オンラインの公式サイトはこちら
■GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
投資信託 株式売買手数料(税込) 投資信託
国内株 米国株
36本 無料 111本
【GMOクリック証券の新NISA口座のおすすめポイント】
新NISA口座なら日本株の売買手数料が無料! 投資信託の取扱本数は多くないもののノーロード投信や信託報酬の低い投信が豊富だ。「100円」から積立が可能なのも魅力。GMOクリック証券は、ここ数年、急激に株式市場での売買代金シェアを増やし、個人投資家の支持を集めている。新NISA対応ではないがFXやCFDなど商品ラインアップが豊富なので、新NISAを入口にさまざまな投資に挑戦したい人におすすめ!
【関連記事】
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid / iClick株を徹底研究!適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!
【新NISAおすすめ比較】GMOクリック証券の公式サイトはこちら
■ウェルスナビ(WealthNavi)
つみたて投資枠 成長投資枠 クレカ積立
還元率 
※1
ETF ETF
サービス手数料:
資産残高の0.693〜0.733%(年率・税込)※
【ウェルスナビ(WealthNavi)の新NISA口座のおすすめポイント】
​​
国内外のETFに分散投資をするロボアドバイザー「ウェルスナビ」はNISA口座にも対応。5つの質問に答えるだけで最適なポートフォリオを提案し、毎月自動的に積立投資をしてくれるので、初心者でも簡単に効率的な運用を実行できる。2024年からの新NISAなら、つみたて投資枠と成長投資枠の両方で資産を購入することで最大で年360万円まで投資可能! 運用コストとしては、一般的な証券会社のような売買手数料ではなく、資産残高に対して決まった割合のサービス利用料を負担する形なので要注意。

※ NISA口座に自動積立だけで入金した場合で試算した手数料。リスク許容度(ポートフォリオ)により異なる。また、各商品の値動きによりポートフォリオのバランスが崩れた場合は、手数料が表記の範囲を超えて変動する可能性がある。
【関連記事】
◆【2024年最新版】「ロボアドバイザー」の機能や利用料、特徴を比較!証券会社のサービスから独立系業者まで紹介
【新NISAおすすめ比較】ウェルスナビ(WealthNavi)の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。売買手数料は、1回の注文が複数の約定に分かれた場合、同一日であれば約定代金を合算し、1回の注文として計算します。投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託の検索機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。※1 年会費無料のクレジットカードの場合。※2 1約定ごとプランで約定金額240万円までの売買手数料。

【ザイ・オンライン×松井証券】タイアップ企画!
新規口座開設+取引で、株の売買手数料を
最大1万円キャッシュバック!⇒ 関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

最短翌日!口座開設が早い証券会社は?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
マネックス証券の公式サイトはこちら 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報