世界投資へのパスポート

「スナップチャット」の運営企業がいよいよ上場へ!
欧米で人気の写真共有アプリは、ユーザー層の若さや
訴求力の高い広告モデルで、今後の成長に期待!

2017年2月27日公開(2017年11月30日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

英国株で久しぶりの大型IPOとして、
SNSサービスの運営会社「スナップ」が上場

 このところ米国の新規株式公開(IPO)市場は、閑古鳥の状態でした。しかし今週の3月1日(水)、久しぶりに注目度の高いネット企業が値決めされ、翌2日(木)から取引が開始されます。

 それはソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)の「スナップチャット」を運営するスナップ(ティッカーシンボル:SNAP)です。

 今回売出される株数は2億株、価格レンジは14〜16ドルです。

 ディール後の発行済み株式数は11.57億株ですので、16ドルで値決めされたと仮定すると、時価総額は185億ドルになります。

スナップが運営する画像共有SNSサービス
「スナップチャット」とは?

スナップチャット公式サイトより
拡大画像表示

 スナップチャットは、友達の間で写真を共有するサービスです。スマートフォンでスナップチャットのアプリを開くと、すぐにカメラが起動します。気軽にセルフィーを撮り、友達に送信するわけです。

 相手が見終わった写真はすぐに消えてしまいます。この自動消去を前提としたサービスというのが、同社の大きな特徴です。

スナップチャットのサービスは、
ツイッターやフェイスブックより若い層にアピール

 スナップチャットのユーザー層は、13歳から34歳です。これはフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)やツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)などのユーザー層よりかなり若いと言えます。

 このことは、広告主が若い消費者に訴求しようと思えば、スナップチャット上で広告キャンペーンを展開した方が有利であることを示唆しています。

「スナップ・アド」や「スポンサード・レンゼズ」など
訴求力の高い新しいスタイルの広告を提供

「タコベル」のスポンサード・レンゼズ。スナップチャット公式サイトより

 スナップチャットは、「スナップ・アド」と呼ばれる広告を2015年半ばから実装しています。「スナップ・アド」は縦型広告を基本としています。これはスマートフォンの画面が縦長だからです。

 また、「音声あり」の広告を標準としており、実際に60%の広告が音声ONで視聴されています。

 さらに、「アタッチメント」と呼ばれる機能を通じて、広告を見たユーザーがすぐにリアクションを返すことを可能にしています。

 スナップチャットは、もうひとつ「スポンサード・レンゼズ」というインタラクティブ広告も提供しています。「スポンサード・レンゼズ」は、自撮り写真をより面白く加工できる、広告付きのエフェクトです。

 このようなユーザー参加型の広告は、訴求力が大きいので広告主から好評を博しています。

売上げは順調に推移するも、
利益はいまだに赤字状態

 2015年に5866万ドルだった売上高は、2016年に前年比+600%の4.05億ドルに増えました。2017年の売上高は10億ドルを超えるだろうと言われています。

 一方、利益の方は、まだしばらくの間、赤字が続く見込みです。ちなみに2015年は3.73億ドルの赤字、2016年は5.15億ドルの赤字でした。

スナップは、サイトの運営をすべて外部へ委託しています。言い換えれば自社でサーバやストレージなどのハードウェアを抱え込んでいないということです。

 外部に委託した運営コストは、すべて費用として計上されます。その関係で、同社の収益構造は比較的シンプルであり、ユーザー当たり売上高とユーザー当たりコストの関係だけを見ていれば、いつ黒字化するかの見当を付けることが出来ます。

 現在は、下のチャートでわかるように、まだユーザー当たりコストがユーザー当たり売上高を上回っており、赤字です。

 しかし、2016年の第1四半期に比べると、ユーザー当たりコストはユーザー当たり売上高に接近してきていることがわかります。

フェイスブックの新サービスが
スナップチャットのライバルに

 スナップチャットは、主にフェイスブックが提供する画像共有サービス「インスタグラム」と競合しています。実際、フェイスブックは2013年にスナップに対して30億ドルの買収提案をしましたが、これはスナップ側から却下されています。

 スナップチャットには「ストーリーズ」という機能があるのですが、インスタグラムもこれを真似て「インスタグラム・ストーリーズ」というサービスを去年の8月から実装しています。

 2015年第4四半期から2016年第3四半期までの間に、スナップチャットは4600万人のデイリー・アクティブ・ユーザーを獲得しました。これは四半期ベースに直すと1150万人です。

 しかし、ライバルのフェイスブックが「インスタグラム・ストーリーズ」のサービスを開始してからは、四半期ベースで僅か250万人のデイリー・アクティブ・ユーザーしか獲得していません。

 このことから「『インスタグラム・ストーリーズ』がスナップチャットの成長を邪魔しているのではないか?」という憶測を生んでいます。

【今週のまとめ】
ユーザー層の若さなど強みも多いが、ライバルの存在がリスクに

スナップは若年層のユーザーを掴んでいるので、その層をターゲットにしたい広告主にとって魅力的です。インタラクティブ性を強調した広告プラットフォームは、訴求力が高いです。

 こうした魅力がある反面、ライバルのインスタグラムがスナップのサービスを真似た「インスタグラム・ストーリーズ」を開始して以来、スナップのユーザー成長に鈍化が見えています。これはリスクだと思います。

【2019年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報