闇株新聞[2018年]

外資に東芝の半導体事業を売ってはいけない!
すかいらーくとスシローの「成功例」に見る悲惨闇株新聞が警鐘を鳴らす「外資ファンドのえげつなさ」

2017年8月23日公開(2017年9月29日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

東芝の半導体事業は海外ファンド(ベインキャピタルかKKR)主導での売却となりそうですが、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』はかねてよりこの成り行きに「海外ファンドに売却された日本企業はロクなことにはならない」と警鐘を鳴らしています。そこで今回は海外ファンドによる買収→再上場で“世間的には”成功例とされている「すかいらーく」と「スシローグローバルHD」(旧あきんどスシロー)で、何が行われてきたかを見てみます。

東芝の半導体事業を外資に売ってはいけない すかいらーくとスシローの「成功例」に見る悲惨 闇株新聞が警鐘を鳴らす「外資ファンドのえげつなさ」

野村証券が持ちきれず外資に売られた
すかいらーくが歩んだ苦難の道

すかいらーくは、2006年9月に経営不振を理由に経営陣によるMBOで上場廃止となりました。これは当時の経営陣がほんの一部を出資したためMBOとされていますが、実際には野村證券が特別目的会社を通じて買収したTOB(LBO)で創業者はまもなく放逐されています。

TOB価格は当時の株価に27%のプレミアムを上乗せしたものでしたが、全株取得にかかった費用は2719億円でした。当時のすかいらーくは860億円の負債を抱えており、TOB成立後には(すかいらーくをTOBした)特別目的会社とすかいらーくが合併し負債総額は2200億円にもなり、自らの株式を買うために支払った「のれん」を1500億円近く抱えました。

ところが2011年、東日本大震災後の経営悪化で野村證券が持ちきれなくなりベインキャピタルに全株式を1600億円で売却しました。ベインキャピタルが買収に費やした費用のうち自己資金は600億円、残り1000億円は借金による調達だったと見られます。その1000億円は買収後にすかいらーくに押し付けられました。

つまり、非上場となったすかいらーくは買収されるために作られた負債を、自らがせっせと返済する苦難の道を歩まされることになったのです。たった600億円自腹を切っただけのベインキャピタルに全株式を握られて……。

 この状態ですかいらーくは2014年10月に再上場となったのですが、これはベインキャピタルが持ち株を売り出すために利用されたものです(すかいらーくの財務体質を改善する新株発行は見送られた)。売出価格は1株1200円でしたが、初値は公募割れの1143円。この時点の時価総額は2219億円で、上場廃止時に比べても企業価値は向上するどころか逆に減少していたことになります。

 「市場や一般株主を気にせず思い切った経営判断ができるようにして企業価値を回復させる」というMBOの言い訳が、いかに「嘘っぱち」であったかわかります。

ベインキャピタルは自腹をきった600億円は再上場できれいに回収し、残る株式も順次売却してこれまでに累計2100億円ほどを手にしています。まだ4000万株ほど残っているようで最終的には2700億円ほどを売り抜け、2000億円以上「荒稼ぎ」となるはずです。

しかも、すかいらーくは現在も、ベインキャピタルのために1株あたり年間40円(利回りにすると2.5%!)もの配当を支払い続けているのです。ベインキャピタルが全株を売り抜けた後は、減配やのれんの償却など波乱材料がボロボロと出てくることは火を見るより明らかです。

時価総額は膨らんだけれど、企業価値は…
スシローはなんのために稼いでいるのか!?

 スシローグローバルHD(旧あきんどスシロー、以下スシロー)は2008年9月にユニゾン・キャピタルが65%のプレミアムを上乗せし、総額212億円でTOBされました。

 ユニゾンの自己資金は30億円ほどで多くは借り入れによって調達された資金でしたが、ご多分にもれずその負債は買収後にスシローが負わされました。

 そのユニゾンは2012年9月に英系ファンドのペルミラに、なんと全株を10億ドル(当時の為替で786億円)で売却してしまいました。つまり、212億円が4年間で786億円に「化けた」わけですが、これはスシローの企業価値が増大したわけではなくユニゾンがペルミラに「吹っかけた」だけです。

 ペルミラが買収に費やした786億円のうち536億円ほどは借金による調達で、言わずもがな買収後にはスシローに押し付けられました。スシローは自らの事業拡大にはなんの関係もないペルミラが作った負債を返済するため、営業キャッシュフローのほとんどをつぎ込んでいたようです。「企業価値の向上」などできようはずがありません。

 ペルミラは水留浩一氏(日本再生支援機構から日本航空に副社長として送り込まれていた人物)を社長に据え、さらに高値で再転売しようとしましたがこれはさすがに無理があり、再上場させて回収することにしたようです。

 そこで今年3月にオーバーアロップメントを加え1542万株(全株数は2745万株)を1株=3600円で一気に売り出し、555億円を吸い上げました。ペルミラがスシロー買収に使った自己資金は250億円ほどでしたので、すでに300億円ほど利益が出てさらに900万株ほどの「コストがタダ以下の株券」が手元に残っているわけです。

 スシローの時価総額は2008年の212億円から1000億円近くまで膨らんでいますが、外資ファンドが自らを買収するために作った借金返済を最優先にしている企業の価値が、本当にここまで回復しているでしょうか? 

 2017年6月期の決算短信では(本決算は9月末なので9か月の決算)純利益が43億円あるものの、長期借入金が457億円もあり、1年前の488億円から30億円以上減っています。事業には何の関係もない借入金の返済に収益のほとんどを充てていることがわかります。おそらくペルミラが全株を売却した後の株価は大変に厳しいものとなるでしょう。

 つまり(海外に限りませんが)ファンドが主導して企業を買収すると、本来は一般株主に帰属するべき利益がすっかりとファンドに掠め取られるだけでなく、その利益そのものも不要な経費(金利、弁護士報酬、プロと称する経営者のスカウトなどのため)で大きく減額となるのです。

 東芝の半導体事業でベインキャピタルあるいはKKRが行おうとしていることは、こういった事例の「さらに大規模でえげつないもの」でしかありません。

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』は株価の上がった下がったを解説するだけのメルマガではありません。あらゆる筋から情報を集め、背後にある人間たちの思惑を探りながら巧妙に隠された見えにくいところに光を当て、なぜそうなっているのかをリアルタイムに読者のみなさんと考えていきます。毎週届く読み応えたっぷりの情報にあなたも触れてみてください。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報