闇株新聞[2018年]

セブン、ファミマ、ローソンの決算から
コンビニ業界の「地殻変動」を分析!闇株新聞が目を離せない「コンビニ業界」の動向

2017年8月4日公開(2022年3月29日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

経済や経営のプロも愛読し参考にしている刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』の連載に「株式市場における今後の勝ち組・負け組」があります。決算内容や指標など数字だけの比較ではなく、業界の動向や成長性、経営者の手腕なども含めた分析が面白いと人気です。コンビニ業界は連載の定番ですが、最近大手3社の経営体制が変わり、各社の戦略に違いが出てきました。

セブン、ファミマ、ローソンの決算からコンビニ業界の「地殻変動」を分析! 闇株新聞が目を離せない「コンビニ業界」の動向

消費関連「勝ち組」業界を見ると
日本の消費活動の先行きが見える

 コンビニは消費関連では数少ない勝ち組ですが、この業界で成長が止まると日本の消費活動はますます低迷していることになり目が離せません。最近大手3社の経営体制が変わり各社の戦略に違いが出てきました。

 本紙が最も重視している「JFAコンビンニエンスストア統計調査月報」によると、2017年に入ってコンビニの既存店売上高はほとんど増えていないことがわかります。大手3社ともまだハイペースの出店が続いていますが、既存店売上高がいよいよ減少に転じると店舗戦略の見直しが必要になってきます。

 国内コンビニ市場が飽和状態とすると他業態からシェアを奪わなければなりませんが、最近ではドラッグストアや食品スーパーから逆に削られているのが実情です。業務の多様化や人手不足からサービスの低下も目立ち、今後の戦略次第で各社の業績格差は拡大していくと見られます。

2017年3-5月期決算から分析する
コンビニ大手各社のいまとこれから

●セブン・イレブン

 セブン・イレブンは、売上に相当する営業収益が2280億円(前年同期比4.2%増)、営業利益が594億円(同2.3%増)、国内店舗が19579店舗(前期末比157店舗増)で、国内既存店売上は58か月連続で増加しています。

 海外は北米で8705店舗を展開する7-Eleven,Inc.の事業ですが、営業収益が4599億円(前年同期比25%増)、営業利益は70億円(同31%減)となっています。7-Elevenの収益にはタイ、韓国、台湾、中国、マレーシアなどで現地資本が経営する約2万店舗のライセンス収入が計上されているはずで、セブン・イレブンといえども海外コンビニ事業はそれほど高収益とは言えないようです。

●ファミリーマート

 昨年9月に経営統合したユニー・ファミリーマートHDは、国内店舗が18038店舗、台湾、タイ、中国、ベトナムなど海外は6486店舗の合計数字しか発表していませんが、営業収益が1431億円(単純に合併効果で前年同期比39%増)、純利益は34億円(合併効果を入れても同1%減)となっています。サークルKサンクスとの店舗統廃合費用が収益を圧迫しているとはいえ、セブン・イレブンと比べ収益が決定的に見劣りします。

 主要株主の伊藤忠商事が、タイCPグループ(タイでセブン・イレブンを9000店舗も展開している)と共同出資する中国中信集団(CITIC)を利用して中国にファミリーマートの大量出店を計画しているとも言われますが、CPグループが乗り気でないようで簡単にはいきそうにありません。

●ローソン

 ローソンは、営業総収入が1083億円(前年同期比5%増)、営業利益が130億円(同9%減)となっています。国内ではスリー・エフやポプラといった中小コンビニとの共同店舗、ナチュラルローソンやローソンストア100などやや業態の違う店舗も含めて13190店(前期末比79店舗増)です。見劣りする店舗数をカバーするために、調剤薬局やドラッグストアを併設した店舗も開発するなど「それなりに」工夫はしています。

 海外は中国を中心に現地資本が経営する1249店舗ですが、これもセブン・イレブンとファミリーマートと比較すると、さらに見劣りがします。しかし、中国に大きなビジネス地盤を確立している親会社・三菱商事が協力し、これから大々的に店舗網を拡大する計画を打ち出しています。

国内は飽和状態で大手寡占が進行中
もはや急成長業界ではなくなった

 コンビニ大手3社の株価を見てみましょう(7月28日現在。ただし、セブン・イレブンとファミリーマートはグループ内に総合スーパーなどがあり、コンビニ事業単体での株価ではありません)。

セブン&アイHD(3382)
株価4490円
時価総額3兆9800億円
PER22倍、PBR1.7倍
配当利回り2.0%

ユニー・ファミリーマートHD(8028)
株価が6250円
時価総額7920億円
PER33倍、PBR1.5倍
配当利回り1.79%

ローソン(2651)
株価が7490円
時価総額7412億円
PER22倍、PBR2.8倍
配当利回り3.4%(高い!)

 セブン・イレブンの収益力はやはり強く、それに規模で追ろうというファミリーマート、規模と収益のバランスを取ろうとしているのがローソンです。もともとコンビニは大店法の規制対策で「小規模店をたくさん作れば大規模店に負けない規模になる」という発想で生まれ、小規模店をフランチャイズで取り込みながら成長してきました。

 どの業界もほぼ同じですが、市場が成長→成熟していく過程でプレイヤーは大手3社程度に集約されていきます。そういう意味ではコンビニも普通の業界(高成長業界ではなくなったという意味)になっているのかもしれません。

本連載は金融・経済のプロも愛読し”ネタ元”にしていると評判の刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』で配信された記事から、一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガにご登録いただくと、政治経済や金融の話題を中心に、歴史文化や娯楽まで他のメディアでは決して読めない、濃くて深くてためになる記事が、毎週1回5本程度の本編と付録、番外編、速達便がお読みいただけます。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


ダイヤモンドZAi 2023年3月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報