闇株新聞[2018年]
2018年1月19日公開(2018年1月22日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
闇株新聞編集部

ソフトバンク(9984)傘下の携帯事業会社、
上場にはちょっと「問題」がある!?
闇株新聞が意見する「優良子会社の切り売り戦略」

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

ソフトバンクグループ(9984)が、年内にも傘下の携帯事業会社「ソフトバンク」を東証1部に年内に上場させる方針を固めたとの報道が1月15日付日本経済新聞で大々的に報じられました。翌日のソフトバンク株は上昇しマーケットからは一応「歓迎」された格好ですが、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』は、この子会社売り出しには「ちょっと問題がある」と解説しています。

ソフトバンク(9984)傘下の携帯事業会社、上場にはちょっと「問題」がある!?

携帯事業会社の上場は間違いなく
グループ本体の価値を減少させる

 報道によるとソフトバンクは、携帯事業会社の3割を2兆円で投資家に売り出す計画とされています。ということは、ソフトバンクは携帯事業会社の時価総額を6.7兆円と見積もっていることになります。

【編集部注】ソフトバンク(9984)の正式名称は「ソフトバンクグループ株式会社」であり、傘下の携帯事業会社の正式名称は「ソフトバンク株式会社」ですが、本記事では前者を「ソフトバンク」、後者を「携帯事業会社」としています。

 2017年4-9月期の携帯事業会社の営業利益は4339億円で、ソフトバンク全体の営業利益(8748億円)の約半分を占めます。単純に携帯事業会社の年間営業利益を倍の8678億円とし税金等を3割控除すると、携帯事業会社の年間純利益は6000億円と想定できます。

 つまり、ソフトバンクが見積もる携帯事業会社の時価総額は、年間純利益の約11倍程度ということです。ずいぶんと控えめな売出し価格であると言えるでしょう。さすがに2兆円ともなると、あまり強気の価格設定にはできないのかもしれません。

 さて、携帯事業会社が上場すると、ソフトバンクは親子上場になります。ソフトバンクが携帯事業会社株の3割を2兆円で売り出すなら、これまで決算で全額取り込んでいた携帯事業会社のセグメント利益(事業部門別利益)が、今後ずっと3割減ることになります。

 また、ソフトバンクのバランスシートは、これまで「営業資産」にあった携帯事業会社の2兆円が、株式売却代金として「現金」の項目に移動することになります。ソフトバンクにあっては携帯事業こそが「規制に守られた高収益事業」であり、ソフトバンクを収支と資金の両面から支えていたはずです。

 携帯事業会社の上場は、間違いなく親会社ソフトバンク本体の企業価値を減少させることになります。報道は株式売却益として入る2兆円を「海外のIT企業への出資などに充てる」としていますが、携帯事業を凌ぐほどの「規制に守られた高収益事業」など簡単に見つかるはずがありません。

 さらに、携帯事業会社が上場するときには当然ながら、その経営はソフトバンクから独立していなければなりません。親会社が7割を保有しながら経営が独立するはずがありません。そもそも親会社が65%以上を保有する連結子会社は、東証1部に上場できない規定になっているはず。どこかにこれをクリアする抜け道があるのでしょうか!?

米国ではメディアと通信の大再編、
ソフトバンクはどう絡む!?

 ソフトバンクは2017年9月末現在で約14兆円の有利子負債を抱え、2017年3月期には年間4600億円もの利息を支払っていました。このままでは新たな投資資金が捻出できず、サウジアラビアなどと共同で発足させた「10兆円ファンド」や今回の携帯事業会社の上場話が出てきたものと思われます。

 しかし「新たな投資資金」を捻出するために、これまでさんざん儲けた携帯事業会社を“切り売り”しようと決断したのであれば、ビジネスの優先順位を間違えていると感じます。

 米国では、携帯電話を始めとする「通信インフラ企業」と放送や映画などの「コンテンツ企業」、それにフェイスブックやグーグルなどの「プラットフォーム企業」が業種の垣根を飛び越えたダイナミックな合従連衡で、新たなビジネス市場が開拓されようとしています。

 今、ソフトバンクが最も高く売れるのは、米通信インフラ会社の「スプリント」であり、投資資金が必要ならばこちらを手放すべきでしょう。もし、スプリントを売らずに活用するのであれば、ソニーが持て余している「ソニー・ピクチャーズ」を買収して、通信・コンテンツ・プラットフォームの大再編に参画すべきです。

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

いま米国で起きている「通信・コンテンツ・プラットフォームの大再編」は世界のメディアビジネスにパラダイムシフトを起こすもので、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』でもたびたび取り上げています。ソフトバンクはこれにメインプレイヤーとして絡める数少ない日本企業であり、孫社長が傍観者でいるはずがありません。携帯事業会社の上場とその後の展開も含め、注目したいところです。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 

Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード OricoCard THE POINTは「Apple Pay」対応クレジットカードの中で 還元率は最高レベル!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい株の儲けワザ
日・米株の激辛診断
NISA駆け込みガイド

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【常識にとらわれない新時代の必勝法!】

マネするだけでOKのラクワザ多数! 
新ワザで買う株68付き!新しい株の儲けワザ50
利回りで儲ける20のワザ
高配当ほど株価上昇
連続増配株急増中
隠れ優待株拾い方
値上がりで儲ける19のワザ
高ROEが儲かるウソ
半導体株こそ逆バリ
大阪株アツい
その他で儲ける11のワザ
IPO株非モテを狙え
手数料ゼロがカギ
男性下着が売れる株高

買っていい×買ってはいけない
人気の株500+Jリート14激辛診断
人気米国株100激辛診断
・NASDAQの高成長株35
・NYSEの国際優良株57
・ADRの世界の株

NISA2018年駆け込みガイド
桐谷さんの年末のNISA戦略

●「長寿投信」ベスト


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング