IPO株の攻略&裏ワザ情報!

「ソフトバンク」のIPO(新規上場)は成功する!?
初値予測や過去の大型IPOの比較から、孫正義氏の
狙いまで、フィスコのアナリストがズバリ分析!【2018年11月14日情報更新】

2018年2月9日公開(2019年4月18日更新)
大正谷成晴
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
(2018年11月14日追記)

 「ソフトバンク」のIPOが東京証券取引所の承認され、2018年12月19日に東証1部または2部に上場することが決定した。スケジュールおよび取り扱い証券会社は以下の通り。

■スケジュール
仮条件提示 11月30日(金)
ブックビルディング(抽選申込)期間 12月3日(月)~8日(金)
公開価格決定 12月10日(月)
購入申込期間 12月11日(火)~15日(金)
上場日 12月19日(水)
■取り扱い証券会社
野村證券(共同主幹事)、大和証券SMBC日興証券、みずほ証券(共同主幹事)、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)、SBI証券、岡三証券、東海東京証券岩井コスモ証券、水戸証券、西日本シティIT証券松井証券マネックス証券あかつき証券カブドットコム証券(共同主幹事のグループ証券)、※岡三オンライン証券

 その他の詳細情報は、以下のリンクを参照。
「ソフトバンク」のIPOの情報の総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の移動/固定通信事業者との比較や予想まで解説!

 

「ソフトバンク株式会社の株式上場準備の開始について」のリリース(ソフトバンク公式サイトより)「ソフトバンク株式会社の株式上場準備の開始について」のリリース(ソフトバンク公式サイトより)

 2018年1月15日、日本経済新聞が驚くべきニュースを報じた。それは、ソフトバンクグループ(9984・以下SBグループ)が、傘下の携帯事業会社ソフトバンクを東証1部に新規上場させる方針を固めたという内容だ。

 この報道に対してSBグループは、即座に「ソフトバンク株式会社の株式上場もその選択肢の一つですが、正式に進めることを決定した事実はありません」というリリースを発表。しかし、2月7日になって「ソフトバンク株式会社の株式上場準備の開始について」というリリースを出し、ソフトバンクが上場準備に入ったことを公式に表明した。

 日経新聞では ソフトバンクは、早ければ今年春にも東京証券取引所に上場申請し、秋以降に上場を目指すと報じられている。

ソフトバンクの公開規模は約2兆円?
実現すれば、NTTに匹敵する超巨大IPOに!

 報道によると、ソフトバンクグループは、自社が保有する99%のソフトバンク株のうち、約3割を投資家に売り出す計画で、これにより2兆円ほどを資金調達するという。これは、過去最大のIPOだったNTT(9432)の2兆2145億円やNTTドコモ(9437)の2兆1255億円に匹敵する規模。もし実現した場合は、調達した資金を新たな成長分野に投資していくとされている。

■過去に行われた大型IPOの例
社名(銘柄コード)
※クリックで最新チャートへ
上場日 公開規模
(吸収金額)
 NTT(9432)  1987年2月9日  2兆2145億円
 JR東日本(9020)  1993年10月26日  9500億円
 JT(2914)  1994年10月27日  5670億円
 NTTドコモ(9437)  1998年10月22日  2兆1255億円
 第一生命(8750)  2010年4月1日  7131億円(※)
 日本航空(9201)  2012年9月19日  6633億円
 日本郵政(6178)  2015年11月4日  6930億円
 ゆうちょ銀行(7182)  2015年11月4日  5980億4133万5000円
 かんぽ生命保険(7181)  2015年11月4日  1452億円
 JR九州(9142)  2016年10月25日  4160億円
 ※1 売り先指定の211万2900株は除いて計算

 また、新規の株を発行する「公募」は行われず、SBグループ保有の既存株を放出する「売出」だけとも報じられている。それが事実であれば、IPOによって集まった資金は、上場するソフトバンクではなく、すべて親会社のSBグループに行くことになる。

 「1月のニュースを見て『そう来たか!』というのが正直な感想です」

 こう話すのは、投資情報サービス会社・フィスコで長年IPO銘柄の分析に携わっている、アナリストの小林大純(こばやし・ひろずみ)さんだ。

 SBグループといえば、旧日本テレコム、英ボーダフォン日本法人を買収して国内通信事業を拡大し、ソフトバンクを国内携帯電話市場でNTTドコモ(9437)KDDI(9433)と並ぶ3大キャリアのひとつにまで成長させてきた経緯があり、投資には積極的な会社だ。今回は「株式売却益を2兆円と見込み、新たな投資にあてる」という報道内容だが、小林さんもこれには同意を示す。

 「SBグループは、近年も米スプリント、英半導体設計大手のアーム・ホールディングス買収し、昨年にはサウジアラビアと運用額10兆円規模の『ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)』も立ち上げるなど、投資会社としての性格を色濃くしています。世界には投資対象として魅力的な企業はたくさんあり、SBグループとしては、買収によりグループの規模拡大を加速させたい狙いでしょう」(小林さん)

 その、買収のための資金調達方法として採用されたのが、今回のソフトバンク上場だ。

 「SBグループは、米携帯事業者で傘下のスプリントと同業Tモバイルの合併を計画していましたが、出資比率などで条件が折り合わずに破談しました。資金調達をするならスプリント株を売却することも考えられますが、『情報革命』を目指す孫社長にとって、その核とも言える通信事業を手放す気にはなれなかったのではないでしょうか。ソフトバンク上場は、そんな状況のなか考え出された策だと思います」(小林さん)

 資金調達として新たに融資を受けるという選択肢もあるが、SBグループは、2017年9月末時点で約14兆円の有利子負債を抱え、2017年3月期には年間4600億円もの利息を支払っている。

 「これ以上の借り入れで利払い負担が増えることへの懸念は市場内外にあり、安定したキャッシュフローが見込めるといえどソフトバンクのIPOで資金を調達したほうが賢明だと考えたのだと思います」(小林さん)

携帯事業会社であるソフトバンクを上場させることで
SBグループは投資会社としての性格が色濃くなる

 ただ、ソフトバンク上場は、SBグループにとってデメリットもある。

 携帯事業会社であるソフトバンクの2017年4-9月期における営業利益は4339億円で、SBグループの営業利益8748億円のおよそ半分を占める。その稼ぎ頭であるソフトバンクが上場して連結子会社になると、当期純利益の段階で、他の株主の持ち分について少数株主利益として差し引かれてしまう。

 しかし、SBグループとしては、「最終的な利益が減ったとしても、ソフトバンク上場で手に入れる資金を使った投資事業の拡大のほうがメリットはある」と睨んだのだろう。

 「一般的に、多角経営の企業は『コングロマリット・ディスカウント』といって、企業価値が割り引かれてしまうことが多いんです。多角化している企業は、単体でそれぞれの事業を行っている場合にくらべて、市場からの評価が下がる傾向にあると言うこと。ですが、SBグループの場合は、アリババグループをはじめ孫社長の目利き力には定評があり、むしろ積極的なM&Aによる多角化が、投資家からポジティブに捉えられる可能性があります」(小林さん)

 実際、SMBC日興証券は、2017年11月21日発行のレポートで、「ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、各分野のナンバー1ユニコーンへの投資を着実に実行していて、投資先の成長やIPO、一部株式の売却による投資収益の実現などが見えてくるにつれてSBグループの株価評価は高まる」と評価。2017年11月下旬時点におけるSBグループの株価9400円台に対して、目標株価を1万700円から1万1000円に引き上げている。

 SBグループの投資事業は今後も堅調で、ソフトバンクのIPOはむしろ賢い選択だと判断されているようだ。

 一方、ソフトバンク上場のニュースが報じられた際、親会社であるSBグループとその子会社のソフトバンクの「親子上場」であることに難色を示す声も聞こえてきた。しかし、それに関しては「あまり気にする必要はない」と小林さんは言う。

 「親会社と子会社が同時に上場する『親子上場』は、親会社からの影響が強く子会社の自律性が保てない、親会社と少数株主の利害が必ずしも一致しないなどの理由から、批判の声が上がりやすいのも確かです。しかし近年は、親子上場に対するネガティブな意見は減りつつある印象です。2015年に上場した日本郵政3社も親子の同時上場でしたが、投資家は非常に盛り上がりました」(小林さん)

 親会社による干渉を抑えるため、上場企業の子会社が東証1部に上場する場合、親会社は持ち株比率を65%未満にとどめる必要がある。ところが、子会社が海外市場に上場すると、この規制が緩和される。

 SBグループは、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの本拠地があり、ソフトバンクの知名度が高いロンドン証券取引所への上場も視野にいれているようだ。それが実現すれば、SBグループはソフトバンク株の65%以上を保有し続けることが可能となり、ソフトバンクの手綱はしっかりと握ったままの親子上場が可能になる。孫社長の奇策といえるだろう。

【関連記事】
ソフトバンク(9984)傘下の携帯事業会社、上場にはちょっと「問題」がある!? 闇株新聞が意見する「優良子会社の切り売り戦略」

「エクイティ・ストーリー」を明らかにすることが
IPOを成功させるカギ

 話題性があり、個人投資家はもちろん機関投資家からも注目されるに違いない、ソフトバンクのIPO。「実施するなら年内との報道ですが、その時点で市場環境が好調なら2兆円の資金調達は、さほど難しくないと思います。国内のみならず海外投資家も関心を寄せるでしょうね」と、小林さんは評する。

 一方で、懸念がないわけではない。というのも、国内における携帯電話ビジネスは成長期から成熟期へシフトしていて、かつてほどの伸び代はない。家計に占める携帯のコストは増えるばかりで、総務省を中心に政府はキャリアに対して料金引き下げの圧力を強めている。

 楽天は、2017年12月に携帯電話事業に新規参入すると発表したが、競争を加速することで一般家庭における通信費のコストダウンを促したいという思惑も感じ取れるほどだ。そうなると、当然、限られたパイを奪い合うことになり、既存のキャリアにとって向かい風となる。実際、楽天の携帯電話事業参入の報道を受けて、3大キャリアの株価は一時下落した。

 「携帯事業に成長ビジネスというイメージがない以上、ソフトバンクがIPOを成功させるには、投資家に対して、資金調達後の戦略や成長シナリオといった『エクイティ・ストーリー』をしっかりと明示する必要があります。魅力的な新規事業や、安定したキャッシュフローを背景にした手厚い配当、ユニークな株主優待を打ち出すなど、エッジの効いたアピールが求められます」(小林さん)

 近年はKDDIが保険販売を始めるなど、携帯キャリアのビジネスも多角化しつつある。こういった新規ビジネスへの取り組みも訴求につながるかもしれない。

 いずれにしろ、業績の伸びが期待でき、投資家に保有メリットがあると感じさせる施策が必要というわけだ。

 そうしたエクイティ・ストーリーの一環とも取れるのが、2017年1月31日に発表された、LINEモバイルとの提携だ。LINEモバイルがソフトバンクと戦略的提携に向け基本合意を交わし、今後はLINE(3938)とソフトバンクの2社の下に入る形になるようだ。

 「国内7000万人超の利用者を誇るアプリ『LINE』との相乗効果に期待する向きがあるものの、今後の成長ドライバーとして期待できるかどうかの判断は、具体的な施策を待ちたいところです。ソフトバンクにとって、LINEモバイルの提携は『上場のためのストーリーづくり』というとやや言い過ぎな感もありますが、携帯電話業界の地殻変動に対応した動きであり、ソフトバンクにとって今後の成長の布石であることは間違いないでしょう」(小林さん)

ソフトバンクの知名度や規模を考えると
初値騰落率は+10%以上!

 IPOが具体化すると、日本郵政3社の上場時のように、新たな投資家の呼び水になる可能性は高く、主幹事証券をはじめとする取扱証券会社には応募が殺到するだろう。現時点では、公募価格などの具体的な数字は出てないものの、「高い初値がつくことも期待できる」と小林さんは言う。

 「公開規模(吸収金額)の大きいIPOは、初値が上がりにくい、というのは、IPO投資家の間では常識ですが、ソフトバンクほど知名度のある企業は話が別。3社の合計で1.4兆円だった日本郵政3社のIPOでは3社とも+10%以上、かんぽ生命にいたっては+33%の初値騰落率でした。それを考えると、ソフトバンクも、少なくとも公募価格に対して+10%以上の初値が期待でき、公募割れする可能性は低いと思います」(小林さん)

 2016年7月にIPOをしたLINE(3938)は公募価格3300円で初値は+48%の4900円、同年10月のJR九州(9142)の場合、公募価格2600円に対して初値は+19%の3100円だった。

 「近年、大型上場の初値形成は好調という認識が投資家の間でも広まっています。ソフトバンクがこれにならう確率は高いでしょう」(小林さん)

今のうちからソフトバンクIPOの情報を集め
ブックビルディング参加の心構えをしておこう!

 ソフトバンクのIPOは、IPO投資家はもちろん、普段投資に縁のない人の関心も集め、話題沸騰となることは間違いない。IPO投資に興味を持つ個人投資家にとっては、外せないビッグイベントになるだろう。

 上場日や主幹事証券会社といった具体的な情報はまだ明らかになっていないが、今から心づもりや準備をしておけば、いざ上場が決まった後に乗り遅れずにも済むだろう。ザイ・オンラインでも、ソフトバンクIPOに関して続報があれば、すぐにお伝えしていこう。

(※2018年11月14日追記)
ソフトバンクのIPOの取り扱い証券会社は、現時点で以下の通り。

■ソフトバンクのIPOの取り扱い証券会社(2018年11月14日時点)
証券会社名
(※青文字をクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
野村証券(主幹事証券)
公式サイトはこちら!
大和証券(主幹事証券)
[最短翌日に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券(主幹事証券)
[最短3日後に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
SBI証券(主幹事証券)
[最短翌日に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
東海東京証券 -%
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券
[最短3日後に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
松井証券
[最短3日後に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
マネックス証券
[最短2日後に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
カブドットコム証券(主幹事のグループ会社)
[最短3日後に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券
[最短2日後に取引可能]
-%
公式サイトはこちら!
みずほ証券(主幹事証券) -%  
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事証券) -%  
岡三証券 -%  
水戸証券 -%  
西日本シティIT証券 -%  
あかつき証券 -%  

【※ソフトバンクIPOの詳細情報はこちら!】
「ソフトバンク」のIPOの情報の総まとめ! スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の移動/固定通信事業者との比較や予想まで解説!

【※イベント投資の達人・夕凪氏によるソフトバンクIPOの分析はこちら!】
ソフトバンクのIPO(新規上場)株は、上場後40日目まで上昇する!? 過去の超大型IPOのデータをもとに、上場時のソフトバンクや市場全体の値動きを大胆予想

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2021年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2021年5月1日時点】


【2021年版】本気でIPO当選を狙うなら、真っ先に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

野村證券 ⇒詳細情報ページへ
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
22社
41社
17社
35社
23社
37社
10%以上:1人1票の平等抽選 533万
【ポイント】
取り扱い数はSMBC日興証券やSBI証券より少ないものの、主幹事数は毎年トップ! 国内最大手の証券会社だけあって、「日本郵政グループ3社」「JR九州」「ソフトバンク」のような、大規模IPO案件で主幹事を務めることも多い。毎回、引受株数の10%以上が完全抽選制のオンライン口座に配分される。また、購入資金は当選後の購入申し込みまでに入金すればOKなので、口座の資金を気にせず気軽に申し込めるのは、限られた資金で運用する個人投資家にとって大きなメリット。本気でIPO投資を考えるなら、真っ先に口座を開いておきたい証券会社だ。
※残あり口座数
【関連記事】
◆「IPO(新規上場)が当選しやすくなる」証券会社の選び方を伝授! 優先すべきは、当選するまで資金が不要な岡三オンライン証券、野村証券などの4社だ!
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
16社
52社
20社
61社
21社
66社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
308万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、2020年は主幹事数、取扱銘柄数ともに第3位! また、日本3大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねている。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
15社
43社
22社
43社
13社
31社
10%:1人1票の平等抽選 301万
【ポイント】
国内三大証券の一角を占める大手証券で、毎年、数多くのIPOで主幹事を務めており、2019年は実績数を大きく伸ばして野村證券を抜いてトップ。取扱銘柄数も毎年トップクラスなので、本気でIPO投資に力を入れる個人投資家には必須の証券会社と言えるだろう。申し込みは1銘柄につき1単元のみなので、当選確率が資金量に左右されないのも資金に限りのある個人投資家にとってはメリット
※ 残あり口座数
【関連記事】
◆【証券会社比較】大和証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
大和証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
15社
85社
7社
82社
11社
87社
60%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジポイント」順に配分
10%:知識・経験・資力と取引状況を踏まえて配分
639万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2020年は全93社中85社と約91%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、大半のIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2020年12月末時点。
注目の証券会社!

【SMBC日興証券】
IPO取扱数がトップクラスで主幹事数も多い!
2019年には61社のIPO取扱実績数を誇る
おすすめ証券会社!関連記事はこちら

IPO株の取扱数が毎年トップクラスのSMBC日興証券公式サイトはこちら!

No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
PayPay証券は、わずか“1000円”から日本株と米国株 に投資できるスマホ証券! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
PayPay証券は、わずか“1000円”から日本株と米国株 に投資できるスマホ証券! SBI証券の公式サイトはこちら! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報