世界投資へのパスポート

米国株式市場が急反発し「ベア・マーケット入り」を
回避! 株式市場が平常運転に戻ったことにより、
3月21日のFOMCにおける利上げ確率が80%以上に!

2018年2月19日公開(2018年2月19日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

先週の米国市場は、主要株価指数がそろって急反発し
50日移動平均線を上回る!

 先週の米国株式市場は、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が+4.24%、S&P500指数が+4.3%、ナスダック総合指数が+5.3%と急反発しました。

■ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月
ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 これらの主要株価指数は全て50日移動平均線より上で引けていますそのことは今回の調整局面が「ベア・マーケット(下落相場)入り」では無かったことを示唆しています今後の相場のシナリオ的にも、基本、強気で臨んでOKだと思います。

 しかし、これでS&P500指数は6連騰ですので少し上げピッチが急すぎます。ここで強欲は禁物、じっくりとポートフォリオの中身を、値動きの良い銘柄に入れ替えてゆくのが良いと思います。

 具体的には、先週パフォーマンスが良かったセクターである、ハイテク(+4.8%)工業(+4.7%)ヘルスケア(+4.3%)などになります。

2017年第4四半期決算では、
78%の企業の売上高が予想を上回る過去最高の結果に

 2017年第4四半期決算は、先週末までに8割のS&P500採用企業が決算発表を終え、EPSでは75%、売上高では78%の企業が事前予想を上回るポジティブ・サプライズを出しました。特に売上高では、78%の企業が予想を上回ったことは過去最高です

 例年、1月から2月にかけて発表される第4四半期決算では、次の年のガイダンス(会社側予想)が提示されます。新年度入りということで、予想数字が徹底的に見直される場合が多いです。今年は、ガイダンスの上方修正が特に目立ちました。

 セクター別では、ヘルスケア、工業、ハイテクのガイダンス引上げが多かったです。これらのセクターは、先週、パフォーマンスが良かったセクターと一致しています。

つまり「今の相場は、業績の上方修正が多いセクターが素直に買われている」と言うことが出来るのです。

 S&P500の1株当たり利益(EPS)は、再び上方修正が入り、2018年末の予想は157.57まで上がってきています。

 すると、先週金曜日のS&P500の引け値が2732.22ですので、株価収益率(PER)は17.3倍ということになります。過去5年の平均PERは16倍、過去10年のそれは14.2倍です。すると現在のPERは、どちらかといえば割高だけど、極端な水準ではないということです。

米国10年債利回りは、2.9%を突破!
イールドカーブ全体が押し上げられる状況に

 一方、米国10年債利回りは、いよいよ2.9%に乗せてきました。

 2.9%という水準は、過去をずっとさかのぼってみると、まだまだ低い水準です。つまり、株高の基本要件が崩れてしまったわけでは決してないということです。

■米国10年債利回りチャート/日足・6カ月
米国10年債利回りチャート/日足・6カ月米国10年債利回りチャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 国債(=財務省証券)の利回りを、償還期限の短いものから長いものまで横に並べて、その利回りを線でつないだチャートのことを「利回り曲線(イールドカーブ)」といいます。下は、米国の国債のイールドカーブを、去年の暮れに税制改革法案が成立する直前(青)と、現在(橙色)を比較したものです。

 これを見ると、短期から長期まで、イールドカーブ全体が上に押し上げられていることがわかります。

 一般に、イールドカーブの左側、すなわち短期の方は米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レート(FFレート)の今後の動きを反映しやすいと言われています。一方、イールドカーブの右側、すなわち長期の方は米国のインフレに対する市場参加者の期待を反映しやすいと言われています。

 すると、イールドカーブの全部が持ち上がっているということは、市場参加者が「FRBは政策金利を引き上げるし、インフレも加速する」と見ていることを示します。

連邦準備制度理事会(FRB)は
予定通りに利上げができる状況に

 連邦準備制度理事会(FRB)は、株式市場が大荒れになっているときは利上げを見送るものです。しかし先週は意外に早く株式市場が立ち直ったので、FRBは市場に気兼ねせず、当初の予定通り、粛々と利上げ出来る見込みが高まりました。

 その関係で、次の連邦公開市場委員会(FOMC)のある3月21日の利上げ確率は、2月16日時点で83.1%まで上昇してきています。

 つまり、株式市場が平常運転に戻ったことで、FRBも平常運転すれば良いことになるのです。

【今週のまとめ】
弱気相場に入るシナリオは遠のいた!
狙うべきは好決算企業

 先週の米国株式市場は、1週間を通じてシッカリの展開でした。

 株価が早期に50日移動平均線の上まで戻したので、弱気相場入りのシナリオは遠のいたと言えそうです。企業業績の上方修正が相次いでおり、それは株式のバリュエーションが許容できる範囲内にとどまることを可能にしました。

 株式市場の立ち直りで、FRBは、予定通り3月21日のFOMCで0.25%の利上げをすると思います。

 なお、銘柄的には、先週のコラムで紹介したフェイスブック(FB)アマゾン(AMZN)エヌヴィディア(NVDA)スナップ(SNAP)などの好決算企業を引き続き物色したいと思います。

【今週のピックアップ記事!】
株式投資でやってはいけない「禁じ手」3つを紹介! 株初心者が株式投資で大損をするのを防ぐには「集中投資」「塩漬け」「手法貧乏」の3つに注意!
米株史上最大下落幅の原因は「米国長期金利の上昇」。2018年に最初に暴れた「灰色のサイ」の正体とは?
【2019年11月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2200銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2300銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2019年12月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

ずーっともらえる
株主優待
今から買って大丈夫?

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

改悪・廃止を回避せよ!ずーっともらえる優待

ずーっともらえる株主優待
【スペシャル座談会】
投資歴20年超のツワモノ達が語りつくす
「株主優待のオモテとウラ」
【安心度をスコア化してランキング!】
・10年続く優待株ベスト50銘柄
【桐谷さん&優待の達人15人が推薦!】
ずっと持ちたい優待カタログ90銘柄

●ベストな買い時は?もう売るべき?
今から買って大丈夫?
タイプ1-価格が上がりすぎ!
オリエンタルランド、Jリート、金
タイプ2-価格が下がりすぎ!
ゆうちょ銀、東証マザーズ、串カツ田中
タイプ3-配当の利回り高すぎ!
JT、日産自動車、銀行株
タイプ4-赤丸急上昇の話題沸騰株!
Zホールディングス、ZOZO、楽天

残り2カ月!NISA売買戦略
・高配当株、安定成長株、10倍期待株

スペシャル対談
デヴィ夫人×本田健さん
逆境にめげずにチャンスを活かす!
「豊かな人生をつくるお金の使い方のヒント」

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[番外編]

【別冊付録】
●FXで勝つための自動売買入門


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報