世界投資へのパスポート

「フェイスブック」暴落により絶好の買い場が到来!
ケンブリッジ・アナリティカの問題による急落は
一過性のものであり、業績的には絶好調で問題なし!

2018年3月26日公開(2018年3月26日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

ケンブリッジ・アナリティカの起こした問題で
フェイスブック株が急落

 3月16日(金)の引け後、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)が「英国のデータ・マイニングならびにデータ解析企業、ケンブリッジ・アナリティカをフェイスブックから追放する」と発表しました。その理由は、ケンブリッジ・アナリティカが約束通りキャンペーン終了後に顧客データを消去してなかったことが発覚したからです。

 これはフェイスブックの問題ではなく、フェイスブックの顧客であるケンブリッジ・アナリティカが起こした問題です。しかし、ちゃんと監視してなかったということでフェイスブックにユーザーや投資家の批判が集まりました。

 その結果、フェイスブックの株は3月16日の引け値185.09ドルから、1週間で$159.39まで-13.9%の急落を演じました

■フェイスブック(FB)チャート/日足・6カ月
フェイスブック(FB)チャート/日足・6カ月フェイスブック(FB)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 フェイスブックが短期間にこれほど下げることは極めて珍しく、これは絶好の買い場だと思います。

ケンブリッジ・アナリティカは
ビッグデータを活用したコンサル会社

 ケンブリッジ・アナリティカは、ケンブリッジ大学の計量心理学研究所のメンバーが立ち上げた、ビッグデータに基づくコンサルタント会社です。心理学的属性分析を得意としています。

 そこでは、下の図のように個人のパーソナリティーを5つの属性に分類します。

冒険心(Openness)=知的好奇心に満ちているか?
念入りさ(Conscientiousness)=計画性、頑固さ、だらしなさ
社交性(Extraversion)=人懐っこさ、目立ちたがり屋
愛想の良さ(Agreeableness)=同情しやすい、協力しやすい、騙されやすい
神経質さ(Neuroticism)=怒り、不安、落ち込みを感じやすい

 伝統的に、マーケッターは人種、年齢、住んでいる場所、所得、学歴などの大雑把な属性に基づきマーケティング・キャンペーンを展開してきました。

 しかし、ケンブリッジ・アナリティカは「そういう伝統的な切り口でキャンペーンを張っても効果は薄い」と批判し、「いまはビッグデータをフル活用できるのだから、それを使って個々の個人の心理学的属性をしっかり割り出し、それに基づいて個人をターゲットにしたピンポイントの訴求を心がけた方が効果的だ」と主張しました。

 たとえば、神経質(Neurotic)なフェイスブック・ユーザーには、わざと怒りや不安を煽るようなフェイク・ニュース(嘘のニュース)を流すことで、本人の意見形成に働きかけることができるということです。

 これは、新製品のマーケティングにはパワフルなツールですが、ひとつ間違えば印象操作により選挙の投票行動に働きかけるなど、民主主義を根底から揺るがすような悪用に使われてしまうリスクがあります。

 実際、ケンブリッジ・アナリティカは、英国のEU離脱の是非を問う国民投票(=いわゆるブレグジット)や米国の大統領選挙にも影響を及ぼした疑惑がかけられています。

ケンブリッジ・アナリティカに対する
フェイスブックの対応は?

 フェイスブックは、2014年にケンブリッジ・アナリティカに対して、フェイスブック上でアンケート・キャンペーンを展開することを許可しました。しかし、その後、この案件に対し不安を抱き、キャンペーンを終了すると同時に「キャンペーンで得た個人情報を削除してください」とケンブリッジ・アナリティカにリクエストしました。

 しかし、ケンブリッジ・アナリティカは、フェイスブックに「消去しました」と虚偽の報告をし、データを使い続けたのです。

 先週、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、フェイスブック上でこの件に関し謝罪するとともに、その後の対応について説明しました。また今後、英米の議会の公聴会にも出頭し説明を行う予定です。

現在のフェイスブックは
バリュエーション的に非常に割安

 ここまでの説明で分かるように、今回の事件は、フェイスブックが個人情報を悪用したのではなく、フェイスブックの顧客が悪意に満ちた世論操作を行いました。しかし、ユーザーの個人情報の保護がおろそかであり、結果としてユーザーの信頼を裏切ってしまったという意味でフェイスブックにとって大きな失点だったと思います。

 一部のユーザーや広告主は、これを機会にフェイスブックを離れてゆくことが予想されます。

 しかし大部分のユーザーは、今後もフェイスブックを使い続けるでしょうし、広告主も心理学的属性分析によるマーケティング・キャンペーンの威力への認識を新たにし、逆にフェイスブックの活用を増やすところも出ると予想されます

 フェイスブックの業績は、下のチャートに見る通りピカピカです

フェイスブックの業績

 2018年のコンセンサスEPS予想は7ドル35セントであり、株価収益率(PER)は21.7倍です。去年から今年にかけてのEPS成長率は+36%なので、現在のバリュエーションはとても割安だと言えます。

【今週のまとめ】
悪影響は一過性のものであり
今はフェイスブック株を仕込む絶好のチャンス!

 先週、フェイスブックは数年に一度あるかないかという急落を演じました。それはフェイスブックの顧客であるイギリスのコンサルティング会社の向こう見ずなマーケティング・キャンペーンが原因です。フェイスブックは既に個人情報の保護を強化し、法人顧客の監視を強めています。

 今回の事件で、ある程度の風評被害は避けられないものの、悪影響は一過性のものだと思います。フェイスブックの業績は非の打ちどころの無い素晴らしい内容で、このような優良株を安く仕込めるチャンスは滅多にありません。

 ここはガッツリとフェイスブック株を仕込むチャンスだと思います

⇒フェイスブックの最新株価・チャートはここをクリック!

【今週のピックアップ記事!】
暴落した日経平均は、今後「1万9308円」まで下落!? 主力企業の業績見通しが出揃う「4月下旬」まで調整が続くと予想されるので、そこまでなんとか生き残れ!
【2018年 最新版】今すぐ株を買いたい人必見! たった1日で口座開設できるネット証券はここだ!
【2019年10月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi(ザイ) 2019年11月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報