闇株新聞[2018年]

東芝(6502)が4年ぶり黒字で最高益更新も
半導体メモリ事業の売却を止めない不思議
闇株新聞が解剖する「東芝2018年3月期決算短信」

2018年5月25日公開(2018年5月25日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

東芝が2018年3月期の決算短信を珍しく期限内に発表しました。4年ぶりの黒字で7年ぶりに最高益を更新しましたが、稼ぎ頭の半導体メモリ事業の売却が決まるなど先行きが明るくなったとは言えない状況です。2015年5月に要領を得ないIRから「不適切会計」の闇にいち早く気づいた刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が、2018年3月期決算から東芝のいまとこれからを読み解きます。

東芝(6502)が4年ぶり黒字で最高益更新も半導体メモリ事業の売却を止めない不思議|闇株新聞が解剖する「東芝2018年3月期決算短信」

半導体事業が稼ぎ出した4675億円は
タダで売却先にくれてやるつもり!?

 東芝が発表した2018年3月期の決算短信では、売上高3兆9475億円(前年比2.4%減)、営業利益640億円(同21.9%減)、最終純利益8040億円(前年は9656億円の赤字)でした。

 売却予定の半導体メモリー事業の営業利益4675億円は「非継続事業」として除外されています。4675億円(税金がかかるのでまるまる全部ではありませんが)のキャッシュは一体どこに消えたのでしょう?

 連結キャッシュフロー計算書を見ても、営業活動によるキャシュフローは416億円しかなく、4675億円は半導体メモリー事業会社に留保されていることがわかります。

 半導体メモリー事業会社は、分社化された2017年4月以降の1年間で稼ぎ出した4675億円のキャッシュ(あるいはその資金で新たに投資された設備)を持ったまま、ベイン・キャピタルを中心とした日米韓連合に売却される可能性が高いということです。それなのに4675億円分が当初の売却価格に上乗せされたという話は聞きません。

 最終利益が8040億円もの金額に達した理由は、原子力事業の子会社だった米ウェスチングハウスの取得金額全額が「チャプター11」(連邦倒産法第11条)で損失と認められ、税負担が4458億円も軽減されたことが大きかったようです。

 そして5月17日には中国政府による独占禁止法に係る審査が通り、半導体メモリー事業会社は6月1日に売却されることになりました。

 そもそも東芝の稼ぎ頭である半導体事業の売却は「2018年3月末までに債務超過を解消できなければ上場廃止」になる事態を回避するための“苦肉の策”でした。その債務超過は6000億円の第三者割当増資で解消されたにもかかわらず、売却中止が検討されることはなかったようです。

東芝から半導体メモリ事業を買い取る
「日米韓連合」2兆円の内訳

 半導体メモリー事業の売却先は「日米韓連合」と呼ばれています。資金も人脈も三流の「ベイン・キャピタル」が駆けずり回って掻き集めた2兆円が、買収の原資になっています。

 その2兆円の内訳を検証してみましょう。まず最大の3505億円を出資するのが東芝自身です。これにHOYAが出資する270億円と合わせ“日本勢”が議決権の50.1%を確保することになっています。

 買収を主導するベイン・キャピタルはたったの2120億円です。彼らはこの金額を確保するために、すかいらーく株の売却を急いでいました。韓国の半導体大手SKハイニックスは最大で3950億円を投資するとしていますが、独占禁止法の審査が長引かぬよう当初10年間は15%以上の議決権を持たないことになっています。

 東芝とHOYAの3775億円が議決権の50.1%であるなら、半導体メモリー事業会社の資本金は7535億円になりますから、ベイン・キャピタルとSKハイニックスの出資額は3760億円(7535億円-3775億円)となるはずです。そのうちベイン・キャピタルが2120億円を出すわけですから、SKハイニックスの当初の出資額は1640億円(3760億円-2120億円)であることがわかります。

 しかし、最大3950億円も投資すると表明しているSKハイニックスが、経営の主導権を取れない15%程度の議決権(あるいは1640億円分の21.7%でも)で納得するはずがありません。つまり、どこかに説明されていない「嘘」があるはずです。

 さらにアップルなど米企業4社が議決権のない優先株で(普通株への転換条項が付いているはず)合計4155億円を出資、邦銀が6000億円を融資して、やっと2兆円になります。

国内でとことん過保護にされてきた東芝は
海外の「物言う株主」と対峙できるか?

 半導体事業会社を売却しても、東芝は最大株主であり続けます。しかし、この優良企業が稼ぎ出す潤沢なキャッシュはもう入ってはこないのです。そうすると東芝は、今期予想でも営業利益700億円程度の“三流会社”になってしまいます。はたしてこれが株主総会で認められるでしょうか?

 半導体事業の売却は、常識で判断すれば重要資産に係る「特別決議」になる案件ですから、臨時株主総会を開催して出席株主の3分の2(議決権ベース)以上の賛成が必要となります。昨年11月の第三者割当増資で新たに株主になったのはすべて海外の「物言う株主」ですから、稼ぎ頭の半導体事業売却が承認されるかはかなり微妙になっていると考えられます。

 現在の株価水準(5月22日終値で312円)は、半導体メモリー事業が売却されることを見込んだ株価とは思えません。今後の株価は波乱含みとなるでしょう。

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

東芝は2300億円に及ぶ「不適切会計」で過去の有価証券報告書を訂正しても、誰一人として刑事責任を問われることがありませんでした。国内ではとことん過保護に扱われてきましたが、これから徒党を組んで押し寄せてくる海外の物言う株主たちはそうはいきません。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、今後も東芝の動向を追いかけていきます。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
MOクリック証券が新アプリをリリース!スマホでもPCに負けない投資環境を実現! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株新春版
確定申告
iDeCo入門

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/確定申告]
◎巻頭新春インタビュー
お金持ちになるにはどうしたらいいですか?
ひろゆき
「ムダに夢を持つと失敗しますよ」
厚切りジェイソン
「投資に面白さを求めたら負け! 」
藤野英人
「何が起きても投資から逃げない」

◎第1特集
利上げにもインフレにも負けない!
最強日本株
相場予測&勝ち株テーマ
2022年日経平均は3万3000円へ
●王道株番付
●高配当株番付
●5万円株番付
●急回復株番付
●[番外編]株主優待株

◎第2特集
ふるさと納税が超カンタンに!
米国株のギモンも!

スマホ&パソコンの画面を完全攻略!
確定申告2022年3月提出分

●ついに! 株の申告がスマホでラクラク!
そろそろ始めドキe-taxがさらに進化!
準備や手間も劇的に軽く!
●ふるさと納税 の申告
●株・投信 の申告
●配当・分配金の申告
●FXの申告
●医療費・セルフメディケーション特例の申告

◎第3特集
桐谷広人さんの2021年大反省会&
2022年必勝宣言!

優待放出!桐谷さんからプレゼント!

◎別冊付録
みんなのiDeCo入門
●増やし方●受取り方●口座の選び方
オススメ投信も!

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

 


【重要】
>>新型コロナウイルス感染症による定期購読誌配達への影響について
>>郵便法改正に伴う定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報