IPO株の銘柄分析&予想

「GA technologies」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他の中古不動産・リノベーション関連企業との比較や予想まで解説![2018年7月27日 情報更新]

2018年6月20日公開(2018年7月27日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
会社名 GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)
市場・コード/業種 東証マザーズ・3491/不動産業
上場日 7月25日
申込期間(BB期間) 7月6日~7月12日
おすすめ証券会社 SBI証券大和証券SMBC日興証券東海東京証券岩井コスモ証券岡三オンライン証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 5780円(+130.28%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

GA technologiesのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 7月4日
ブックビルディング(抽選申込)期間 7月6日~7月12日
公開価格決定 7月13日
購入申込期間 7月18日~7月23日
払込日 7月24日
上場日 7月25日

GA technologiesのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2018年7月6日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SBI証券(主幹事証券)
[最短翌日に取引可能]
85.0
公式サイトはこちら!
大和証券
[最短翌日に取引可能]
7.0
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券
[最短3日で取引可能]
3.0
公式サイトはこちら!
東海東京証券 0.5
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券
[最短3日で取引可能]
0.5%
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券
[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
みずほ証券 3.0%  
岡三証券 0.5%  
藍澤證券 0.5%  

GA technologiesのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 2130
仮条件
[予想PER(※2)
2310~2510円
24.8倍~26.9倍]
公募価格 2510円
初値 5780円
初値騰落率 +130.28%
予想トレーディングレンジ(※3) 2500円~7000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2018年7月3日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 24.7倍
TATERU<1435> 30.5倍(連)
LIFULL<2120> 23.0倍(連)
AMBITION<3300> 20.5倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は妥当と判断できる。

GA technologiesの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 425万1380株(予定)
公開株式数 公募60万株
想定公開規模(※1) 12.8億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

GA technologiesは不動産テック関連のマザーズIPO

「GA technologies」の公式サイトより

 中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営、プラットフォームを通じた中古不動産の売買仲介及びリノベーションの企画・設計・施工を手掛ける。テクノロジーとリアルとの融合によるエンド・トゥー・エンドのサービス提供、AIやRPA活用による高効率かつ科学的な業務運営が特徴として挙げられている。

 「不動産テック」関連として株価パフォーマンスの良好なTATERU<1435>が大株主に名を連ねており、同社に対する期待も高まるだろう。また、AIやRPAの活用、不動産クラウドファンディング事業の推進等に取り組んでおり、テーマ性の豊富さも初値を押し上げる要因として注目されそうだ。

 公開規模については10億円台前半となる見込み。ベンチャーキャピタル保有株は見られるが、需給懸念を強めるほどでない。7/25に同時上場する企業もない。

◆「GA technologies」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
大和証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

GA technologiesの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2014/10 703
(―)
40
(―)
27
(―)
2015/10 3,186
(352.9%)
103
155.1%
43
60.1%
2016/10 5,373
(68.6%)
▲ 102
▲ 133
2017/10 9,557
(77.9%)
336
258
2018/10予 17,435
(82.4%)
603
(79.3%)
396
(53.0%)
2018/4 2Q 8,159
(―)
264
(―)
171
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:93.15円/-円
※予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの。

GA technologiesの業績コメント

 2018年10月期の業績は、売上高が前期比82.4%増の174.3億円、経常利益が同79.3%増の6.0億円と増収増益の見通しとなっている。

 同社の属する不動産業界においては、日本銀行によるマイナス金利政策が継続されるなどの良好な資金調達環境を背景に、不動産市場への資金流入が続いており、また、投資家層の多様化が期待されている。このような状況のもと、同社は中古マンションプラットフォーム「Renosy」事業において、「Renosy」の機能強化や「Renosy」の知名度の向上を図ることで、会員数の増加と成約率の維持・向上を推進している。

 また、社内システム(「Tech Markenting」「Tech Supplier」「Tech Consul」「Tech Management」)の充実を図り、コスト削減、リードタイム短縮、1人あたりの生産性向上を実現している。

 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高81.5億円で46.7%、経常利益2.6億円で43.7%となっている。

GA technologiesの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都渋谷区広尾一丁目1番39号 恵比寿プライムスクエア8階
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 樋口 龍(昭和57年11月23日生)
設立 平成25年3月12日
資本金 1億円(平成30年6月20日現在)
従業員数 164人(平成30年5月31日現在)
事業内容 中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営、プラットフォームを通じた中古不動産の売買仲介及びリノベーションの企画・設計・施工
■売上高構成比率(2017/10期 実績)
品目 金額 比率
「Renosy」事業 9,557 百万円 100.0%
合計 9,557 百万円 100.0%
■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 樋口 龍 190万株 44.69%
2 合同会社GGA 93万株 21.88%
3 株式会社GA technologies(自己株式) 64万2260株 15.11%
4 株式会社TATERU 33万5180株 7.88%
5 久夛良木 健 12万7560株 3.00
6 NTTインベストメント・パートナーズファンド投資事業組合 10万6000株 2.49%
7 清水 雅史 10万株 2.35%
8 株式会社チェンジ 6万株 1.41%
9 みずほ成長支援第2号投資事業有限責任組合 4万1880株 0.99%
10 スガシタパートナーズ株式会社 8500株 0.20%
合計   425万1380株 100.00%
■その他情報
手取金の使途 (1)新規事業(クラウドファンディング事業)の開始、(2)Renosy事業の拡大のための人件費、(3)広告宣伝費の拡大、として充当する予定
関係会社
VC売却可能分(推定) -社 -株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2016年8月18日
割当先 株式会社インベスターズクラウド(現 株式会社TATERU)、他1社
発行価格 358円 ※株式分割を考慮済み
◆「GA technologies」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
大和証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

GA technologiesの銘柄紹介

 同社は「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」という経営理念を掲げ、中古不動産に特化した流通プラットフォーム「Renosy」の運営を通じた事業展開を行っている。同社が手掛ける中古不動産流通プラットフォーム「Renosy」事業の具体的な内容は以下のとおり。

・中古不動産のマッチング・ポータルサイトを通じた中古不動産の売買及び仲介
・賃貸物件の契約、集金代行等の管理業務
・リノベーションの企画・設計・施工管理
・会員向け情報提供・資産管理アプリの開発・運営

 「Renosy」事業では、中古不動産を自社にて仕入れ、それらを一定期間内に販売することによる売買収入や不動産の売買に係る仲介収入、販売後の物件の集金代行等による手数料収入を得ている。但しリノベーションに関しては自社にて中古不動産の仕入れは行わず、顧客の保有物件に対して企画・設計・施工管理を請負っている。

 同社が運営するプラットフォームには、同社が自ら仕入れた物件を含む豊富なマンション情報を掲載しており、同社は、これら物件と物件購入を希望する買い手との間において速やかに取引を成立させる仕組み(マッチング機能)を提供している。さらに同社は、物件のマッチングにとどまらず、顧客が満足度の高い取引を実際に成立させるまでを顧客の「成功」と定義し、顧客ごとに異なる成功の実現に至る一連のプロセスにおいて自社のエージェント(販売担当者)を介在させたエンド・トゥー・エンドのサービス提供を行っている。

 これにより、ウェブ・ポータル運営に特化した企業では獲得し得ない顧客情報(ラスト・ワンマイル情報)を蓄積し、当該データを顧客属性に応じた物件情報の取得・推薦、マーケティング、サービス設計といった様々な局面に活用している。同社は、このようにテクノロジーとエージェントによるサービス提供とを有機的に融合させることを通じて、顧客目線に立脚した事業モデルを構築している点に独自性を見出している。

<同社が考えるエンド・トゥー・エンドのサービス提供>

 自社開発のスマートフォン向けアプリ「Renosy Insight」は、顧客接点として重要な役割を担っており、例えば所有物件情報確認、契約書類の一元管理、入退去把握、キャッシュ・フロー確認や収支シミュレーションなどを可能とする各種機能を備えており、不動産所有に係る様々な手間の簡素化と不動産所有者の利便性の向上に寄与している。

GA technologiesの投資のポイント

 ポータルサイトを通じて中古不動産をマッチングさせるビジネスモデルに目新しさはないが、こうした企業は「不動産テック」関連として個人投資家の関心が高い。関連銘柄のなかでも株価パフォーマンスの良好なTATERU<1435>(アパート経営プラットフォーム運営)が同社の大株主に名を連ねており、同社に対する期待も高まりそうだ。

 また、AI(人工知能)やRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用、不動産クラウドファンディング事業の推進等に取り組んでおり、テーマ性の豊富さも初値を押し上げる要因として注目されるだろう。公開規模はさほど軽量感のある水準ではないものの、初値買い人気が高まることになりそうだ。

 同社は、中古不動産に特化した流通プラットフォーム「Renosy」の運営を通じた事業展開を行っている。主力の「Renosy」事業では、主に中古不動産のマッチング・ポータルサイトを通じた中古不動産の売買及び仲介、賃貸物件の契約、集金代行等の管理業務、リノベーションの企画・設計・施工管理、会員向け情報提供・資産管理アプリの開発・運営を行っている。

 中古不動産を自社にて仕入れ、それらを一定期間内に販売することによる売買収入や不動産の売買に係る仲介収入、販売後の物件の集金代行等による手数料収入を得ている。但し、リノベーションに関しては自社にて中古不動産の仕入れは行わず、顧客の保有物件に対して企画・設計・施工管理を請負っている。

 テクノロジーとリアル(不動産事業)との融合によるエンド・トゥー・エンドのサービス提供、AIやRPA活用による高効率かつ科学的な業務運営が事業の特徴として挙げられている。今年2月19日時点の掲載物件数は3万9871件、うち東京23区が1万5535件となっている。

 業績面について、2018年10月期は売上高が前期比82.4%増の174.3億円、経常利益が同79.3%増の6.0億円と増収増益の見通しとなっている。中古不動産販売については、広告宣伝費の増加により新規会員獲得数を同120.4%増の2万1370名、成約数を同88.2%増の924件と見込んでいる。

 想定仮条件水準の今期予想PERは23~25倍程度であり、TATERUなどを意識した価格設定とみられる。

 公開規模については10億円台前半となる見込み。大株主にはTATERUのほか、元ソニー<6758>副社長で「プレイステーション」の生みの親として知られる久夛良木氏などの名前も見られる。ベンチャーキャピタル保有株は2社14万7880株(上場時発行済株数の3.5%)あるが、このうち10万6000株分は上場前の第三者割当増資に係る継続所有の確約(上場日後6カ月間)が取られている。残る4万1880株分は上場日後90日経過または公開価格の1.5倍以上でロックアップが解除されるものの、需給懸念を強めるほどではないだろう。7/25に同時上場する企業もない。

◆「GA technologies」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
大和証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ 

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2020年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2020年9月1日時点】


【2020年版】本気でIPO当選を狙うなら、絶対に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

野村證券 ⇒詳細情報ページへ
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2019 2018 2017
17社
35社
23社
37社
27社
38社
10%以上:1人1票の平等抽選 534万
【ポイント】
取り扱い数はSMBC日興証券やSBI証券より少ないものの、主幹事数は毎年トップ! 国内最大手の証券会社だけあって、「日本郵政グループ3社」「JR九州」「ソフトバンク」のような、大規模IPO案件で主幹事を務めることも多い。毎回、引受株数の10%以上が完全抽選制のオンライン口座に配分される。また、購入資金は当選後の購入申し込みまでに入金すればOKなので、口座の資金を気にせず気軽に申し込めるのは、限られた資金で運用する個人投資家にとって大きなメリット。本気でIPO投資を考えるなら、絶対に口座を開いておきたい証券会社だ。
※残あり口座数
【関連記事】
◆「IPO(新規上場)が当選しやすくなる」証券会社の選び方を伝授! 優先すべきは、当選するまで資金が不要な岡三オンライン証券、野村証券などの4社だ!
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2019 2018 2017
20社
61社
21社
66社
13社
71社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
293万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、2019年は主幹事数で第2位! 取扱銘柄数も多く、全86社中、実に61社のIPO銘柄を取り扱った。また、日本3大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねている。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2019 2018 2017
22社
43社
13社
31社
18社
41社
15%:1人1票の平等抽選
5%:「チャンス当選」
302万
【ポイント】
毎年、数多くのIPOで主幹事を務め、取扱銘柄数も多いが、特に2019年は実績数を大きく伸ばし、主幹事数では野村證券を抜いてトップだった。ネット投資家を対象とした取引量・資金量が関係しない平等抽選が、原則、個人投資家への販売予定数量の15%と高めに設定されているのもメリット。申し込みは1銘柄につき1単元のみなので、当選確率が資金量に左右されない。平等抽選の後、落選者を対象に、原則10%を「プレミアムステージ」や過去の取引実績に応じて当選確率が変わる「チャンス抽選」で販売(※2)
※残あり口座数
【関連記事】
◆【証券会社比較】大和証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
大和証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2019 2018 2017
7社
82社
11社
87社
8社
83社
70%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジ
ポイント」順に配分
463万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2019年は全86社中82社と約95%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、大半のIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆東海東京証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2019 2018 2017
4社
27社
1社
20社
3社
11社
10%:1単元1票の平等抽選 32万
【ポイント】
準大手証券会社の東海東京証券は、大手証券会社には届かないものの多くのIPO銘柄を扱っており、主幹事も毎年数社で務めている。東海東京証券への割当が2000単元未満の場合は、取引実績に応じて当選確率がアップする「IPO個人優遇ステージ」を適用した抽選となるが、その場合でも、取引実績が最低ランクの投資家に10%が配分され、その中で平等抽選が行われる。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
東海東京証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2019 2018 2017
0社
21社
0社
9社
0社
14社
70%:1人1票の平等抽選 118万
【ポイント】
2019年のIPO取扱数は21社と、前年から大幅アップ! しかも、事前入金なしにブックビルディング申し込み&抽選が受けられるので、手持ち資金の心配をすることなく手軽にIPOに申し込むことができる。配分予定量の70%以上で「1人1票」の平等抽選が行われるので、限られた資金しかない個人投資家でも当選が期待できるのもメリットだ。また、2019年12月に株の売買手数料を改定し、1日50万円までの取引なら手数料0円となったので、IPO当選後の売却も低コストで行うことができる。
【関連記事】
◆IPOの当選確率を上げるための「証券会社の選び方」と「申し込む優先順位」を解説! IPOの当選確率を上げるには「資金繰り」と「抽選配分」をチェックしよう!
◆「株初心者」におすすめの証券会社を株主優待名人・桐谷広人さんに聞いてみた! 桐谷さんがおすすめする証券会社は、松井証券、SBI証券、東海東京証券の3社
松井証券の公式サイトはこちら
【ZAi×松井証券キャンペーン実施中! 最大10000円キャッシュバック!】
松井証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2019年3月末時点。
注目の証券会社!

【松井証券】
ザイ・オンライン×松井証券・特別キャンペーン
を実施中! 期間限定で手数料が最大10000円
キャッシュバック!関連記事はこちら

IPO抽選時に入金不要な松井証券・公式サイトはこちら!

.


No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 IPOの抽選時は入金不要!松井証券はこちら SBI証券の公式サイトはこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 IPOの抽選時は入金不要!松井証券はこちら SBI証券の公式サイトはこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
ざんねん家計から脱出
どうなる日米株?!

11月号9月19日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500診断/ざんねん家計からの脱出]

 ◎巻頭特集
日米の株価指数や上がる株を予測!

◎人気の買っていい10万円株は76銘柄!
【2020年秋版】
人気の株500+Jリート14の激辛診断

ザイ独自の業績予想もにも注目!!
儲かる株の見つけ方
[1]旬の3大テーマから見つける!
・DX/デジタル化で
上昇期待の株
・ECの加速で挽回&伸びる株
健康・衛生意識の高まりで注目の株
[2]5大ランキング[3]セクター別
2020年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
気になる人気株
大型株 371/新興株 108/Jリート10

◎第2特集
7人の家計をズバッと診断! 脱赤字体質のノウハウ集も
ざんねん家計からの脱出!
3大出費を見直せ!
住宅ローン・住宅費
「年250万円で賃貸に逆戻り」
教育費
「長女が医学部志望で大ピンチ」ほか


◎第3特集
まだ買う?もう売る?
買い&人気の米国株100
プロオススメ買いの株60銘柄
みんな持ってる人気株60銘柄買い×売り診断

◎第4特集
非課税枠最大1650万円!
NISAを最大限活用するなら年内に始めよ!

●非課税枠をマックスでゲットしよう!
●8つの売買ワザで非課税枠をフル活用!
●運用成績次第でロールオーバーを決断!

●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株バトル
●株入門マンガ恋する株式相場!VOL.49

【別冊付録】
割安株は1680銘柄!
上場全3781社の最新理論株価


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報