世界投資へのパスポート

今週IPOする「ライベント」は、EV(電気自動車)に
欠かせない高品質リチウムの生産におけるリーダー的
企業! EVの成長ストーリーを買いたい人は要注目!

2018年10月9日公開(2018年10月9日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

急速な成長が見込まれるEV(電気自動車)には
バッテリー用に多くのリチウムが必要

 去年世界では120万台のEV(電気自動車)が販売されました。10年後の2027年にはその16.3倍の年間1960万台、そして2040年には50.2倍の年間6020万台ものEVが販売されると見込まれています。その時点で、世界で売れる車の半分以上がEVになると言われています。

 EVはバッテリーを必要とします。そして、バッテリーには沢山のリチウムが必要になります。リチウムはあらゆる金属の中で最も軽く、エネルギー密度が高いです。そのような特性は、バッテリーの素材としてリチウムが適していることを示唆しています。

 このようなことからリチウムの市場は、2017年から2027年までに年率+15.3%で成長し、現在の4倍になると見込まれています。

世界で採れるリチウムは
「塩水のリチウム」と「岩石のリチウム」の2種類

 リチウムは自然界に存在する形状によって、2つに分けることが出来ます。ひとつは塩水のリチウム、もうひとつは岩石のリチウムです。

 塩水の形で存在するリチウムは南アメリカのアンデス山脈の奥深く、アルゼンチン、ボリビア、チリの3国にまたがる地域に分布しています。ここは「リチウム・トライアングル」と呼ばれています。世界のリチウムの実に50%がここに存在しています。

 そこでは、リチウムを含む塩水を先ず地下からポンプで汲み上げ、それを天日で乾燥させます。これは、ロー・コストで自然に優しい生産方式です。その反面、ゆっくり天日で乾かすので、とても時間がかかります。普通、リチウムの生産を決定してから出荷するまでに、4年もの歳月を要すると言われています。

一方、岩石の形で存在するリチウムは、オーストラリア、カナダ、中国に分布しています。

 こちらのリチウムは、岩石と混じり合った形で存在しています。したがって、リチウム鉱山は露天掘りの構造をしており、巨大な削岩機を使用します。大がかりな機械を使い岩石を切り出し、トラックで運び、それを粉砕し、リチウムだけを選り分けます。この作業はとても資本集約的です。また品質的にも低品質です。

品質の高い「塩水のリチウム」を生産できるのは
アルゼンチン、ボリビア、チリの3カ国だけ

 自動車メーカー各社がEVを開発するにあたり、カギを握るパフォーマンス尺度は「1回の充電でどれだけ走れるか?」です。走行距離を決定するのは、バッテリーの効率の優劣です。だから各メーカーとも、しのぎを削ってハイ・パフォーマンスのバッテリーの開発を行っています。

 岩石のリチウムは品質が悪く、ハイ・パフォーマンスのバッテリー開発に向きません。塩水のリチウムのみが、将来に渡ってパフォーマンスの向上が見込まれる原料になります。このため、実質的にはアルゼンチン、ボリビア、チリの3国だけがEV向けリチウムを提供できる国だと言えます。

ハイ・パフォーマンス・リチウムを生産できる企業の中でも
もっとも期待できるのが「ライベント」

 このハイ・パフォーマンス・リチウムを生産できる企業は、ライベント(ティッカーシンボル:LTHM)、アルベマール(ティッカーシンボル:ALB)、SQM(ティッカーシンボル:SQM)の3社のみです。その中でも、ライベントとアルベマールの2社が、特にハイ・パフォーマンス・リチウムで有利な位置につけています。

 アルベマールは、リチウム専業というわけではなくファイン・ケミカルや触媒などの事業も展開しているため、EVのストーリーを買うのならリチウムだけを扱うライベントに投資する方が良いと思います。

「ライベント」の業績は好調!
10月10日にはニューヨーク証券取引所に上場

 ライベントは、リチウムの業者の中では最もロー・コストです。ライベントの過去12カ月の売上高は4.18億ドルで、2016年から2018年第2四半期にかけて売上高は年率+36%で成長しました。

 ライベントの修正EBITDAマージンは42%で、収益性は問題ないと思います。

 ライベントの売上高の88%がパフォーマンス・リチウム・コンパウンドから成っており、付加価値の低い製品は殆ど生産していません。

 ライベントの売上高のうち、60%は長期契約となっています。また、新しくリチウムの生産キャパシティを増やす場合、まず顧客と長期供給契約を交わした後、開発に着手します。

 ライベントは、これまでFMCコーポレーション(ティッカーシンボル:FMC)の一部門でしたが、別会社としてスピンオフされます。そこで2018年10月10日頃にニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)されます。今回発行株数は2000万株、価格レンジは18~20ドル、ディール後の発行済み株式数は1.43億株になる見込みです。

【今週まとめ】
今後起こりうる「リチウム争奪戦」を踏まえ
「ライベント」の成長に期待!

 EVは今後急速に普及し、2040年までには世界で販売される車の50%がEVになるだろうと見られています。

 EVの性能のなかでも特に重視されるのが、「1回の充電でどれだけ遠くまで走れるか?」の走行距離であり、それを向上させるにはバッテリーの性能の改善が必須となります。バッテリーのパフォーマンスを上げるには、高品質のリチウムを使う必要があります。

 高品質のリチウムを提供できる企業の中でも、特にライベントはリーダー的企業です。今年10月10日頃にIPOするので、ぜひ注目したいところです。

【今週のピックアップ!】
米国市場に上場する外国株「ADR」の注目銘柄は? 中国の大手動画サービス会社「アイ・チー・イー」、インドのITコンサル企業「インフォシス」を紹介!
世界経済の成長で儲かる米国の「国際優良株」とは? 新興国で急成長する「ビザ」、クラウド型の顧客管理ソフト最大手の「セールスフォース」の2銘柄を紹介!
【2019年6月1日更新!】


「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上
個別株:4400銘柄以上
ETF:1400銘柄以上
ADR:約30銘柄
約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。中国株も約2000銘柄と多い。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。


ダイヤモンドZAi 2019年8月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10倍株の見つけ方&
発掘54銘柄
人気の株500激辛診断

8月号6月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

10倍株見つけ方&発掘54銘柄

成長の秘密と底値の拾い方を図解!
・こんなところに潜んでる!
10倍株の探検マップ
・これを守れば失敗しない!10倍株発掘3つの心得
長期の成長ストーリーが描ける株25銘柄
経営者の手腕が期待できる株3銘柄
注目前だからおいしい地方拠点株8銘柄
底値を待って買う景気敏感株6銘柄

個人投資家1万人アンケート第2弾
億超え投資家の株&投信の戦略
弐億貯男さん/本田 武さん/かぶ1000さん
JACKさん/まつのすけさん/ひじかた投資ぞうさん/
インヴェスドクターさん

買っていい10万円株は102銘柄! 
人気の株500+Jリート14激辛診断!
2019年夏のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7/Jリート4
気になる人気株
大型株371/新興株108/Jリート10
儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ/5大ランキング/セクター別

●社会の常識を覆す技術やサービスが続々
世界を変える米国株ネクスト10

●発表! 4大投信アワードから厳選! 
好成績投信ZAiアワード

【別冊付録・1】
全上場3736銘柄の最新理論株価
1.理論株価より割安度が高い株20
2.割安度が拡大した3月決算株20
3.割高から割安に転換した株2

【別冊付録・2】
老後のおかね氏リース(3)
おかねが毎月届く教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報