世界投資へのパスポート

「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗!
“ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、
業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望!

2019年5月13日公開(2019年5月13日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

注目を集めたウーバーのIPOだが、
初日から公募割れというふがいない展開に!

 先週金曜日(5月10日)、ウーバー(ティッカーシンボル:UBER)がニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)されました。

 値決めは45ドルで行われたものの、上場初値は42ドルと、いきなり公募価格割れで取引が開始されました。結局、その後も一度も公募価格の45ドルに達することが出来ず、大引けは41.57ドルでした。

■ウーバー(UBER)チャート/5分足・1日
ウーバー(UBER)チャート/5分足・1日ウーバー(UBER)チャート/5分足・1日(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 もともとこのディールは、「場合によっては1200億ドルくらいの時価評価で値決めされるかも」と噂されていました。ところが、上場日の引けの時点での時価総額は671億ドルに過ぎません。つまり、期待とは裏腹に、「ふがいない!」としか形容のしようがないデビューだったのです。

 このように上場初日にして公募価格を割り込むようなディールは「ブロークン・ディール(ぶっ壊れたIPO)」と呼ばれ、しばらくの間ダラダラ売りが続くのが普通です。

 したがって、ウーバーに関しては、短期的には未だ下値リスクの方が大きいと思います

ウーバーのIPOは、モルガン・スタンレーらしくない
後々まで汚点を残すディールに

 ウーバーのIPOの最終的な倍率は、4倍でした。普通、安全確実に上場に持ち込むためには少なくとも10倍くらいのオーバー・サブスクリプション(=需要超過)がなければいけません。したがって、ウーバーは普通ならIPO見送りになっても仕方ないほど人気が無かったのです。

 それでも主幹事のモルガン・スタンレーは、IPOを強行しました。これは「ウォール街の王者」モルスタらしくない、後々まで汚点を残すディールでした。

ウーバーのIPO失敗の原因は、
先行して上場したリフトの不調にある!?

 ウーバーのIPOに人気が出なかった理由として、ライバルのリフト(ティッカーシンボル:LYFT)が、上場初日、寄付いた直後から一本調子に株価を下げたことを指摘する向きがあります。

■リフト(LYFT)チャート/日足・2カ月
リフト(LYFT)チャート/日足・2カ月リフト(LYFT)チャート/日足・2カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 しかしリフトの場合、当初の価格レンジを一度切り上げただけでなく、さらにその上限近くで値決めされ、上場初値はそこから更にプレミアムで寄付きました。つまり、実際に取引が開始されるまではすべてが順調だったのです。

 また、そもそもリフトの時価総額はウーバーの5分の1に過ぎず、「自分よりずっと小さいライバル企業のディールがこけたから、自分たちのディールもダメでした」というのは、リーダー企業の言い草としては「情けない!」の一語に尽きます。

 むしろ指摘されるべきことは、リフトのIPOの後で提出されたウーバーの上場書類を見ると「ウーバーの経営内容が前評判ほど良くなかった」という点こそ投資家の気持ちが急速に冷めた主因のように思います

ウーバーとリフトの経営内容を比較すると
事業規模の小さいリフトの方が高評価

 今のリフトウーバーを比べた場合、なるほど事業規模ではウーバーの方が大きいのですが、経営の内容としてはリフトの方が一枚上だと思います。

 下の二つのチャートをじっくりと比較してください。

 上のそれぞれのチャートで、利益(EPS)は本業に関係ない一時益・特別損を含んでいます。だから業績の比較のためには不適切なので無視しても良いでしょう。それよりも、「雑音」が含まれていない売上高(黄色)ならびに営業キャッシュフロー(グレー)を見比べるのが一番です。

 株価が異なるので数字の絶対値では比較できないのですが、売上高の成長の度合いを比較すると、リフトの方が遥かに急成長しています。実際、去年のリフトの売上高成長率は+103%、一方のウーバーは+45%でした。つまり、ウーバーはリフトの半分くらいのスピードでしか成長してないのです

 次に、賃走毎の粗利益のチャートをお見せします。

 つまり、リフトの方が儲かる構造になっているということです。

半年〜1年の中期的なスパンでみた場合、
ウーバーとリフトはどちらの方が有望か?

 さて、今後半年から1年の株価についてですが、私ならリフトの方が良いと思っています

 第一の理由はリフトの成長率の方が高いから、第二の理由はリフトの方が早く営業キャッシュフロー・ベースで黒字転換しそうだからです。さらに最後の理由として、リフトはすでにIPO後初の決算発表を無難にこなしていることを挙げます

 リフトとウーバーは、過去1年の売上高に対して約7倍程度の時価総額対売上高比(PSR)で取引されています。これは、IPOされたばかりの若い企業としてはリーズナブルなバリュエーションです。だから「バリュエーションが割高すぎるから、これらの株は到底買えない!」という主張には正当性はありません。

 むしろ「今後、いつ利益が出せるの?」という業績こそが株価の手がかりになるはずです。

リフトの第1四半期決算では、
売上高成長率が前年同期比で+95%に!

 リフトの第1四半期決算は、EPSが予想-10.88ドルに対し-9.02ドル、売上高は予想7.39億ドルに対し7.76億ドル、売上高成長率は前年同期比+95.4%でした。

 アクティブ・ライダー数は、前年比+46%の2050万人でした。アクティブ・ライダー当たり売上高は、前年同期比+34%の37.86ドルでした。また、2018年第4四半期と比べたアクティブ・ライダー数は+10%でした。

 リフトは、2019年が赤字のピークであり今後赤字幅は小さくなる、と発言しました。コア・ビジネスは力強く、またコスト・レバレッジが上手く効き始めています。

 コントリビューション・マージン(貢献利益)は1500ベーシスポイント改善し、50%に達しました。EBITDAマージンは3200ベーシスポイント改善し、28%に達しました。

 他社との競合・値引き合戦は緩和しており、一番の競合であるウーバーも、より理性的な競争戦略に転じてきています。

 リフトにおけるコストのコントロールは、とても上手く行っています。第2四半期のセールス&マーケティング費用比率は28%に下がる見込みです。ちなみに、去年の第2四半期は35%でした。

 またリフトは、アルファベット傘下のウェイモー(Waymo)とパートナーシップを提携しました。アリゾナ州フェニックスで、ウェイモーの自動運転車によるリフトのサービスを試験的に開始します。

 リフトは、自社にて自動運転車システムを開発するとともに、今回のウェイモーのような外部企業とのパートナーシップも進めてゆく考えです。

 リフトの第2四半期売上高は、予想7.82億ドルに対し新ガイダンス8.0億〜8.1億ドルが提示されています。修正EBITDAは、-2.8億〜-2.7億ドルが提示されました。2018年第四半期に値上げを実施した関係で、前年比較は苦しいです。

 2019年度の売上高は、予想32.5億ドルに対し新ガイダンス32.75億〜33億ドルが提示されました。修正EBITDAは、-11.75億〜-11.5億ドルが提示されました。

【今週のまとめ】
ライドシェアリング銘柄は、当面、軟調な展開になるものの
保有するならリフトがおすすめ

 ウーバーのIPOは、とんでもない失敗に終わりました。ウーバーは「自分たちのIPOが上手く行かなかったのは、リフトのせいだ!」としていますが、投資家はもっとしっかりと両社の財務諸表を見比べ、「やっぱりリフトのほうがいいね」ということを承知していると思います。ウーバーがパスされたのはそのためです。

 目先は、今後もウーバー株に投げが出ると思います。その関係でリフト株も軟調な展開でしょう

 しかし、両方ともの株式が上場された今、これからは業績だけが重要になるはずです。その点、リフトは一足先にIPO後初の決算発表を無事こなしており、安心感があります。ライドシェアリングの株は、リフト一択でじゅうぶんだと思います

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
アマゾンの業績を牽引するAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)で儲かる日本企業を狙え! 500社以上ある日本のAPNパートナー企業の中で注目の29社を紹介!

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【2019年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2019年10月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報