世界投資へのパスポート

ウーバー、リフト、ビヨンドミートなど、最近IPO
した注目株の決算を総まとめ! 決算内容からわかる
「買うべき銘柄」と「売るべき銘柄」をズバリ解説!

2019年8月12日公開(2019年8月15日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

第2四半期決算発表シーズンは、
S&P500採用銘柄のうち90%が終了

 第2四半期決算発表シーズンは、これまでにS&P500採用銘柄のうち90%が決算発表を終えました。

 これまでに発表された決算のうち、75%の会社が1株当たり利益(EPS)でコンセンサス予想を上回りました。過去5年の平均は72%なので、普段よりEPSは好調だということです

 一方、売上高では57%の企業がコンセンサス予想を上回りました。ただ、過去5年間の平均は60%なので、普段より売上高は不調でした

 なお、例年、決算発表シーズンは、大型株から始まり後半へ行くほど小型株が多くなりますので、いまちょうど小型株の決算発表が佳境を迎えているところです。

「良い決算」とは「EPS」「売上高」「ガイダンス」の
すべてが事前の予想を上回ったもの

 さて、「良い決算」とは、どんな決算を指すのでしょうか?

 ウォール街では、これに関して厳格な定義があります。1)EPS、2)売上高、3)ガイダンスのすべてで、事前のアナリスト達のコンセンサス予想を上回った決算が「良い決算」とされています

 ガイダンスとは、その企業の財務部長が決算発表時に示す「来期以降のEPS」ならびに「売上高」の予想を指します。それらのうちひとつでもコンセンサス予想を下回れば、それは悪い決算という理解になります。

 株式投資では、良い決算を出した企業の株は持ち続け、悪い決算を出した株は売ってください。

最近IPOした注目銘柄の決算内容を見ると、
3社が「悪い決算」という結果に

 最近IPOした企業に関し、今期の決算の”星取表“は下の表の通りでした。

■最近IPOした注目銘柄の決算の結果
銘柄名(コード) 決算内容
※コンセンサス予想を上回れば○、下回れば×
EPS 売上高 ガイダンス
ビヨンドミート(BYND) ×
クラウドストライク(CRWD)
リフト(LYFT)
マッチ・グループ(MTCH)
ピンタレスト(PINS)
ロク(ROKU)
シルクロード・メディカル(SILK) ×
アトラシアン(TEAM)
トレードデスク(TTD)
トゥイリオ(TWLO)
ウーバー(UBER) × なし

 つまり、ビヨンドミート、シルクロード・メディカル、ウーバーの3社は悪い決算なので「売り」、その他の銘柄は「買い」です

 1社ずつ、決算の内容を見ていきましょう。

【ビヨンドミート】
残念ながらEPSが予想を下回る

 大豆たんぱく質から代替肉を作っているビヨンドミート(ティッカーシンボル:BYND)の第2四半期決算は、EPSが予想-8セントに対して-16セント、売上高が予想5271万ドルに対して6730万ドル、売上高成長率が前年同期比+286.8%でした。

 売上高の内訳は、小売が3412万ドル(前年同期比+192%)、フードサービスが3313万ドル(前年同期比+483%)でした。フードサービスが伸びた理由は、ファーストフード・レストランなどでビヨンドミートを使ったメニューを打ち出す企業が増えたためです。

 グロス利益は2270万ドル、グロスマージンは33.8%でした。純利益は-940万ドル。ちなみに前年同期は-740万ドルでした。

 2019年度の売上高予想2.24億ドルに対して、新ガイダンス2.4億ドルが提示されました。また、修正EBITDAベースで黒字になるというガイダンスが示されました。旧ガイダンスは、修正EBITDAベースで±0でした。

 ビヨンドミートは、この決算を発表した後で325万株を1株160ドルで売り出しました。目先の注目点としては、株価がこの売出し価格を下回らないことが重要になります。なぜなら、今回の公募で初めてビヨンドミート株を購入した投資家が多いので、その水準を下回ると「しこり(含み損)」ができてしまうからです。

⇒ビヨンドミート(BYND)の最新株価はこちら!

ビヨンドミート(BYND)チャート/日足・3カ月ビヨンドミート(BYND)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【クラウドストライク】
売上げ成長のモメンタムは強い

 クラウドを通じてインターネット・セキュリティーのサービスを提供しているクラウドストライク(ティッカーシンボル:CRWD)の第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想-48セントに対して-47セント、売上高が予想9560万ドルに対して9610万ドル、売上高成長率が前年同期比+103.2%でした。

 アニュアライズド・リカーリング・レベニュー(ARR)は、+144%の3.646億ドルでした。

 期中543社の新規顧客を獲得し、総顧客数は3059になりました。

 第2四半期のEPSは予想-31セントに対して新ガイダンス-24~23セントが、売上高は予想9679万ドルに対して新ガイダンス1.03億~1.04億ドルが提示されました。

 クラウドストライクのサービスは、今急速にユーザーに浸透しており、売上成長のモメンタムは強いです。株価は新値圏にあり損している投資家が居ない状態なので、戻り待ちの売りがなく、株価は上値が軽いと思われます。
【※関連記事はこちら!】
⇒注目のITセキュリティ企業「クラウドストライク」がナスダックにIPO(新規上場)! 競合の「ズィースケーラー」も堅調なので、人気化する可能性は高い!

⇒クラウドストライク(CRWD)の最新株価はこちら!

クラウドストライク(CRWD)チャート/日足・3カ月クラウドストライク(CRWD)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【リフト】
株価は停滞しているが、決算は期待を上回る内容に

 ライドシェアリングのリフト(ティッカーシンボル:LYFT)の第2四半期決算は、EPSが予想-1.00ドルに対して-68セント、売上高が予想8.10億ドルに対して8.67億ドル、売上高成長率が前年同期比+71.8%でした。

 リフトは、6月末から一部地域で値上げを開始しました。それが乗車回数に悪影響を及ぼした形跡はありません。なお、値上げは「業界のトレンドのようだ」というコメントがあり、ウーバーも値上げしていることをうかがわせました。

 アクティブライダー数は、前年同期比+41%の1545万人でした。IPOで話題になったことが、アクティブライダー数の増加に寄与したと思われます。

 アクティブライダー当たりの売上高は、前年同期比+22%の32.67ドルでした。コントリビューション・マージン(貢献利益)は46%でした。前年同期は42%でした。

 売上高に占めるセールス&マーケティング費用は19%でした。前年同期は35%でした。セールス&マーケティング費用の中身は、インセンティブ、すなわちディスカウント・クーポンで、これは第1四半期に比べて-40%でした。つまり、値引きを止めたということです。「価格ではなくリフトのブランド力で乗客を獲得出来ている」というコメントでした。

 修正ネットロス・マージンは-23%でした。前年同期は-35%でした。

 第3四半期の売上高は、予想8.41億ドルに対して新ガイダンス9億~9.15億ドルが提示されました。これは、売上高成長率で言えば、+54〜56%の成長を意味します。売上高ガイダンスを引き上げた理由は、値上げがスンナリ受け容れられたためです。

 2019年度の売上高は、予想33.2億ドルに対して新ガイダンス34.7億~35億ドルが提示されました。これは、売上高成長率で言えば+61〜62%の成長を意味します。ちなみに、旧ガイダンスは32.75億〜33億ドルでした。

 リフトはIPOが高値で取引開始された後、株価が急落し、それ以来、上昇しあぐねています。しかし、これまでに発表された決算は、すべて期待を上回る良い内容でした。したがって、引き続き保有すべき銘柄だと思います。
【※関連記事はこちら!】
⇒「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗! “ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望!

⇒リフト(LYFT)の最新株価はこちら!

リフト(LYFT)チャート/日足・3カ月リフト(LYFT)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【マッチ・グループ】
短期的に売り圧力がかかる可能性があるので注意!

 ティンダーなどのマッチングアプリを展開しているマッチ・グループ(ティッカーシンボル:MTCH)の第2四半期決算は、EPSが予想43セントに対して43セント、売上高が予想4.89億ドルに対して4.98億ドル、売上高成長率が前年同期比+18.2%でした。

 ティンダーのサブスクライバー数は、+50.3万人の520万人でした。ガイダンスは38.4万人でした。今回の決算では、特にこのティンダーの好調が投資家に好感されました。

 第3四半期の売上高は予想5.2億ドルに対して新ガイダンス5.35億~5.45億ドルが、EBITDAは予想2億ドルに対し2億~2.05億ドルが提示されました。

 なお、マッチ・グループの株式の80%はIAC(ティッカーシンボル:IAC)によって所有されています。IACは、向こう数カ月の間に、マッチ・グループの持ち株をIACの株主に分配する決断を下す可能性があります。それは、ごく短期的にはマッチ・グループ株に売り圧力をもたらす可能性があります
【※関連記事はこちら!】
⇒デートアプリ「ティンダー」が世界中でブレイクする「マッチ・グループ」が熱い! 日本の「ペアーズ」など数多くのデートアプリを傘下に収める企業とは?

⇒マッチ・グループ(MTCH)の最新株価はこちら!

マッチ・グループ(MTCH)チャート/日足・3カ月マッチ・グループ(MTCH)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ピンタレスト】
好決算により、見直し買いが入る可能性も!

 ピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)の第2四半期決算は、EPSが予想-9セントに対して-6セント、売上高が予想2.37億ドルに対して2.61億ドル、売上高成長率が前年同期比+62.0%でした。

 月次アクティブユーザーは+30%の3億人、ユーザー1人当たり売上高は+29%の88セントでした。

 2019年度の売上高は、予想10.7億ドルに対して新ガイダンス10.95億~11.15億ドルが提示されました。旧ガイダンスは、10.55~10.8億ドルでした。

 ピンタレストがIPO後最初に発表した決算は、ガッカリさせられる内容でした。しかし、今回の決算ではピシッと良い決算が出せました。このため、ピンタレストには見直し買いが入る可能性があります。

ピンタレスト(PINS)の最新株価はこちら!

ピンタレスト(PINS)チャート/日足・3カ月ピンタレスト(PINS)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ロク】
最近IPOした小型成長株の中で、最も勢いのある銘柄のひとつ

 テレビ向けストリーミング・プラットフォームを提供するロク(ティッカーシンボル:ROKU)の第2四半期決算は、EPSが予想-20セントに対して-8セント、売上高が予想2.23億ドルに対して2.5億ドル、売上高成長率が前年同期比+59.5%でした。

 部門別売上高を見ると、プラットフォーム売上高が1.68億ドル(前年同期比+86%)、
プレーヤー売上高が8240万ドル(前年同期比+24%)でした。

 プラットフォーム売上高は、動画広告インプレッション数の増加による広告売上高の増加が寄与しました。

 グロスマージンはプラットフォームが65.4%、プレーヤーが5.5%でした。

 アクティブ口座数は3050万口座でした。これは前期比+140万口座でした。また、ストリーミング時間は94億時間でした。これは前期比+5億時間、前年同期比+72%でした。

 ユーザー当たり売上高(ARPU)は、21.06ドルでした。これは前期比+2.00ドルでした。

 第3四半期売上高は予想2.46億ドルに対して新ガイダンス2.5億~2.55億ドルが、2019年度の売上高は予想10.5億ドルに対して新ガイダンス10.75億~10.95億ドルが提示されました。

 ロクは、最近IPOした小型成長株の中で、最も勢いに乗った銘柄のひとつと言えます。したがって継続保有すべきです

⇒ロク(ROKU)の最新株価はこちら!

ロク(ROKU)チャート/日足・3カ月ロク(ROKU)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【シルクロード・メディカル】
決算は今ひとつだが、製品には将来性があるので次回以降に期待!

 シルクロード・メディカル(ティッカーシンボル:SILK)は、脳梗塞(のうこうそく)の原因となる頸動脈狭窄(けいどうみゃくきょうさく)の治療手術のための医療機器「経カテーテル頸動脈血行再建術デバイス」を販売する企業です。その第2四半期決算は、EPSが予想-27セントに対して-42セント、売上高予想が1.36億ドルに対して1.49億ドル、売上高成長率が前年同期比+92.2%でした。

 2019年度の売上高は、予想6億ドルに対して新ガイダンス6億~6.2億ドルが提示されました。

 今回の決算はEPSが予想を下回ったので「売り」だと思います。ただ、シルクロード・メディカルの製品には将来性があるので、次回以降の決算をモニターし、再びきちんとした決算が出せるようになったらその時に買い直したいと思います
【※関連記事はこちら!】
⇒脳梗塞を防ぐ画期的な手術TCARを実用化した「シルクロード・メディカル」に注目! 潜在的なニーズが大きいうえ、米中貿易摩擦の影響を受けないのも魅力

⇒シルクロード・メディカル(SILK)の最新株価はこちら!

シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・3カ月シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【アトラシアン】
前回の決算と違い、今回の決算はスッキリした内容に

 ソフトウェア・エンジニアがオンライン上でコラボすることを助けるアトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)の第4四半期(6月期)決算は、EPSが予想16セントに対して20セント、売上高が予想3.31億ドルに対して3.346億ドル、売上高成長率が前年同期比+35.7%でした。

 第1四半期のEPSは予想21セントに対して新ガイダンス24セントが、売上高は予想3.496億ドルに対して新ガイダンス3.49億~3.53億ドルが提示されました。

 2020年度のEPSは予想1.00ドルに対して新ガイダンス1.00ドルが、売上高は予想15.5億ドルに対して新ガイダンス15.4億~15.56億ドルが提示されました。

 アトラシアンの場合、前回の決算発表は落胆させられる内容でしたが、今回はスッキリした内容でした。長期で見た同社のトラックレコードはしっかりしているので、これを機に同社株を買い直したいと思います

⇒アトラシアン(TEAM)の最新株価はこちら!

アトラシアン(TEAM)チャート/日足・3カ月アトラシアン(TEAM)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【トレードデスク】
毎期コンセンサス予想を上回る「優等生」

 ウェブのプログラマティック広告のプラットフォーム、トレードデスク(ティッカーシンボル:TTD)の第2四半期決算は、EPSが予想68セントに対して95セント、売上高が予想1.55億ドルに対して1.60億ドル、売上高成長率が前年同期比+42.4%でした。

 修正EBITDAは5800万ドルでした。前年同期は3690万ドルでした。

 第3四半期の売上高は、予想1.62億ドルに対して新ガイダンス1.63億ドルが提示されました。修正EBITDAは、4500万ドルというガイダンスが示されました。

 2019年度の売上高は、予想6.5億ドルに対して新ガイダンス6.53億ドルが提示されました。修正EBITDAは、2.01億ドルというガイダンスが示されました。

 トレードデスクは、毎期、着実にコンセンサス予想を上回る決算を出しており「優等生」と言えます。引き続き保有すべき銘柄です

⇒トレードデスク(TTD)の最新株価はこちら!

トレードデスク(TTD)チャート/日足・3カ月トレードデスク(TTD)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。

【トゥイリオ】
安定して良い決算を出し続けている優良企業

 クラウド上に電話システムを構築でき、メッセージで電話認証をするトゥイリオ(ティッカーシンボル:TWLO)の第2四半期決算は、EPSが予想2セントに対して3セント、売上高が予想2.64億ドルに対して2.75億ドル、売上高成長率が前年同期比+86.1%でした。

 ダラー・ベース・ネット・エクスパンション率(ドルベースの売上げ膨張率)は+140%でした。前年同期は+137%でした。

 第3四半期のEPSは予想1セントに対して新ガイダンス1~2セント、売上高は予想2.85億ドルに対して新ガイダンス2.86億~2.89億ドルが提示されました。

 2019年のEPSは、予想12セントに対して新ガイダンス17~18セントが提示されました。旧ガイダンスは11~13セントでした。売上高は、予想11.1億ドルに対して11.13億~11.19億ドルが提示されました。旧ガイダンスは11.02億~11.11億ドルでした。

 トゥイリオも安定して良い決算を出し続けている銘柄であり、継続保有すべきです

⇒トゥイリオ(TWLO)の最新株価はこちら!

トゥイリオ(TWLO)チャート/日足・3カ月トゥイリオ(TWLO)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ウーバー】
ライバルの「リフト」に比べて見劣りのする決算に

 ライドシェアリング、レストランの出前サービスなどを展開するウーバー(ティッカーシンボル:UBER)の第2四半期決算は、EPSが予想-4.72ドルに対して-2.01ドル、売上高が予想33.2億ドルに対して31.7億ドル、売上高成長率が前年同期比+14.4%でした。

 売上高の内訳は、ライドシェアリングが23.48億ドル(前年同期比+2%)、ウーバー・イーツが5.95億ドル(+72%)、ビークル・ソリューションズが3百万ドル(-91%)でした。

 地域別売上高成長率は、米国カナダが17.76億ドル(+19%)、南米が4.17億ドル(-24%)、欧州中東アフリカが5.02億ドル(+22%)、アジア太平洋が2.76億ドル(+13%)でした。

 月次アクティブ・プラットフォーム・コンシュマーは、+30%の9900万人でした。トリップ数は+35%の16.77億回、グロス・ブッキングは+32%の157.56億ドルでした。

 コア・プラットフォーム・コントリビューション・マージンは8.2%でした。前年同期は14.7%でした。

 ウーバーの決算は、ライバルのリフトに比べるとかなり見劣りする内容でした。また売上高がコンセンサス予想に届かなかった為、多くの投資家を落胆させました。ウーバー株はすぐ処分すべきです。
【※関連記事はこちら!】
⇒「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗! “ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望!

⇒ウーバー(UBER)の最新株価はこちら!

ウーバー(UBER)チャート/日足・3カ月ウーバー(UBER)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 以上、今回は、最近IPOした注目企業の第2四半期決算をまとめましたので、参考にして下さい。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
国内プロバスケットボール「Bリーグ」の関連銘柄を紹介! 八村塁選手のNBA入団やW杯の決勝進出など、にわかに盛り上がるバスケットボール関連が狙い目!

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【2019年12月3日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2300銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ふるさと納税なら「ふるなび」!公式サイトはこちら SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 近江八幡市のふるさと納税はこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報