世界投資へのパスポート

【いよいよ今週6月23日に英国の国民投票!】
EU離脱 or EU残留で株価と経済はどうなる?
世界的な景気対策の転換点になる可能性も!

【第423回】 2016年6月20日公開(2017年11月17日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

今週6月23日(木)が英国の国民投票日
仮に離脱が決まった時の影響とは?

 今週木曜日に英国がEUを離脱すべきかどうかを直接国民に問うレファレンダム(国民投票)が実施されます。

 いろいろな世論調査では離脱派と残留派が拮抗しており、投票の行方は最後まで予断を許さない状況です。

 もし英国がEUを離脱することになると、関税をはじめとする様々な問題について、英国とEUの間で新たに取決めを結び直さなければいけなくなります。これは長い時間がかかると予想されています。

 つまり木曜日の投票で仮に離脱が決まっても、スパッと袂(たもと)を分かつという風にはいかないのです。言い換えれば新しい不確実性が生じるということです。

 会社の経営者やマーケットの参加者は不確実性を嫌います。したがって新しい不確実性が生じると企業は設備投資をしなくなるでしょうし、新規雇用を見合わせるでしょうし、投資家は果敢にリスクを取りにくくなると思います。

 それは経済の低迷を招来することになるでしょう。

 実際、英国財務省はEU離脱派が勝った場合、英国のGDPは-3.6%になると予想しています。それはリーマンショックの翌年の-4.2%にほぼ肩を並べる、酷い景気になるということです。

 また失業率は現行の水準より1.6パーセンテージ・ポイント上昇すると見られています。つまり現在5.1%付近の失業率が6.7%に跳ね上がるわけです。

 このほか平均賃金が2.8%下落する、住宅価格が10%下落すると予想されています。

EU残留が決まれば株式市場とポンドは上昇、
EU離脱になれば急落後に底をつける可能性も

 英国の株式市場やポンドは、このようなリスクをある程度織り込んでいます。したがってもしEU残留が決まれば株式市場は上昇するでしょうし、ポンドは反発すると思われます。

 逆にEU離脱となると株式市場やポンドは、さらに売り込まれるリスクもあります。ただ「これで悪材料が出尽くした」という認識から、急落したところがボトムになる可能性も否定できません。

 EU離脱のシナリオでは、不動産取引は不活発な状態が続くと思われますので、住宅ローンを提供しているロイズ・バンキング・グループ(ティッカーシンボル:LYG)やバークレイズ(ティッカーシンボル:BCS)は敬遠されるでしょう。

 一方、ロンドンの金融街シティへの影響ですが、もちろん短期的には不確実性の増加による悪影響が見込まれるものの、長期的にはシティの優位性は揺るがないと考える投資家も居ます。

イギリスのEU離脱が欧州大陸に与える影響とは?
財政出動が世界のテーマになっていく!?

 さて、もし英国がEUを離脱するとなった場合、欧州大陸の国々への影響はどうでしょうか?

 (英国が離脱するなら、我々も離脱したい)と考えるEUメンバー国も出ると予想されます。言い換えればEUの求心力が弱まると考えるのが自然なのです。

 するとドイツはEUのメンバー、とりわけ南欧諸国が離反しないよう、それらの国々をつなぎとめる工作をしなければいけなくなると予想されます。

 その場合、争点となるのは、いまギリシャなどがEUから押し付けられている財政切詰め策です。これに対しては南欧諸国には根強い不満があります。するとドイツがてっとり早くEUの求心力を高めるには、多少の財政出動を容認するということも必要になるかもしれません。

 折から米国の大統領選挙をきっかけにアメリカでも来年以降、景気対策をこれまでの金利政策に頼り切りのアプローチから財政出動に切り替えてゆくべきでは? という議論が高まっています。

 つまり主役が各国の中央銀行から財務省へシフトすることもシナリオとしてはありうるわけです。

 これは債券の価格形成にとってかなり重要なポイントです。

 なぜなら財政出動すると(1)景気が良くなる、(2)政府の財政事情が悪化する、という二つのことを通じて債券が売られやすくなるからです。

 ひょっとして(英国のEU離脱の国民投票が世界の超低金利の折り返し点だった)と言う風に後になって振り返られることになるかも知れないのです。

 このシナリオを投資に生かすには、どうすれば良いのでしょうか?

 私の考えでは、その場合は実物資産、具体的には原油、金、銀、穀物、素材などに資金が流入すると思います。

【2019年4月1日更新!】


「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上
個別株:4400銘柄以上
ETF:1400銘柄以上
ADR:約30銘柄
約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。中国株も約2000銘柄と多い。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 「三井住友カード」の最大10,000円プレゼントキャンペーン! じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン https://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

反撃の最強株95
日本株最新予想! 
人気の株主優待株

6月号4月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

 

底値で買うチャンス!反撃の最強株95銘柄】

日本株最新予想! プロ5人が日経平均を予想
・「秋までに2万4000円も」
底値買い儲けた個人投資家の(秘)テク! 
・メリハリの効いたリスク管理が重要!
・勝率よりも、伸び率で勝負!
反撃の95銘柄! 
・データで裏付け!
攻守に強い最強株
好業績株を楽々チャートで発掘 
上方修正常連
控えめ予想株
・国内で稼ぐ不景気でも強い株
・東証1部残留に賭ける崖っぷち株
10万円以下で買える連続増配株

人気の株主優待株100
・  買っていい × 買ってはダメ を辛口診断
優待株で儲ける方法&銘柄ベスト
値上がり益に的を絞る3週間勝負! 

読者の投信や運用をズバリ! 
投信のお悩み相談室

儲けている兼業トレーダーに聞く!
・毎月1万円FXで稼ぐ方法

【別冊付録・1】
実施全1495銘柄を完全収録!
 株主優待完全カタログ

オトクで楽しい優待ライフを始めよう!
初心者も安心の3ステップをチェック! 
3大ランキングでオトクな優待株を発掘!

【別冊付録・2】
・はたらくおかねの教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報