世界投資へのパスポート
2017年9月18日 広瀬 隆雄

中国の「アリババ・グループ」の決算発表を解説!
世界の株式市場でも存在感を増す中国最大級の
ネット企業が、今もっとも注力する成長分野とは?

世界の株式市場で存在感増す
中国のネット企業

 今年は、新興国株式市場が先進国株式市場をアウトパフォームしています。その中でも、ひときわ存在感を増しているのが中国のネット企業です。

 そこで今日は、中国のネット企業の中でも最大級のアリババ・グループ(ティッカーシンボル:BABA)に焦点を当てたいと思います。

「アリババ・グループ」は
アクティブユーザー4.66億人の巨大サービスを展開

 アリババ・グループは、1999年に創業された中国を代表するインターネット企業で、その株式は2014年9月からNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場されています。

 NYSEに新規株式公開された際の調達金額は250億ドルで、これは史上最大のIPOです。

 同社は、ネット上で物品を売りたい人と買いたい人を引き合わせるマーケットプレース「タオバオ」、世界のブランド企業がオンライン・ストアを開店するためのフラットフォーム「Tモール」、オンライン卸売りの「1688.com」に加え、物流ソリューションやクラウド・コンピューティングなどのサービスも展開しています。

 6月末の時点でのアクティブ・カスタマー数は、4.66億人です。

 同社の会計年度末は3月31日で、「2017年度」と言った場合、それは「2017年3月31日で〆た1年間」を指します。

 小売部門のGMV(=取扱高)は、下のチャートのように推移しています。

 現在、アリババ・グループが中国のオンライン・ショッピングに占める割合は、75%に達しています。

「タオバオ」のビジネス・モデルは
小売よりも広告に近い

 同社の中核ビジネスである「タオバオ」のビジネス・モデルは、マーケットプレースという概念です。つまり自ら商品の在庫を取り、それを消費者に販売する「小売モデル」ではなく、売り手がマーケットプレース上で買い手を獲得しやすいよう、広告などの様々なサービスを提供し、対価を受け取る、どちらかといえば「広告モデル」に近い事業形態となっています。

 同社がGMV(取扱高)と売上高をハッキリ区別しているのは、このためです。

モバイルへの移行がアリババに与えた影響とは?

 同社の売上高の中身は、実質的にはフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)と同じ広告モデルであるということは、GMV(取扱高)に占める広告売上高の比率、すなわちマネタイゼーション比率が問題になることを意味します。

 一般にモバイル広告は、スマホの画面が小さい関係で、ノートパソコンの広告より単価が低いという問題がありました。このためユーザーがノートパソコンからスマホにシフトしたとき、売上高に下方プレッシャーが働きました。これはかつてフェイスブックが経験したのと同じ問題です。

 アリババ・グループのモバイル・マネタイゼーション比率を見ると2015年は1.79%と低かったですが、2017年は3.04%へと改善していることがわかります。

 アリババ・グループの業績は、1)GMVが伸びていることに加えて、2)マネタイゼーション比率も改善しているので、それらの相乗効果から急激に伸びています。

 なお、2016年のEPSは、アリババ・ピクチャーズの一部株式の売却ならびにアリババ・ヘルスの特別利益の計上により嵩上げされています。そのような「雑音」を除いて考えるためには、営業キャッシュフローに注目した方が良いでしょう。

今後の成長分野として
ストリーミング事業に注力

 さて、アリババ・グループは最近、映画やTVドラマのストリーミング事業に力を入れています。また、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)のAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)に相当する、クラウド・コンピューティング・プラットフォーム事業にも注力しています。

 2018年度第1四半期(6月期)の同部門の顧客数は、前年比+75%の101万人で、売上高は前年比+96%の3.59億ドルでした。

【今週のまとめ】
存在感を増す中国のネット企業の中でも
リーダー的存在

 今年は、新興国株式市場が好調です。中国株は、その新興国株式市場の重要な一角です。中国の上場株に占めるネット企業の割合はどんどん増えており、アリババ・グループはその中でリーダー的な存在です。同社の業績は、リーダー企業にふさわしい確りした内容となっています。

【今週のピックアップ記事!】
増配株に投資する際に参考にすべき「指標」とは? 割安・割高の目安になる「PER」、資本効率の良さを表す「ROE」「ROA」など「指標」の使い方を解説!
「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!