個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!
2017年10月27日 ザイ・オンライン編集部

7年で100万円⇒1億円超と、資産100倍を達成した
元芸人の個人投資家・井村俊哉さんの投資術を伝授!
株価数倍を見込んで現在保有中の成長期待株も公開!

7年で資産100倍、億の資産を築いた個人投資家・井村俊哉さんの資産倍増術と、保有中の成長が期待できる株を公開!

ダイヤモンド・ザイの巻頭特集は「株で資産倍増計画」! 実際に“億超え”の資産を築いた投資家たちは、「億の資産をつくるには資産を爆発的に増やす時期が必要」と、口を揃える。実は、相場に追い風が吹くまさに今こそが、資産倍増の好機なのだ。特集では、今が好機と言える理由や、100万円から1億円を目指す投資手法、さらに、それを実現する2倍株56銘柄を紹介している。

今回はその中から、実際に資産を1億1000万円にした個人投資家で、元芸人という異色の経歴を持つ井村俊哉さんの資産倍増術を紹介。7年で資産100倍を達成できたワケと、投資方針、今保有している銘柄も教えてもらった。

「成長株」への集中投資で、資産を一気に拡大することに成功!

 「最初に資産が大きく増えたのは、2011年から2012年に買った『インフォマート(2492)』のおかげ。飲食店と卸売業者をウェブでつなぐ受発注システムを運営する会社で、ビジネスモデルと利益率の高さに惚れて、資金の7割を投入。結果、株価が2年半で10倍になり、資産を数百万円から数千万円まで持って行ってくれました」

 そう語るのは、元芸人の個人投資家・井村俊哉さん。2017年の春まででデイトレからは引退したが、以前は短期売買が中心だった。中長期での成長株への投資をメインに切り替えた2017年も、9月末の段階で70%資産を増加させている。

 「億の大台に連れて行ってくれたのは、SNSのビジネス活用を支援する『アライドアーキテクツ(6081)』。買値から約2.5倍で利益確定しましたが、それが2017年の利益の約半分。『いきなり!ステーキ』が好調の『ペッパーフードサービス(3053)』も3倍になりました」

 「ペッパーフードサービス」は、買いの判断をした時点で、第1四半期の粗利が5割以上伸びて、月次の既存店売上も好調だったため、安心感があったという。外食は参入障壁が低いが、同社にはライバルが出てこない。肉ブームや糖質制限ブームも追い風で、成長を確信できたとのことだ。

不調の銘柄を外し、好調な株を選べば劇的に成績が改善!

 ここまでのところでもわかるように、欲しいと思った銘柄に集中投資するのが井村流。

 「上場している約3600社のなかで、ナンバー1の銘柄に資金を全部突っ込むのが理想です。資金の5割以上で1銘柄を買うこともあります。好きなのは成長株で、成長の源泉である売上が30%程度伸びている銘柄に注目。次に、損益計算書で粗利も30%伸びていればOK。粗利が伸びていないと、利益率の低い仕事をとっている可能性があるからです。割安度は、基本は売上の伸び率よりPERが低ければ割安と判断。ビジネスモデルで、この伸びが続くかを考えます」

 これから資産を大きく増やしたい人にはこうアドバイスする。

 「ポートフォリオを野球チームだと考えると、塩漬けになる不調の選手はいらない。ベンチに買いの候補を何十銘柄か待機させておき、打席に出すのは本当に調子のいい数銘柄。これで劇的に成績が改善するはずです。あとは、自信のある銘柄を見つけたら、資金を集中。10倍と言わないまでも、数倍になれば上出来です。難しいですが、これを繰り返せれば1億円を目指せるはずです」

 そんな井村さんが現在保有している銘柄の一つが「GameWith(6552)」だ。

 「GameWith」は、国内最大級のゲームメディアを運営する企業。2017年のIPO銘柄だが、9月末に出てきた第1四半期の売上高は2.5倍、営業利益は5倍と急成長している。大口の受注があり、次の決算も成長が続くかに注目だ。平成生まれの才気ある今泉社長に期待がかかる。

(※関連記事はこちら!)
⇒資産1億円超の投資家3人が「サラリーマンでも1年で資産倍増」できる極意を伝授!「資産倍増」を可能にする売買ルールや銘柄選び、2018年の大化け株とは?