株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2017年11月24日 ザイ編集部

割安な「増配成長株」を見つける銘柄発掘法を紹介!
無煙ロースターで世界シェア1位の「SHINPO」など
5年後の配当予測から見て「割安」な高成長株に注目!

割安な「増配成長株」を発掘する方法! 「配当の伸び」から算出した「新理論株価」に注目して、高成長株の中から割安な株を見つけよう!

ダイヤモンド・ザイは3カ月ごとに全上場銘柄の理論株価を掲載しているが、ダイヤモンド・ザイでは通常とは異なる方法で2つの「新理論株価」を算出し、そこから導き出した「割安な株」を特集! 「利益の伸び」と「配当の伸び」で算出することによって、株価の見た目の割安・割高に惑わされずに儲かる株を発掘する方法を紹介している。

今回はその中から、「配当の伸び」から算出した「新理論株価」と、そこからわかった増配成長株を抜粋して紹介しよう!
【※「増配」ニュースはこちらでチェック!】
配当【増配・減配】最新ニュース!「配当」の変更情報や利回りをまとめて紹介!

PERが高くても割安な株がある!

 世界的に著名なヘッジファンドで運用を行なっていたリンクス リサーチの山本潤さんは、成長性から見て、割安な株を買い、割高だと思われる株を売る、ロング・ショート戦略で長期にわたり好成績を上げてきた。その割安、割高を判断するのに利用するのが「配当割引モデル」という理論株価だ。

 「株価が割安かどうかを判断する指標として一般的なのは、PERやPBRですが、これは直近の業績予想など、ある1点の利益や財務から計算されたものです。しかし、数年後の利益まで考えると、低PER株よりも、高PERの株のほうが割安だというケースもあります。今の株価が真に割安かどうかは、将来の利益を考慮するべきです」

 また、株式市場では、3年後くらいまでの将来予想が織り込まれているので、「今の株価が割安かどうかは、5年先くらいまでの利益予測から考えるべきです」と指摘する。

 以前の記事で紹介した「利益の伸び」から算出した新理論株価とは異なり、今回紹介する「新理論株価」はアナリストが企業の将来性などを考慮し、利益予測をして、それをもとにした配当予測から導き出している。なぜ「配当の伸び」をもとに算出するのだろうか?
【※関連記事はコチラ!】
⇒日本株が好調な今でも「割安な株」を見つける方法!利益の成長率から算出した「新理論株価」を使って「オンリー」など中長期で上昇する銘柄を発掘!

 「株主にとって、株を保有することで確実に得られるのは配当だからです。配当割引モデルは、その株を持ち続けた場合に将来支払われる配当を評価したものです」

 計算方法は、「5年後の配当÷TOPIXの配当利回り(約2.0%)」となる。今後5年間は高い成長が期待できるが、その後は、市場平均並みの成長率になる、という前提に基づいている。現在の配当と5年後の配当にはギャップがあり、その配当の成長性を評価する、というわけだ。

 「企業の成長性に特に注目し、将来価値を算定しました。成長性が高い株なら、長期保有すればTOPIXよりも高い配当の成長が享受できます。その配当成長がいずれ評価され、長期で持てば株価は上がるという理論なんです」

 ダイヤモンド・ザイでは、山本さんをはじめとした凄腕のアナリストが、事業の将来性が高く、売上高や利益が順調に伸び、それに合わせて、配当を積み上げていくことができる増配成長株を選抜している。その中には売上高営業利益率が高い銘柄が多い。なぜなら利益率が高い企業のほうが、実は将来予測がしやすいからだ。

 「利益率が高いということは、他社がマネできない技術などを持っているので、価格競争に巻き込まれていない可能性が高い。こういった企業は長期にわたって着実に成長を続けられるのです。」(山本さん)

 ダイヤモンド・ザイに掲載している21銘柄の中から、ここでは「SHINPO(5903)」をピックアップして紹介しよう!
【※「増配」ニュースはこちらでチェック!】
配当【増配・減配】最新ニュース!「配当」の変更情報や利回りをまとめて紹介!

配当の伸びから算出した新理論株価で発掘した銘柄、
「SHINPO(5903)」をチェック!

【どんな企業?】
SHINPO」は世界で初めて、無煙ロースターを開発し、現在も世界シェアトップの企業。無煙ロースターの製造・販売をはじめ、店舗設計や空調システム設計なども行い、なかでも臭気と煙を解決するシステム提供といったメンテナンス事業が好調だ。海外主要市場の安全認証規格対応の製品開発を完了し、今後は東南アジアを中心に販売拡大を狙っている。

【これからも強い理由は?】
 肉の部位別や食べ方に合うワインを提供するなど、新しい食文化が広がっており、国内の焼肉店は増加中。一方、「炒める」「蒸す」「煮る」が基本の中国では、「焼く」調理法が歴史上初めて広がっており、焼肉が大都市の高級店を中心に流行しはじめていることも、「SHINPO」の成長の追い風となりそうだ。

【「SHINPO」の新理論株価をチェック!】
 中国を中心としたグローバル展開に期待ができるため、5年後には50%の営業増益が可能。会社予想の今期配当12円は保守的で18~20円は期待でき、中国を中心とした海外展開で、5年後の配当は40円までの増配が十分可能と算出された。