株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2019年8月26日 ザイ編集部

第1四半期決算が好調な“業績加速株”の3銘柄を紹介!
五輪特需に期待の「空港施設」、海外で高成長している
「カルビー」、進捗率が高い「NSW」などの株価に注目

第1四半期の業績が前年同期より明らかに好調な「業績加速株」の中で、アナリストが注目する3銘柄は「空港施設(8864)」「NSW(9739)」「カルビー(2229)」!

発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、「最新決算でわかった好スタート株12」を掲載! 2019年7月には、2020年2月期決算の企業や3月期決算の企業の多くが、第1四半期(4~6月期)の決算を発表した。この特集では、主要銘柄の第1四半期決算の結果を速報で伝えるほか、その結果を踏まえてアナリストが下した「強気」「中立」などの投資判断も掲載。また、第1四半期決算の結果から、増収増益で営業利益率もアップした「業績加速株」や、増収増益で業績の進捗率も高い「高進捗率株」をピックアップし、先行きが不透明な相場でも上昇が期待できる“好スタート株”として紹介している。

特集では、注目すべき「業績加速株」を6銘柄、「高進捗率株」を6銘柄取り上げているが、ここでは「業績加速株」を3銘柄抜粋! 中長期で持てる投資対象を探している人は、参考にしてほしい!

2019年の秋の相場は「米中貿易摩擦」や「消費税の増税」など
リスク要因が多く、銘柄の見極めには慎重になるべき!

 米中貿易摩擦による影響で、2020年3月期は「減益」の見通しの上場企業が多い。外需企業を中心に、アナリストの業績予想の下方修正が相次ぐなど期待値は低く、株価も調整が続いていた。

 一方で、市場のメインシナリオは、2019年の後半から景気が回復に向かうというもの。そのため、フィスコの小林大純さんは、「第1四半期決算では、本当に業績が底入れするか、さらなる下ブレリスクが現れないか……に注目が集まっていました」と話す。

 それでは、2019年7月以降出揃ってきた、2月期、3月期決算企業の第1四半期決算はどうだったのか。たとえば、設備投資の減速が危ぶまれていた「ファナック(6954)」は、5割近い減益。半導体関連の「東京エレクトロン(8035)」は約4割の減益に沈んだ。だが、両社とも決算発表直後の株価は反発。下ブレリスクの織り込みがすでに進んでいたため、「ちょっと悪い程度までなら、株価は下がらない」(マネックス証券の益嶋裕さん)という結果になったのだ。

これからの相場にはリスク要因が多い

 よって、2019年の後半以降の景気回復を見込んで、景気敏感株への投資を検討するのは“アリ”だろう。ただ、「今後については、実はリスクが相当残っていると思います。米中貿易摩擦の継続や世界経済の低迷の懸念があり、相場のさえない動きが続く可能性もあります」(益嶋さん)。

 8月1日には、米トランプ大統領が中国に対する追加関税の第4弾を発表。グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博さんは、「今回はスマホやゲーム、衣料品などの一般消費財に関税が広くかかるため、米・中双方の経済に大きく影響する可能性があります」と指摘する。さらに、10月の消費税の増税による影響も軽視はできない。つまり、これからはリスク要因の多い相場環境が続きそうなのだ。

 このような環境下では、一体どんな株に狙いを定めればいいのか。ダイヤモンド・ザイ10月号では、先行きが不透明な相場でも伸びそうな銘柄として、「業績加速株」「高進捗率株」の2種類を紹介している。今回は、そのうちの「業績加速株」の定義と、注目銘柄を3つ抜粋してみよう。

第1四半期が増収増益で、営業利益率も昨年より伸びており、
なおかつ増税の影響を受けにくい「業績加速株」を狙え!

 まず「業績加速株」とは、第1四半期が増収増益で、昨年の第1四半期と比べて営業利益率もアップした株を指している。業績が足元で好調さを増している状態と言えるため、今後の成長継続に期待が持てる株だ。

業績加速株に注目しよう!

 ただ、こうした条件を満たしても、前期の大幅減益の反動や、一時的な利益の計上で、利益率が上がって見える場合もある。「不動産」や「製薬」「証券」など、一過性の利益の影響や業績の振れ幅が大きい企業は、業績が安定して伸びているかをチェックしたほうがいいだろう。

 また、10月に消費税の増税が控えているが、大切なのは今後も成長が続けられるかどうかだ。益嶋さんは、「厳しい業績が見込まれる外需系と比べて、内需系はまだまだ業績が好調な企業も多い。さらにその中でも、消費増税の影響を受けにくい銘柄を狙うのがいいでしょう」と指摘。

 ここからは、以上の条件を満たした注目の「業績加速株」を3銘柄紹介する(※注目銘柄のコメントはマネックス証券の益嶋裕さん、フィスコの小林大純さん。データは2019年8月2日時点)。

「業績加速株」の中でも注目は
「空港施設」「NSW」「カルビー」の3銘柄!

 まずは、羽田空港を中心に不動産の賃貸を手掛ける「空港施設(8864)」。

 「空港施設」は、2018年に取得した京都のホテル事業が好調で、第1四半期は3四半期ぶりに増益に転換。営業利益の進捗率は29%超で、上方修正も期待。2020年の東京オリンピックも追い風となる中、PER、PBRともに非常に割安だ。

 2つ目は、独立系のシステム開発会社である「NSW(9739)」。

 「NSW」の第1四半期の営業利益は、前年同期比で約65%増と絶好調。業績は下期偏重のため進捗率は20%程度だが、前年同期の進捗率は14%で、今期の高進捗が目立つ。業績の上方修正にも期待。

 最後は、スナック菓子で国内トップの「カルビー(2229)」。

 「カルビー」は、好調な海外事業が業績を牽引し、特に中国のEC販売が好調だ。国内事業も、子会社売却の影響を除けば実質的には増収。堅実な国内と高成長期待の海外というバランスで、今後も着実な伸びに期待が持てる。

大特集は「最強日本株」! 副業トレードやポイント投資情報も!
ダイヤモンド・ザイ10月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ10月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ10月号の「最新決算でわかった好スタート株12」から、「業績加速株」の注目銘柄を3つ抜粋して紹介した。特集では、ほかに3つの「業績加速株」を取り上げているほか、おすすめの「高進捗率株」も6つ挙げている。いずれも、不透明な相場環境でも期待できる銘柄なので、誌面でぜひチェックしてみてほしい!

 なお、ダイヤモンド・ザイ10月号の大特集は「【最強日本株】2019年・夏の陣」! 波乱含みの相場環境でもアナリストなどのプロが有望視している銘柄を、「10万円株」「5万円株」「高配当株」「大型株」「新興株」「10倍株」といったジャンルに分類して、たっぷり紹介している。

 ほかにも、「忙しいサラリーマンの副業トレード術」「そろそろ仮想通貨をはじめよう」「毎月分配型投信100本の利回り」「老後のおかねの設計図を作ろう」「どうなる⁉ 日経平均株価の採用銘柄」「10月からの消費税増税後はどうなる⁉」など、今月もお役立ち情報が満載!

 別冊付録は「元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資を徹底調査」。クレジットカードの利用などで貯めたポイントを活用して投資をする方法を、基礎的なところから解説。運用&投資できるポイントの種類や、編集部おすすめのポイントなども紹介しているので、ポイントの有効活用に興味がある人なら必見! また、本誌の人気連載「恋する株式相場!」でも、マンガでわかりやすくポイント投資について解説しているので、併せてチェックするのがおすすめだ。

 ダイヤモンド・ザイ10月号は、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!