NISA口座の比較&活用術
2019年11月3日 ザイ・オンライン編集部

2019年の「NISA」枠が残っているなら「高配当株」が
狙い目! アナリストのおすすめは“10万円以下”の
少額で買える「五洋建設」や「センコーグループHD」

NISA(少額投資非課税制度)で買いたい、おすすめの「高配当株」は、10万円以下で投資できる「五洋建設(1893)」と「センコーグループホールディングス(9069)」!

発売中のダイヤモンド・ザイ12月号は、特集「NISAの【買い】と【売り】の年末戦略」を掲載。締切が迫る2019年のNISA枠を有効活用するためのポイントや、まもなく非課税期間が終了する「2015年のNISA枠」で投資した金融商品の出口戦略、これからNISAで買うべき注目銘柄なども紹介している。

特集では、NISAで買うべき株を「高配当株」「安定成長株」「大化け期待株」「少額で買える株」の4つのカテゴリーに分類して紹介。今回は、「高配当株」のカテゴリーで、アナリストなどのプロが注目した2銘柄を抜粋してみよう!
【※関連記事はこちら!】
「NISAに最適な証券会社」や「NISAで人気の銘柄」などの最新情報を公開中!【NISA口座おすすめ比較】

“出口”を見据えて買うなら、常に一定のニーズがあり、
値下がりのリスクが低い「高配当株」などが狙い目!

 これからNISA(少額投資非課税制度)で株を買うなら、「5年後」を意識して銘柄を選ぶ必要がある。NISAの非課税期間は5年間。これまでは、非課税期間終了後も5年間のロールオーバー(非課税期間の延長)が可能だったが、現段階では2023年でNISAの制度は終了予定。そのため、2019年のNISA枠で投資した分(2023年末に非課税期間が終了)からは、ロールオーバーができなくなるからだ。
【※関連記事はこちら!】
2015年分のNISA投資枠は年内に非課税期間が終了!「ロールオーバー・課税口座への移管・年内の売却」という“3つの選択肢”のメリット・デメリットを解説!

 つまり、非課税期間が終了する年の年末までに、売却か、課税口座への移管を選ぶことになる。不利な条件で売却、ないし課税口座への移管をする羽目にならないように、投資する時点で5年後を意識することが重要なのだ。

 そこで、真っ先に候補に挙がるのが「値下がりのリスクが相対的に低い銘柄」ということになる。代表的なのが「高配当株」だ。配当が欲しい投資家の「買い」が常に一定量あるため、それが支えになって株価が底堅い。加えて、配当利回りはさほど高くはないが、売上高や利益が着実に伸びている、あるいは景気変動などの影響を受けにくく、業績のブレが少ない「安定成長株」も注目だ。

 逆に、株価が数倍になるような「大化けが期待できる銘柄」をNISAで買う、という考え方もある。儲けが大きいほど、利益が非課税というメリットも大きくなるからだ。こちらは値下がりのリスクもそれなりにあるので、5年を待たずに利益確定することも考えるべきだろう。

 また、NISAの残り枠を使う場合、「少額で買える」こともポイントになる。120万円の投資枠は別に“使い切らなくてはならない”ものではないが、少額で買える株なら、銘柄やタイミングの分散もしやすい。資金が少ない人にもオススメだ。

注目は、成長と増配を続ける海洋土木の大手「五洋建設」、
安定成長ながら割安水準の「センコーグループホールディングス」

NISAの非課税メリットを最大限享受しよう!

 ここからは、上に挙げた4つのカテゴリーの中から、「高配当株」のカテゴリーで注目の銘柄を紹介していこう。

 NISAでは、値上がり益だけでなく、配当にかかる税金もゼロになる。配当狙いの投資でもメリットは大きい。ただし、配当利回りだけに目を奪われず、業績もいい銘柄を選ぶのが重要だ。配当の源になるのは、企業が稼ぎ出す利益。業績が悪化すると配当が減らされ、株価も下落する可能性が高い。逆に、しっかり稼いでいる企業なら、減配のリスクは小さい。

 当期利益のうち、どのくらいの割合を配当に回しているかを示す「配当性向」もチェックしよう。配当性向が高い銘柄ほど、株主に還元していることになる半面、利益が縮小し、ギリギリのところで配当額を維持しているため、配当性向が高まっている場合もある。そのときの業績が好調でも、悪化したときに配当を維持する余力がなくなって、減配される心配もある。利益の伸びなどにもよるが、判断の目安として、配当性向50%以下なら安心感が高いと言える

 ダイヤモンド・ザイ12月号では、過去の実績で増配傾向にある、もしくは配当を安定維持しており、業績面の不安も小さい銘柄を、14銘柄選んでいる。多くは配当性向30%程度で、今後の増配も十分期待できる。また、PER(株価収益率)などの指標面でも割安なので、高配当に加えて株価の上昇余地も大きい。ここでは、そのうちの2銘柄を抜粋しよう。

<※銘柄選定は、西村公佑さん(クォンツ・リサーチ)、戸松信博さん(グローバルリンクアドバイザーズ)、平野憲一さん(ケイ・アセット)、藤根靖晃さん(TIW)、和島英樹さん(ラジオNIKKEI)。株価などは2019年10月4日時点>

 まずは、配当利回りが3.44%で、最低投資額が6万円台の五洋建設(1893)

 五洋建設は海洋土木の最大手。今期は9期連続の増収、7期連続の営業増益で、売上高と各利益が過去最高を更新の予想。第1四半期の営業利益の進捗率が27%と、足元も順調だ。業績拡大に合わせて増配を続け、高い配当利回りを維持している。建設業界については、東京オリンピック後の減速が市場で懸念されているが、東北地方の復興や国土強靭化関連工事での需要が大きい。海外でも強みと実績を持ち、ODA(政府開発援助)による港湾などのインフラ整備工事で、高水準の受注が維持される見込みだ。

 続いては、配当利回り3.10%で、最低投資額8万円台のセンコーグループホールディングス(9069)

 センコーグループホールディングスは、企業向け物流の大手。チェーンストア、食品、ファッション、住宅、医療・介護など幅広い業界に対応し、物流センターの運営や海外物流も手掛ける。独自の高度なITシステムで、顧客の物流を最適化できるのが強み。業績は16期連続増収、3期連続の営業増益見込みと安定成長を続け、配当も増加傾向。今期も販売数の拡大や料金改定、物流センター開設の効果などで業績は順調に推移している。株価の値動きは緩やかで、長期では上昇トレンドだが、短期的にはやや押し目の形で、PERも10倍程度と割安だ。

 ここまで、2つのNISAで買いたい高配当株を紹介した。なお、NISAで高配当株を買う際には、注意点がある。配当の受け取りで、銀行口座への振り込みや郵便局での現金受け取りを選択していると、NISAでも配当に課税されてしまうのだ。必ず、配当は株を買った証券会社で受け取る「株式数比例配分方式」を選択しよう。「登録配当金受領口座方式」や「配当金領収証方式」になっている人は、権利確定日までに変更を。

 また、配当への課税は、支払開始日が基準になる。12月末権利確定の株の場合、配当の支払いは3月だ。購入して5年目の株で、配当の支払開始日が翌年だと、ロールオーバーしない限り課税される。2015年に投資した人はこれも要チェックだ。
【※関連記事はこちら!】
「NISAに最適な証券会社」や「NISAで人気の銘柄」などの最新情報を公開中!【NISA口座おすすめ比較】

大特集「ずーっともらえる【株主優待】130」!
ダイヤモンド・ザイ12月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ12月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の特集「NISAの【買い】と【売り】の年末戦略」から、今年のNISA枠を無駄なく使うために、注目したい「高配当株」を2銘柄紹介した。誌面では、ほかにNISAで買いたい「安定成長株」「大化け期待株」「少額で買える株」も紹介しているので、併せてチェックしてほしい。

 また、ダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は、「ずーっともらえる【株主優待】130」! 株主優待株をいろんな角度で分析、採点して、株主優待を廃止・改悪するリスクが低い「10年続く株主優待株」のランキングを発表。さらに、株主優待株メインで投資する個人投資家の座談会や、多くの株主優待株を分析してわかった、「株主優待の廃止・改悪を避けるための3つの注意点」なども紹介している。

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ12月号は、新連載の「AKB48武藤十夢のわくわくFX生活」や「気になる銘柄&商品……今から買って大丈夫?」「実績と適正度のダブルでチェック! 長期で安心の分配型投信11」「人気の毎月分配型100本の『分配金』速報データ」「定年退職までのロードマップ【番外編】シニア限定の割引サービス40連発!」「かんぽって何が問題? 郵政ブランドはなぜ地に落ちたのか」など、今月もお得な情報が充実!

 ダイヤモンド・ザイ12月号は、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!