株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2020年1月29日 ザイ編集部

“大型株”でもテーマ性があって業績拡大&株価上昇が
見込める「安定株」2銘柄を紹介! アナリストの注目
は「日本電産」と「伊藤忠テクノソリューションズ」

すでに時価総額が大きい「大型株」の中で、今後も安定的な業績拡大が目指せる「安定株」を2銘柄紹介! アナリストが支持するのは日本電産(6594)伊藤忠テクノソリューションズ(4739)

ダイヤモンド・ザイの大特集は、「2020年の【最強日本株】」! 2020年に値上がりしそうな注目株を「5万円株」「高配当株」「10倍株」「株主優待株」「安定株」「IPO株」といった部門別に紹介するほか、アナリストなどのプロ25人による日経平均株価の値動き予測や、2020年の注目イベントを考慮した、投資戦略の立て方も取り上げている。

今回はこの特集から、アナリストが選んだ「安定株」を2銘柄紹介! 安定株とは“時価総額が大きい大型株の中でも、事業環境が非常に良好で、今後も安定した業績の拡大が期待できる銘柄”のこと。株価の乱高下に一喜一憂せず、長期でじっくり投資したい人は、ぜひチェックを!

「次世代技術」を幅広く展開する力を持った日本電産、
通信インフラの本命・伊藤忠テクノソリューションズをチェック!

 時価総額が大きい大型株には安心感があるが、すでに成熟しきって業績に打ち止め感があると、投資をしても旨みが少ない。どうせなら、大型株であっても、安定的な業績拡大を望める銘柄を狙っていきたいところ。ダイヤモンド・ザイでは、事業環境が非常に良好で、今後も安定した業績の拡大が期待できる銘柄を「安定株」と名付けて、12銘柄をピックアップ。各銘柄を「オリンピック選手」になぞらえて、「攻撃力(成長度や予想ROEなど)」や「防御力(割安度、利回りなど)」といった“選手データ”を掲載し、それぞれの力量やアナリストからの人気度により、各銘柄を「金メダル」「銀メダル」「銅メダル」などとランク付けしている。今回はその中から「金メダル」と「銀メダル」の2銘柄を抜粋しよう!(※銘柄分析はアナリストなど専門家25名が担当。株価などのデータは2020年1月6日時点)

 「金メダル」に輝いたのは、精密小型から超大型まで、あらゆる種類のモーターを手掛ける世界トップの総合メーカー・日本電産(6594)だ。

 2020年は、企業の老朽システムの更新や、通信速度の向上でデータ処理量が増えることから、IT関連の需要が高まると予想される。そんな環境下で、日本電産は「次世代ブレーキモーター、センサーユニット、ロボット関連など、将来性のある事業展開が、長期的な投資意欲を掻き立てる」と、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博さんは見る。

 また、2020年は「自動車業界の再編の活発化」も予想されている。DZHフィナンシャルリサーチの小松弘和さんは、「日本電産は、活発なM&Aで業容を拡大してきた。自動車業界では、次世代技術をにらんで垣根を超えた提携が進む。企業買収の目利き力に定評がある日本電産の動向は、注目の的」と分析する。
【※関連記事はこちら!】
2020年・新春の相場で注目したい「大型株」を2銘柄紹介! ZOZOやLINEとの連携で注目されるZホールディングスや、構造改革が進むLIXILグループに注目

 接戦の末、惜しくも「銀メダル」となったのは、伊藤忠テクノソリューションズ(4739)だ。

 伊藤忠テクノソリューションズは、伊藤忠系のシステムインテグレーター。企業のIT投資が積極化する今、伊藤忠テクノソリューションズを「今年の本命銘柄」(フィスコ・馬渕磨理子さん)といった具合に、高く評価するアナリストも多かった。

 伊藤忠テクノソリューションズは大手通信キャリアとも取引があり、「2020年は通信インフラの受注増加を期待。クラウドも通信の高速大容量化が進むので、『クラウド関連銘柄』である同社の業績は、今後も好調に推移しそう」と、経済ジャーナリストの和島英樹さんは分析する。

 また、キャッシュレス化でデジタル投資に注力する流通・小売業からの引き合いも強いことから、「流通業や自治体でも、情報関連の投資が活発化。ITアウトソーシングの拡大も追い風になる」と、フィスコの馬渕さんは見ている。
【※関連記事はこちら!】
配当利回りが高くて、増配も期待できる「高配当株」2銘柄!“累進配当”で減配リスクが低い「三菱商事」、“10期連続増配”を達成している「オリックス」に注目

2020年に値上がりが期待できる「最強日本株」を紹介!
ダイヤモンド・ザイ3月号をチェック!

ザイ3月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイの大特集「2020年の【最強日本株】」から、アナリストが高く評価する「安定株」を2銘柄抜粋した。誌面では、ほかにも注目の10倍株を10銘柄紹介。加えて、「5万円株」「高配当株」「株主優待株」「10倍株」「IPO株」などの部門でも、有望株をたっぷり紹介しているので、誌面も併せてチェックを!

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイは「スマホやパソコンでラクラク作成【確定申告】(2020年最新版)」「2020年こそ株デビュー!」「コストや分配金のギモンが丸わかり! 投信入門」「ネット証券の手数料を徹底比較!」「定年退職までのロードマップ~退職金専用の定期預金って?~」「早期退職優遇がいま増えるワケは?」など、お得な情報が盛りだくさん!

 また、別冊付録は「メルカリ&ラクマ大研究」! メルカリとラクマは、初心者でも簡単に不要品を売買できることで話題のフリマアプリ。この付録では、初心者向けに始めるときの手順や、上手に活用するコツなどを紹介しており、今後、不要品を断捨離しながらお小遣い稼ぎをしたい人なら必見だ!