ダイヤモンドZAi最新記事
2020年3月30日 ザイ編集部

「自転車保険」の選び方&おすすめ商品をタイプ別に
解説! 東京都でも加入が義務化される「自転車保険」
の保険料や補償内容、賠償金額などを調査して比較!

楽天ブックスで買う
amazonで買う

2020年4月から東京都でも加入が義務化される「自転車保険」はどう選べばいいのか? 10商品の保険料や補償内容、賠償金額などを調査して比べてみた!

ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から、「自転車保険」に関する記事をピックアップ!

自転車で事故を起こして相手にケガを負わせると、多額の賠償金を課されることがある。そんなリスクを回避するために加入の義務化が進んでいるのが「自転車保険」だ。この4月からは、ついに東京都でも義務化の運びに。しかし、人によっては「自転車保険」が不要なケースもある。知らずに「自転車保険」に入ると、補償がダブって保険料のムダ払いにつながるので要注意だ。ここでは、「自転車保険」が不要なケースを紹介するほか、おすすめの保険をタイプ別に10商品紹介。自分や家族が自転車に乗っているなら、参考にしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
自転車保険(個人賠償責任保険)にお得に加入できるクレジットカードの保険料や補償を比較【2020年版】自転車保険の義務化でおすすめのカードはコレだ!

2020年4月から東京都でも「自転車保険」の加入が義務化
ただし「個人賠償責任補償」に加入しているなら不要!

 2020年4月1日から、東京都で「自転車保険」への加入が義務付けられる。すでに神奈川県や京都府など12の自治体で義務化されており、今後もこの流れは全国に広がっていきそうだ。

 自転車事故を起こした人は、多大な金銭的負担を負うリスクがある。過去には、自転車に乗っていた小学生が歩行者に大ケガを負わせてしまい、保護者に対して1億円近い損害賠償金の支払いが命じられた事例も。もちろん、1億円まではいかなくても、数十万~100万円程度の賠償金が発生する事例はザラにある。そのため、「自転車保険」に加入しておくことは、自分や家族を守ることにつながるのだ。

 とはいえ、「保険に加入することで、新たな固定費がかさむのがイヤだ」という人は多いだろう。しかし、「自転車保険」は月額保険料100円~と、比較的気軽に加入できるものが多い。

 また、場合によってはわざわざ「自転車保険」に加入しないで済むこともある。そこで、ここからは「自転車保険」が不要なパターンを解説するとともに、「自転車保険」の選び方のコツや、目的別でおすすめの保険を紹介していこう。

東京都で加入が義務付けられる「自転車保険」は、
「他人にケガを負わせた」場合の個人賠償責任補償

 まずは、「自転車保険」の“補償の範囲”を整理しておく。以下の図は、「自転車保険」でカバーしている補償の範囲を大まかに4つに分類したものだ。

 ご覧のとおり、「自転車保険」のおもな補償内容は(1)他人のケガに対する補償(2)他人のモノの破損に対する補償(3)自分のケガに対する補償(4)自分のモノの破損に対する補償となっている。このうち「自転車保険」として加入が義務付けられるのは(1)の補償のみだ

 なお、(1)と(2)を補償するのが「個人賠償責任補償」と呼ばれるもので、名前を聞いたことがある人も多いかもしれない。「個人賠償責任補償」は、「自動車保険」や「火災保険」などに特約で付けたり、クレジットカードに補償を付帯させたりすることができる。もし、何らかの形で「個人賠償責任補償」を付けている場合は、新たに「自転車保険」に加入する必要はないことは知っておきたい。
【※関連記事はこちら!】

「自転車保険」の加入義務化は、クレジットカードに自動付帯する「個人賠償責任保険」でも対応できる!しかも、未成年の子供や配偶者なども補償の対象に!

 「個人賠償責任補償」に加入していないのであれば、改めて「自転車保険」を検討する必要がある。そこで、ダイヤモンド・ザイでは「保険料が安い」「コンビニで入れる」「75歳以上も入れる」「クレジットカードで加入できる」という4つのタイプ別に、おすすめの「自転車保険」を10商品セレクトした。いずれも「賠償額1億円以上」という条件をクリアしているものに絞っている。

タイプ別におすすめの「自転車保険」10商品を紹介!
保険名 保険料
(月額)
家族※1 賠償(①+②) 入院(③)
示談 手術(③)※2 通院(③)





LINE
自転車ライフ安心保険​
100円 1億円 2000円/日
な し な し
【概要】保険料が最安。保険料を安く抑えたい人におすすめ。支払いはLINE Payかクレジットカードのみ。
サイクルベースあさひ
サイクルパートナー
170円 × 2億円 2000円/日
な し な し
【概要】保険料が安い割に、相手への補償は最大2億円と高額。ただし、家族が起こした事故は補償されない。







ローソン
自転車保険お手軽プラン
240円
(年払いのみ)
無制限 1500円/日
7500円
1万5000円
な し
【概要】相手への補償が無制限なので高額な賠償金を請求されても安心。店頭でなら現金払いができる。
セブン-イレブン
自転車保険
お一人様プラン(本人型)
333円 3億円 4000円/日
2万円
4万円
な し
【概要】相手への補償が3億円と高額。支払いは現金またはnanaco。コンビニなので24時間365日加入できる。
ファミリーマート
自転車向け損害保険
248円
(年払いのみ)
3億円 4500円/日
2万2500円
4万5000円
な し
【概要】保険料が安い割に補償の内容が充実。
75






全日本交通安全協会
サイクル安心保険プランA​
103円 1億円 な し
な し な し
【概要】年齢制限がなく格安で加入できる。自分や家族の入院補償も付けたければ、プランBかCを検討しよう。
au損保
Bycle S
710円 × 2億円 3日以上で
一時金4万円
な し な し
【概要】70~89歳と高齢者のみが加入できる。自分のケガは入院一時金のみの対応。弁護士費用サービスがある。






|






楽天カード
超かんたん保険
自転車プラン
230円
(年払いは2510円)
1億円 4500円/日
2万2500円
4万5000円
2000円/日
【概要】カードの年会費は無料で還元率は1%以上と高い。自分がケガをしたときの通院や手術費用も補償の対象。
楽天カードの公式サイトはこちら!
イオンカードセレクト
ネットでかんたん保険
日常生活賠償プラン
260円 1億円 な し
な し な し
【概要】カード年会費は無料で還元率0.5%以上。イオンカードの「自転車プラン」賠償責任付きより保険料が安い。
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら!
VIASOカード
ハンディー保険
日常生活賠償プラン
150円 1億円 な し
な し な し
【概要】カードの年会費が無料で、保険料は最安水準。カードは利用額の0.5~1%が銀行口座に自動で振り込まれる。
VIASOカード (NICOSカード)の公式サイトはこちら!
※表中の①は「対人補償」、②は「対物補償」、③は「自分のケガに対する補償」を指す。
※1「家族」は家族が起こした事故での他人への補償。※2 手術保険金は上段が入院中以外、下段が入院中。

 保険料は月額100~200円台が中心だが、基本的に補償内容が厚くなると保険料は高くなる。最安水準で加入できる「自転車保険」は補償内容が薄く、自分がケガをしても通院費や手術代は出ないものばかりだ。しかし、そもそも「医療保険」に加入している人なら通院費や手術代の補償は不要。よって「医療保険」に加入している人は、保険料の安さで「自転車保険」を選べば十分だ。

 また、「自転車保険」の多くは70歳や75歳までと、加入や継続に年齢制限が付いていることが多いが、ここでは75歳以上で加入できるタイプも選んでいる。「全日本交通安全協会」の保険なら年齢制限がなく、保険料も安いので高齢者にはおすすめだ。

 クレジットカードで加入できる「自転車保険」も便利な存在。表で紹介した「楽天カード」や「イオンカードセレクト」「VIASOカード」はいずれも年会費が無料で還元率も0.5~1.0%なので、「自転車保険」に加入するのを機に保有を検討してもいいだろう。このほかにも、年会費が無料で「自転車保険」を付けられるクレジットカードはいくつかあるので、自分が保有しているクレジットカードでも「自転車保険」に加入できるかどうかを確認してみよう。
【※関連記事はこちら!】
自転車保険(個人賠償責任保険)にお得に加入できるクレジットカードの保険料や補償を比較【2020年版】自転車保険の義務化でおすすめのカードはコレだ!

コロナ・ショックが相場に与える影響や、注目の銘柄を紹介!
ダイヤモンド・ザイ5月号をチェック!

 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号には「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスのダメージが大きい業種別に鋭い分析を加えた「セクター別の打撃度チェック!」を掲載している。さらに、新型コロナウイルスの感染が拡大する今こそ注目の銘柄も紹介!「家ナカサービス」「新型コロナ克服」「ノーダメージで成長」という3つの視点で24銘柄を選んでいるので必見だ。
【※関連記事はこちら!】
日経平均株価は“3~4月”が底! コロナ・ショック後の2020年の株価予測は、年末2万円超の“年末高”派と、戻っても1万8500円前後の“一進一退”派に真っ二つ!

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ5月号は、恒例特集の「【2020年春】株500+Jリート14・激辛診断」「今こそ買える! 米国株100銘柄」「いつでもできる手のひら投資 スマホで投信!」「インフラファンドは今が買い?」「『プログラミング教育』が始まる背景と狙いとは?」など、お得な情報が盛りだくさん!

 また、別冊付録は、こちらも恒例の「全上場3761銘柄の【理論株価】」!  株の割安度をズバリ判定できるのが理論株価のメリットだが、この別冊付録では、全上場銘柄の理論株価を網羅。現在、株価の暴落によって割安株は増加しているが、割安度合いを測る際に、理論株価を知っておくと役立つはずだ。