配当【増配・減配】最新ニュース!
2020年7月30日 ザイ・オンライン編集部

ピアラ(7044)、普通配当(初配)と記念配当の実施を発
表して配当利回り0.3%に! 2020年12月期の配当は
「普通配当3円+記念配当2円」で合計「1株あたり5円」に

ピアラは、2020年12月期の期末配当で、「1株あたり3円」の普通配当、「1株あたり2円」の“東証一部市場変更記念配当”を実施すると、2020年7月30日の17時30分に発表した。これにより、ピアラ年間配当額は「1株あたり5円」となり、配当利回り(予想)は0.33%となった

ピアラは、ビューティ&ヘルス・食品領域においてECマーケティング支援を行っている企業。ピアラは、ビューティ&ヘルス・食品領域においてECマーケティング支援を行っている企業。
拡大画像表示

 ピアラは2020年12月期の配当予想を、普通配当が「3円」、記念配当が「2円」と修正し、合計の年間配当額を「1株あたり5円」にすると発表した。いずれも期末配当(12月)での実施であり、中間配当(6月・権利確定済み)は「0円」。ピアラは2018年12月の上場以来、配当を実施しておらず、今回が「初配」となる。

 ピアラは前回の予想では「1株あたり0円」の無配としていたが、2020年12月期は「普通配当」および「記念配当」が実施することになり、配当利回り(予想)は0.33%となる

 また、ピアラの2019年12月期の配当は「1株あたり0円」だったので、前期比では「5円」の増配となる見込み。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 ピアラは利益配分の基本方針を「今後の事業展開と財務体質強化のために必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施していくこと」としていることから、2019年12月期までは無配が続いていたものの、今後は普通配当が継続して実施される可能性が高まったと言える。

 なお、「普通配当」および「東証一部市場変更記念配当」の実施が発表されたことを受けて、ピアラの株価はSBI証券の夜間取引(PTS取引)で一時、発表当日(2020年7月30日)の終値1516円より44円高い1560円(+2.90%)を記録しており、明日の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。
【※関連記事はこちら!】
夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介! 株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

ピアラの過去3期の配当の推移は?

ピアラの年間配当額の推移
  2018年12月期 2019年12月期 2020年12月期
配当額(年) 0円 0円 5円(予想)

 ピアラは2018年12月に上場したばかりの企業で、2018年12月期と2019年12月期は無配であったが、2020年12月期には「普通配当」と「記念配当」を合わせた「1株あたり5円」の配当が実施される見込みだ。ピアラの2020年12月期(通期)の連結業績予想は前期比で「増収増益」と好調なので、来期以降も好調な業績を維持できれば、連続増配株となる可能性も十分にあると言えよう。
【※関連記事はこちら!】
「連続増配株ランキング」ベスト20![2020年最新版]30期連続増配の「花王」、18期連続増配で利回り3.7%と高水準の「KDDI」など、おすすめの増配銘柄を紹介!

 参考として、ピアラの株価も確認しておこう。ピアラが上場した2018年12月11日の終値は2095円だが、「コロナ・ショック」の影響もあり、本日(2020年7月30日)の株価は1516円と、上場日の終値を下回る水準で推移している。

■ピアラ(7044)の株価チャート/月足・上場日~本日(2020年7月30日)

ピアラの配当利回り、配当+株主優待利回りは?

 ピアラの2020年7月30日時点の株価(終値)は1516円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※ピアラの配当利回り】
株価:1516円
年間配当額:中間0円+期末5円=5円
配当利回り:5円÷1516円×100=0.33%

 ピアラの配当利回りは0.33%。2020年6月の東証1部の平均利回りは2.15%(配当実施企業のみ)なので、ピアラの配当利回りは「かなり低め」と言える。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開!【2020年最新版】会社予想の配当利回りランキングと一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!

 また、ピアラは保有株式数と継続保有期間に応じて「QUOカード」がもらえる株主優待を実施している。
【※関連記事はこちら!】
「8月に権利が確定する株」の配当利回りランキング!配当利回り4%超+8期連続増配予想の「進和」、16期連続増配予想の「イオンディライト」など30銘柄を紹介!

 ◆ピアラ(7044)の株主優待の内容
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 12月末  100株以上  1年未満  QUOカード1000円分
 1年以上  QUOカード1500円分

 ピアラの2020年7月30日時点の株価(終値)は1516円、配当利回りは0.33%なので「配当+株主優待利回り」を計算すると、以下のようになる。

【※ピアラの配当+株主優待利回り(100株・1年未満保有時)】
投資金額:100株×1516円=15万1600円
優待品(QUOカード):1000円分
株主優待利回り=1000円÷15万1600円×100=0.66%
配当+株主優待利回り=0.33%+0.66%=0.99%

【※ピアラの配当+株主優待利回り(100株・1年以上保有時)】
投資金額:100株×1516円=15万1600円
優待品(QUOカード):1500円分
株主優待利回り=1500円÷15万1600円×100=0.98%
配当+株主優待利回り=0.33%+0.98%=1.31%

 ピアラの「配当+株主優待利回り」は100株を1年未満保有した場合で0.99%。決して高い利回りとは言えないが、優待内容は個人投資家に人気の「QUOカード」。加えて、1年以上の継続保有で「QUOカード」の額面が1000円から1500円にアップするので、今回の配当実施の発表を機に長期保有を検討する価値は十分にありそうだ。
【※関連記事はこちら!】
株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介! 優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3!

ピアラは、ビューティ&ヘルス・食品領域においてECマーケティング支援を行っている企業。広告マーケティングや海外でのEC支援も展開。2020年12月期(通期)の連結業績予想は、売上高17.0%増、営業利益30.2%増、経常利益27.5%増、親会社株主に帰属する当期純利益12.1%増と好調(すべて前期比)。
【※関連記事はこちら!】
配当が減らない“隠れ増配株”ランキング上位20銘柄を紹介! 減配をせずに、配当を維持・増配し続けている「非減配」期間が長い優良な安定配当株ランキング!

ピアラ
業種 コード 市場 年間配当額(予想)
サービス業 7044 東証1部 5円
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り(予想)
1516円 100株 15万1600円 0.33%
【※ピアラの最新の株価・配当利回りはこちら!】
最新の株価。株主優待内容はこちら!
※株価などのデータは2020年7月30日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。