配当【増配・減配】最新ニュース!
2020年10月12日 ザイ・オンライン編集部

ヒト・コミュニケーションズHD、2期連続の「増配」を
発表し、配当利回り1.58%に! 前期比「1円」増となる
2021年8月期の年間配当額は「1株あたり21.5円」に!

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス(4433)は、2021年8月期の配当を前期比で「増配」とする予想を、2020年10月12日の11時30分に発表した。これにより、ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス配当利回り(予想)は1.58%となった

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは、携帯や家電の販売業務の受託や人材派遣など、販売・営業・サービス分野を中核とした営業支援を手掛けている会社。ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは、携帯や家電の販売業務の受託や人材派遣など、販売・営業・サービス分野を中核とした営業支援を手掛けている会社。
拡大画像表示

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスが発表した2020年8月期の決算短信によると、2021年8月期の予想配当は中間配当(2月)が「10.75円」、期末配当(8月)が「10.75円」、合計の年間配当額は「1株あたり21.5円」となっている。

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの2020年8月期の配当は「1株あたり20.5円」だったので、前期比で「1円」の増配となる。今回の増配発表によって、ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの配当利回り(予想)は1.58%となった
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは配当政策の基本方針を「毎期の業績、財政状況を勘案しつつ、将来の事業拡大のために必要な内部留保とのバランスを図りながら配当による利益還元を安定的かつ継続的に実施する方針」としていることから、2021年8月期の業績予想(前期比で「増収増益」)が「増配」の理由の一つと言えるだろう。

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの過去3期の配当の推移は?

■ヒト・コミュニケーションズHDの過去3期の配当の推移
  2019年8月期 2020年8月期 2021年8月期
配当額(年) 10円 20.5円 21.5円(予想)

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは2019年3月に上場して以来、連続増配を継続しており、2021年8月期の配当予想「1株あたり21.5円」が予想通りに実施されれば”2期連続増配”を達成することになる。ただし、ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスはヒト・コミュニケーションズの単独株式移転によって2019年3月1日に設立された純粋持株会社で、移行前から考えると「10期連続増配」予想となっている。なお、上記のグラフの2019年8月期の年間配当額には中間配当が含まれておらず、2020年8月期に大幅な増配があったというわけではないので要注意。
【※関連記事はこちら!】
「連続増配株ランキング」ベスト20![2020年最新版]30期連続増配の「花王」、18期連続増配で利回り4.5%と高水準の「KDDI」など、おすすめの増配銘柄を紹介!

 参考として、ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの株価も確認しておこう。ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの株価は、上場した2019年3月の終値1586円から本日(2020年10月12日)の終値1360円まで、14.2%下落した水準で推移している。

■ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス(4433)の株価チャート/月足・上場~本日(2020年10月12日)

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの配当利回り、配当+株主優待利回りは?

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの2020年10月12日時点の株価(終値)は1360円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの配当利回り】
株価:1360円
年間配当額:中間10.75円+期末10.75円=21.5円
配当利回り:21.5円÷1360円×100=1.58%

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの配当利回りは1.58%。2020年9月の東証1部の平均利回りは2.03%(配当実施企業のみ)なので、ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの配当利回りは「やや低め」と言える。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りランキング」高配当ベスト50銘柄を公開!【2020年最新版】会社予想の配当利回りランキングと一緒に、株主優待の有無や連続増配期間もチェック!

 また、ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは1単元(100株)以上の株式保有で「UCギフトカード」がもらえる株主優待を実施している。

 ■ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス(4433)の株主優待の内容
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 8月末  100株以上  UCギフトカード1000円分

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの2020年10月12日時点の株価(終値)は1360円、配当利回りは1.58%なので「配当+株主優待利回り」を計算すると、以下のようになる。

【※ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの配当+株主優待利回り(100株保有時)】
投資金額:100株×1360円=13万6000円
優待品(UCギフトカード):1000円分
株主優待利回り:1000円÷13万6000円×100=0.74%
配当+株主優待利回り:1.58%+0.74%=2.32%

 ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスの「配当+株主優待利回り」は100株保有時で2.32%。決して高い利回りとは言えないが、株主優待の内容は個人投資家に人気の「QUOカード」であり、2021年8月期は”2期連続増配”かつ前期比で「増収増益」となる見込みでもあるので、今回の増配を機に長期保有を検討する価値は十分にありそうだ。
【※関連記事はこちら!】
【2020年10月】QUOカード優待利回りランキング! 配当+優待利回り3.1%の学情、2.8%の萩原工業など、10月確定の「QUOカード優待」の利回り&内容を紹介!

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは、携帯や家電の販売業務の受託や人材派遣、Eコマースやテレビショッピングを利用した販売支援など、販売・営業・サービス分野を中核とした営業支援を手掛けている会社。2021年8月期(通期)の連結業績予想は、売上高2.1%増、営業利益11.1%増、経常利益7.1%増、親会社株主に帰属する当期純利益37.1%増と堅調(すべて前期比)。
【※関連記事はこちら!】
配当が減らない“隠れ増配株”ランキング上位20銘柄を紹介! 減配をせずに、配当を維持・増配し続けている「非減配」期間が長い優良な安定配当株ランキング!

ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングス
業種 コード 市場 年間配当額(予想)
情報・通信 4433 東証1部 21.5円
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り(予想)
1360円 100株 13万6000円 1.58%
【※ヒト・コミュニケーションズHDの最新の株価・配当利回りはこちら!】
最新の株価。株主優待内容はこちら!
※株価などのデータは2020年10月12日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。