ダイヤモンドZAi最新記事
2013年4月1日 ザイ編集部

退職金は「攻め過ぎず、守り過ぎず」の
3分割運用法で増やそう!

資産設計のプロ深野康彦さん直伝の退職金の増やし方

80代以降のお金は複数の商品を選び6割を積極投資で!

 80代以降のお金は、20年間は使わずに運用できるのが強み。資産の4割はこれまでと同様、ネット定期や債券に振り分けるが、残りの6割は時間を味方につけ、積極的に運用益を狙いたい。

 具体的な商品として深野さんが勧めるのが上の3つの株式ファンドだ。独自の運用法で好成績をあげている日本株のアクティブファンドのほか、低コストで先進国株式と新興国株式をカバーできるファンドなどが候補となる。

 ただし、いくら過去の成績がいいファンドでも、一極集中はしないこと。2つ以上のファンドを組み入れ、リスク分散を図るのがポイントだ。

 また、言うまでもないが20年間、ずっとほったらかしは厳禁。

 「目標の利回りを決め、達成したら利益を確定し、リスクを取りすぎないように定期預金に預け替えるのもいい。欲張りすぎないのがコツです」と深野さんは言う。

 さらに相続税の改正などで相続対策を講じる必要が出てきたら、相続人1人当たり500万円までの非課税枠が利用できる「一時払い終身保険」に加入するのも手だ。

深野さんオススメの具体的な商品とは…

 60、70、80代の3つにお金を分けて運用すべしと言う深野さん。深野さんの各世代向けへのオススメ個別商品が知りたい方は、現在発売中のダイヤモンド・ザイ5月号を読んで欲しい。毎月分配型ファンドから株式ファンドなど具体的な商品をズバリ紹介している。こうした、しっかりした考えに基づき、ちゃんとした商品に投資することこそが、安心した老後への近道なのだ!

◎Profile
深野康彦(ふかのやすひこ)
有限会社ファイナンシャルリサーチ代表。クレジット会社を経て、1989年4月に独立系FP会社を経て独立。現在のファイナンシャルリサーチ(2006年設立)は2社目の起業。近著に『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』(ダイヤモンド社)など多数。