ネット証券会社比較
2013年9月6日 肥後 紀子

こだわり野菜がもらえる新設の優待から、
レジャーチケットや航空券の定番人気優待まで。
9月の注目優待をまとめて紹介!

9月は3月についで株主優待の実施件数が多い月。その数は、300件を大きく上回り、そのため欲しい優待が見つかりやすい! さまざまな角度から、9月の注目優待銘柄を見ていこう。

9月の新設優待に加えて、記念優待や特別実施の優待にも注目!

 優待投資家はもちろん、そうでなくても「優待が新設された」と聞けば気になるのでは? 理由は、優待がもらえるだけ優待の導入で銘柄の注目度が上がれば、株価にプラスに働く場合が少なくないからだ。ではさっそく、9月の新設優待や記念優待を実施する銘柄などを見てみよう。

 【表1】の上段4つでは、今回優待を新設した9月の銘柄から4つを取り上げた。優待では、自社の事業に関わる商品・サービスを優待品として提供する企業が多いが、野菜の卸売事業を展開しているデリカフーズ(3392)の新設優待は、まさにそのパターン。投資金額5万6500円(8月30日終値で計算、以下同)で、1500円分の「こだわり野菜詰め合わせがもらえる。

 また、防災機器を製造・販売する日本ドライケミカル(1909)の優待品は、防災関連用品。災害時の食糧セットやエアゾール式簡易消化具、ダイナモラジオライト、さらにはQUOカードなど8点から、好みの1点を選べるのがうれしい。

 ところで、チェックすべき新設優待は、9月銘柄だけではない。【表1】の下段4つのうち、ミツバ(7280)と橋本総業(7570)は3月の新設優待銘柄だが、初回のみ9月末の株主にも優待品が贈られるのだ。

 通常は3月が優待実施月のジー・テイスト(2694)も、9月に合併記念の特別優待を実施。ただし、こちらは2000株以上保有の株主だけが対象となるので注意したい。メディネット(2370)は上場10周年記念の特別優待で、今回のみの実施となる。

優待好きならみんな知ってる!? 9月の定番人気優待

 9月の優待には、「人気優待」を代表するような銘柄も数多い。たとえば、東京ディズニーリゾートのワンデーパスポートがもらえるオリエンタルランド(4661)。人気が高いだけでなく、業績も順調で株価も比較的堅調だ。

 とはいえ、158万5000円と投資金額が高額で、なかなか手を出しにくいとも言える。そこで【表2】では、9月の人気銘柄のうち20万円以内で買える7銘柄をピックアップした。

 カゴメ(2811)は、各種優待ランキングでも必ず上位に入る定番中の定番人気優待。自社商品の優待は毎回内容が変わり、新製品をいち早く試せることもある。

 また、国内航空券が50%割引になる優待券がもらえるANA HD(9202)も常に人気上位。日本航空(9201)も国内路線が50%割引になる優待を実施しているが、日航の最低投資金額は52万1000円とANAよりかなり高めだ。

 外食関連では、表で取り上げたワタミ(7522)のほか、「すき家」などを手がけるゼンショーHD(7550、投資金額11万900円)や、「甘太郎」「ラパウザ」などを展開するコロワイド(7616、投資金額51万6500円)、同じコロワイドグループのアトム(7412、5万2100円)なども人気が高い。

使い勝手のよい金券の優待も、手頃な投資金額で入手可能

 QUOカードや全国共通ギフトカードなど、金券の優待も見ておこう。企業独自の食事優待券や商品券とは異なり、こうした金券類は使える場所が多く、しかも有効期限がないのが魅力だ。たとえば、QUOカードなら多くのコンビニで使用できるほか、ファミレスや書店などでも使えるところがある。

 【表3】は、優待利回り+配当利回りが4%を超えていて、かつ投資金額10万円以内という4銘柄。TOKAI HD(3167)は、自社で扱っている天然水や自社グループの食事券を選択した場合には、優待利回りはQUOカード選択時よりアップする。

 また、【表1】に掲載した優待新設銘柄の東邦システムサイエンス(4333)も、投資金額6万6300円で優待品は1000円のQUOカード、優待+配当は4.53%という高利回りだ。

 さらに、優待+配当利回りが4%に満たなかったため表には掲載していないが、10万円以下の投資金額で金券がもらえる9月優待では、キューブシステム(2335)の合計利回りが3.97%、東亜ディーケーケー(6848)が同じく3.43%。今期配当を未定としているオリコン(4800)も、前期並みの配当が実施されれば合計利回りは5%超となる。

 なお、利回りを見る際には、配当と優待の違いをしっかり認識しておきたい。配当は保有株数が増えればその分増えるので利回りは変わらないが、優待は最低単元が最も利回りがよい場合が多い。保有株数を増やすと利回りが下がってしまう可能性が高いので、注意してほしい・

 最後に、権利確定日と権利付最終売買日を確認しておこう。9月銘柄の権利確定日は30日(月)で、最終売買日は3営業日前の25日(水)。最終売買日までに、優待獲得に必要な株数(多くの場合は1単元からだが、例外もある)を購入しておくこと。