ザイスポ!
2013年9月20日 ザイ・オンライン編集部

【群雄割拠の東京ゲームショウ2013速報レポート!】
「艦これ」に見る新たなソーシャルゲームの方向性
ソーシャルゲーム編(コンパニオンさん写真付き)

 世界最大級のゲームの見本市「東京ゲームショウ2013(TGS 2013)」が開幕した。期間は9月19日(木)から22日(日)の4日間(一般公開日は21日、22日のみ)。千葉市の幕張メッセで開催されている。

 2013年もゲーム業界は目まぐるしい変化が続いており、まさに群雄割拠の状態だ。今回のテーマは「GAMEは進化し続ける」さてどのように進化し続けているのか、ソーシャルゲームと家庭用ゲーム機の今をゲームショウ初日の雰囲気と共にお届けする。

※いち早くコンパニオンさんの写真が見たい方はコチラから。

ソーシャルゲーム編:やはりパズドラなのか!?それとも…

 東京ゲームショウ会場の大規模ブースは年々スマートフォンアプリやソーシャルゲームを扱ってない会社を数えるほうが大変な状況になってきている。今年発表された家庭用の次世代ゲーム機にもソーシャル機能が付いているといった具合である(家庭用ゲーム機については第2弾で詳しく解説する)

 2013年の日本のゲーム業界、いや日本企業で大きく成長した会社がある。「ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765)」だ。その勢いは一時任天堂(7974)の時価総額を超えたことでも話題となった。13年4〜6月期の連結売上高は前年同期比11倍の437億円、営業利益はなんと34倍強の265億円!。ちなみにガンホーは去年のゲームショウでビジネスブースしか出展していなかった。また躍進の引き金となった「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)は2012年2月20日にiOS版、9月18日にAndroid版がリリースされている点は大変興味深いとも言える。

 しかし、この響きはどこかで聞いたことがある…筆者が去年に自分で書いていたのだが(※参考記事参照)…2012年はグリー(3632)がまさに大躍進を遂げていた。しかし2013年4〜6月期の連結決算では、なんと3億円の最終赤字になってしまった。これは不採算なゲームの開発や運営の中止、海外拠点の閉鎖などで102億円もの特別損失があったためだ。赤字にはなっていないがDeNA(2432)もいまのところ去年の元気を失っている。

参考記事:〜東京ゲームショウ2012をサクッと攻略!〜
【初心者向け解説&コンパニオン写真集付き(約50枚)】ソーシャルゲームだけじゃない!家庭用ゲーム機の未来は明るいのか!?

ソーシャルゲームは次のステップへ

 どちらも同じソーシャルゲームなのにここまで大きく差がついた理由はなにか? 大きな理由として挙げられるのは、ガンホーの「パズドラ」はスマートフォンに最適化されたゲームだ。一方グリーやDeNAで去年大ヒットしていたゲームは従来の携帯電話、いわゆるガラケータイプ。グリーやDeNAはスマートフォン対応ゲームをリリースはしていたものの、ヒット作が生まれなかった。他にも要因はたくさんあるのだが、スマートフォンでヒット作が生まれなかったのは痛かったと言える。

スマートフォン発の人気ゲームがニンテンドー3DSでも発売される。

 さらにガンホーはソーシャルゲーム専門の会社ではないことも大きな違いだ。「パズル&ドラゴンズ」が任天堂(7974)の人気携帯ゲーム、ニンテンドー3DSでも遊べるよう開発された「パズドラZ」、ソニーのPlayStationブランドでも最新ゲームを発表している。「パズドラ」の次はどこへ向うのか、注目していきたい。(ちなみにスマートフォンのパズドラは出展していないので要注意)

グリーの巻き返しなるか!?

 とはいえグリーもDeNAも黙ってはいない、グリーは年内に25本、DeNAは年度内に約60本の新作ゲームをリリースする計画のようだ。さらに!!大手ゲーム会社が結託してソーシャルゲーム市場に参入するという「噂」もある、残念ながら会場ではその発表が行われなかったが、ソーシャルゲームの群雄割拠状態はまだまだ続きそうだ。

ゲームの新しい存在価値?

 「艦隊これくしょん」(艦これ)というパソコン用のゲームをご存知だろうか。軍艦を萌えキャラに擬人化された「艦娘(かんむす)」を集めながら進めるシミュレーション型カードゲームだ。株式会社KADOKAWA(%%%9477%%%)のグループ会社の角川ゲームスが開発している。「基本無料」なのだが、なんと「ガチャ」(アイテム課金の仕組み。ソーシャルゲームではお馴染み)が存在しない。課金の仕組みは存在するが、積極的に課金しなくてもゲームが遊べるというまさに「無料」のゲーム。

こちらが「艦これ」の先行発売のTシャツ。ファンにはたまらないとのこと。

 ではどこで収益を確保するのか?なんと出版やグッズなどのメディアミックス展開で収益化を目指しているのだ。

 ゲーム自体も口コミで人気を博し、キャラクターの「艦娘」も大人気だ。東京ゲームショウでは「艦これ」グッズを販売することが話題となっている。まさに思惑通りの展開を見せている。

 プロモーションとしてゲームを無償同然で配信しているとも言える仕組みがゲーム業界に今度どのような影響をもたらすのか注目してみてはいかがだろうか。

次ページではコンパニオンさん写真第1弾を公開中!