IPO株の銘柄分析&予想
2015年11月9日 ザイ・オンライン編集部

「鎌倉新書」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他の供養関連の情報企業との比較や予想まで解説!

[2016年3月17日 情報更新]

会社名(市場・コード) 鎌倉新書
市場・コード/業種 東証マザーズ・6184/サービス業
上場日 12月4日
申込期間(BB期間) 11月18日~11月25日
おすすめ証券会社 大和証券丸三証券SBI証券東海東京証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

鎌倉新書のIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 11月17日
ブックビルディング(抽選申込)期間 11月18日~11月25日
公開価格決定 11月26日
購入申込期間 11月27日~12月2日
払込日 12月3日
上場日 12月4日

鎌倉新書のIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(幹事証券会社)

■幹事証券会社(2015年11月26日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
大和証券 4.3
公式サイトはこちら!
丸三証券 0.9
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短2日で口座開設可能]
0.9
公式サイトはこちら!
東海東京証券 0.9
公式サイトはこちら!
SMBC日興証券(主幹事証券) 89.6  
岩井コスモ証券 0.9  
極東証券 0.9  
SMBCフレンド証券 0.9  
岡三証券 0.9  

鎌倉新書のIPOは、いくらで買える?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
仮条件 920~1000円
公募価格 1000円
初値 2806円
初値騰落率 +180.6%
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
■レンジ予想(2015年11月15日時点)
想定仮条件レンジ
[予想PER]
900円~940円
16.6倍~17.3倍
予想トレーディングレンジ(※)
[予想PER]
1000円~3000円
18.4倍~55.3倍
※期間は上場後1年を想定。

鎌倉新書の発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時)  193万株(予定)
公開株式数 公募15万株  売出35万
(オーバーアロットメントによる売出7万5000
株)
想定公開規模 5.2億円~5.4億円(OA含む)

鎌倉新書は「終活」関連のマザーズ小型案件

 ポータルサイトを通じたライフエンディングサービスに係るマッチング事業及び書籍販売事業を展開する。運営するポータルサイトは「いい葬儀」「いい仏壇」「いいお墓」など。また、ヤフー<4689>と協力し「Yahoo!エンディング」も運営している。「終活」の浸透が進み、社会的関心が高まってきている分野である。

 マザーズ上場でインターネット関連の小型案件となる。足元の株式市場の投資テーマに沿った事業内容とは言えないが、珍しさもあって投資家の関心を引く可能性がある。また、良好な需給面にも投資家の関心を集めそうだ。

 公開規模については5億円程度となる見込み。公開株式以外の市場流通株はほとんどないとみられるほか、同日上場の企業もないため、需給面は良好と言える。

◆「鎌倉新書」IPOに申し込めるおすすめ証券会社◆
大和証券
公式サイトはこちら!
丸三証券
公式サイトはこちら!
SBI証券
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

鎌倉新書の業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2012/1 427(―) 35(―) 22(―)
2013/1 627(46.9%) 113(217.3%) 28(30.5%)
2014/1 778(24.0%) 58(-48.2%) 30(6.6%)
2015/1 917(17.9%) 27(-52.5%) 10(-65.6%)
2016/1予 1,076(17.4%) 168(506.5%) 104(887.5%)
2015/7 2Q 546(―%) 102(―%) 61(―%)
予想EPS/配当 単独:54.24円(上場時発行済株式数で試算)/0.00円

鎌倉新書の業績コメント

 2016年1月期の業績は、売上高が前期比17.4%増の10.7億円、経常利益が同506.5%増の1.6億円と増収増益の見通しとなっている。

 足元のライフエンディング市場では、少子高齢化が進むなか「終活」が浸透し、葬儀を中心にライフエンディングに対する社会的関心が高まりを見せている。

 このような環境のもと、同社の今期売上高は、葬儀事業において、ユーザーから同社への問い合わせのうち、その内容が相談・見積り等の成約に結び付きやすい有効通話数は前期からほぼ横ばいと想定し、前期並みの成約率と手数料単価の約10%の上昇を見込んでいる。仏壇事業では、ユーザーが同社サイトにアクセスし、発行したデバイス毎のクーポン発行数が、人員体制の強化やリスティング広告の強化等によって対前期で約70%増加することを織り込んでいる。

 お墓事業では、同社サイトを閲覧し、電話・メール等で鎌倉新書に資料請求を行った資料請求者について、リスティング広告の強化や各種セミナー・見学会の強化等によって対前期比で約30%増加することを見込んでいる。

 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高5.4億円で50.7%、経常利益1.0億円で60.7%となっている。

鎌倉新書の詳細情報

■基本情報
所在地 東京都中央区日本橋本石町四丁目
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 清水 祐孝(昭和38年1月24日生)
設立 昭和59年4月17日
資本金 1億1020万円(平成27年10月30日現在)
従業員数 45人(平成27年9月30日現在)
事業内容 ポータルサイトを通じたライフエンディングサービスに係るマッチング事業及び書籍販売事業
■売上高構成比率(2015/1期 実績)
品目 金額 比率
ライフエンディングサービス事業 830 百万円 90.5%
ライフエンディング関連書籍出版事業 86 百万円 9.5%
合計 917 百万円 100.0%
■大株主上位4位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 清水 祐孝 120万株 60.29%
2 株式会社かまくらホールディングス 20万株 10.05%
3 YJ1号投資事業組合 18万株 9.04%
4 清水 優紀 10万株 5.02%
4 清水 啓太郎 10万株 5.02%
合計   178万株 89.42%
■その他情報
手取金の使途 全額を今後の事業拡大のための運転資金として充当する予定。
関係会社
VC売却可能分(推定) -社 -株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2013年12月26日
割当先 YJ1号投資事業組合
発行価格 780円 ※株式分割を考慮済み
◆「鎌倉新書」IPOに申し込めるおすすめ証券会社◆
大和証券
公式サイトはこちら!
丸三証券
公式サイトはこちら!
SBI証券
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

鎌倉新書の銘柄紹介

 葬儀、仏壇、お墓を中心としたライフエンディングにおける情報や、それに関わる多くの取引先を有していること等の強みを活かし、現在は運営するポータルサイトを通じて、ユーザーに対して様々な情報提供を行っている。

(1)ライフエンディングサービス事業

 ライフエンディング市場で、同社はユーザーのサービス選択が、より適切に行われるための手段として、ユーザーと取引先を結びつけるマッチングプラットフォームを構築し、ライフエ ンディングや終活の情報提供やサービスを展開している。

・葬儀事業

 葬儀のポータルサイト「いい葬儀」をはじめとした葬儀に関連するポータルサイトを通して、ユーザーに葬儀に関する様々な情報の提供を行っている。葬儀の利用については、利用頻度が限られる場合も多 く、ユーザーにおいて、その手順や方法、どの会社の葬儀を利用すべきか等についての情報を有していない場合も多いと同社では考えており、ここにユーザーの大きなニーズが存在していると考えている。

 同社は業界誌を長年に亘り発行してきた強みを活かし、ユーザーと取引先をつなぐ役割を果たしている。同社のポータルサイトでは、24時間体制の電話窓口とメールでの相談窓口を通して、ユーザーと取引先の仲介事業を行っているほか、広告の掲載や生花等の物品販売を行っている。

 同事業では、ユーザーを紹介した取引先が成約に至った場合の手数料、及びポータルサイトへの広告掲載料を収益としている。なお、同社は葬儀事業に関するポータルサイトとして、前述の「いい葬儀」を中核として、本書提出日現在16サイトを運営している。

・仏壇事業

 仏壇仏具のポータルサイト「いい仏壇」をはじめとしたポータルサイトを通して、ユーザーに仏壇仏具に関する様々な情報の提供を行っている。一般的に購買頻度の低い仏壇の購買については、仏壇の種類や販売店の選定等に苦慮しているユーザーも多いと同社では考えている。

 「いい仏壇」では、ユーザーの仏壇選びがより適切に行えるための様々な情報提供を行っている。同事業では、ユーザーを紹介した取引先が成約に至った場合の手数料、及びポータルサイトへの広告掲載料が収益源。なお、同社は仏壇事業に関するポータルサイトとして、「いい仏壇」を中核として、目論見書提出日現在で5サイトを運営している。また、取引先や寺院に対するコンサルティングやセミナー活動も行っている。

・お墓事業

 霊園・墓地のポータルサイト「いいお墓」をはじめとしたポータルサイトを通して、ユーザーにお墓選びに関する様々な情報を提供している。同事業では、ユーザーを紹介した取引先が成約に至った場合の手数料、及びポータルサイトへの広告掲載料を収益源としている。なお、同社はお墓事業に関するポータルサイトとして、「いいお墓」を中核として、本書提出日現在12サイトを運営している。

・Yahoo!エンディング事業

 ヤフー株式会社が運営するインターネットポータルサイト「Yahoo!JAPAN」にて運営する、ライフエンディング、終活に関連する総合ポータルサービスである。同事業においては、葬儀手配サービスが成約に至った場合の手数料、また有料会員が支払う月額利用料金を収益源としている。

鎌倉新書の投資のポイント

 マザーズ上場でインターネット関連の小型案件となる。足元の株式市場の投資テーマに沿った事業内容とは言えないが、近時はいわゆる「終活」ビジネスがメディア等で紹介されることも多く、IPO案件としての珍しさもあって投資家の関心を引く可能性がある。ただ、それ以上に、良好な需給面に着目した投資家の関心を集めそうだ。

 同社は現在、「いい葬儀」「いい仏壇」「いいお墓」などの運営ポータルサイトを通じて、ユーザーに対してライフエンディングや終活に関する情報や関連サービスを提供している。また、ヤフー<4689>と協力し、ヤフーのインターネットポータルサイト「Yahoo! JAPAN」にてライフエンディング、終活に関連する総合ポータルサービス「Yahoo!エンディング」を運営している。少子高齢化が進むなか、「終活」の浸透が進み、社会的関心が高まってきていることは同社にとって追い風となるだろう。

 業績面について、2016年1月期は売上高が前期比17.4%増の10.7億円、経常利益が同506.5%増の1.6億円と増収増益の見通しとなっている。増益率の高さは前期伸び悩んだ反動とも考えられるが、売上高は直近数期で2ケタ成長が続いている。

 公開規模については5億円程度となる見込み。ベンチャーキャピタルが1社18万株を保有するが、期間180日、株価による解除条件なしのロックアップがかかっており、当面の懸念材料とはならないだろう。残りは清水社長や親族等が保有しており、公開株式以外の市場流通株はほとんどないとみられる。また、上場日の12/4はIPO集中期に入る前で、同日上場の企業もないため、需給面は良好と言える。

◆「鎌倉新書」IPOに申し込めるおすすめ証券会社◆
大和証券
公式サイトはこちら!
丸三証券
公式サイトはこちら!
SBI証券
公式サイトはこちら!
東海東京証券
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ