闇株新聞[2018年]

年末年始企画 闇株新聞が大予測!
2018年に起こりそうで「起こらない」こと闇株新聞が予想する「警戒されすぎな悪材料」

2017年12月29日公開(2022年3月29日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

いよいよ2017年も残りわずか。マネー誌等では「2018年の大予想」が年末の定番企画ですが、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では、最新号で「起こりそうで起こらないこと」を大特集しています。いま世界にはどんなリスクがあり、金融市場は何を警戒しているか。投資家にとって、それが「起こらないこと」を予想するのは「起こりそうなこと」を予想するのと同じくらい重要というわけです。本編はかなりボリュームのある記事ですので、本連載では一部を抜粋してお届けします。

年末年始企画 闇株新聞が大予測!2018年に起こりそうで「起こらない」こと

債務過剰の中国経済はついに
経済金融危機を引き起こすか!?

 2018年は「中国発の経済危機・金融危機が起こる」と心配している評論家が多いようです。

 中国経済の本当の成長率や規模は誰にもわかりませんが、2017年の経済成長率は「6.8%前後」だそうです。項目別では個人消費が10%、総資本形成(官民の投資)が7.3%、輸出が6.9%、工業生産は6.2%の伸びとなっています。

 つまり中国経済は旺盛な個人消費と、活発な総資本形成に支えられているわけです。問題は総資本形成の大半が外部負債(つまり借金)によって賄われていること。その総額は日本円にして3000兆円にも上ります。

 投資によって負債が増えても、見合った資産が健全なら問題はないのですが、中国にGDPの2.4倍もの「健全な貸出先」などあろうはずがありません。となれば、かなりの「不良資産予備軍」も積み上がっていると見るべきです。

 中国政府と中国人民銀行(中央銀行)は2015年8月と2016年1~2月に人民元を引き下げたため、外貨が大量に流出して(中国だけでなく)世界の金融市場を大混乱に陥れてしまいました。現在は1ドル=6.6元あたりで落ち着き、外貨準備も3兆1190億ドルまで回復しています。さすがにもう一度、人民元を引き下げることはないでしょう。

 ただ、FRBが来年も利上げを繰り返すなら、中国もある程度は国内金利を引き上げなければなりません(そうでなければ再び外貨が流出してしまう)。国内要因だけなら利上げは必要ないはずですが、外貨流出を止めるために利上げしていくと、いずれ経済が減速し不良債権が増加する恐れもあります。

 多くの人が不安視するように中国経済は確かに過剰負債ではありますが、個人消費が10%で成長していることと、負債が官民による投資を支えている限り、2018年中に中国発の経済危機・金融危機が発生する可能性は0~5%でほとんどないと考えてよさそうです。

核ミサイル開発を止めない北朝鮮
米国は軍事攻撃に踏み切るか!?

 結論から言うと、本紙は2018年前半にそれが起こる確率は10~15%と見ています(それ以降はわかりません)。あたり前の話ですが、軍事衝突となれば北朝鮮のミサイル射程圏内にあるわが国への被害は甚大となる可能性があります。

 金正恩は原爆(あるいは水爆)を搭載したミサイルが米国本土に到達する能力を持つまで核・ミサイル開発を止めません。現在、米国本土に到達するミサイルは完成したものの、弾頭に原爆を搭載するとどこまで飛ぶかがわからないといった状況のようです(大気圏に再突入させる技術はほとんどできていないと考えられえます)。

 おそらく金正恩は開発現場から正確な情報を得ておらず「もう少しで完成」と信じ、余計に開発や実験を繰り返すと見られます。

 それではトランプはどう考えているかというと、北朝鮮への軍事攻撃は軍部が強く反対しています。同盟国(日本と韓国)への被害が甚大となるからです。

 歴史的に米国大統領が戦争(軍事攻撃)を始めるときは、軍需産業を潤わせる必要があるときと、国内の支持率を急回復させる必要があるときです。トランプはここのところトップ外交で世界中で米国製兵器をセールスしており軍需産業は潤っています。国内の支持率は50%を超えられませんが、中間選挙まではまだ時間があります。ここで積極的に北朝鮮を攻撃する理由がありません。

 ここで重要となるのは政権の外交戦略を主導するキッシンジャーの存在です。トランプはロシアにスキャンダルの証拠を「山ほど」握られていますが、それを表に出さないためにはキッシンジャーを頼るしかありません。

 キッシンジャーはロシアに通じていますが、最大の顧客は中国です。北朝鮮が消滅していちばん困るのは中国であり、トランプが北朝鮮への軍事攻撃に踏み切れない最大の理由もここにあります。

 とはいえ、過去には「ちょっとした小競り合い」が全面戦争に発展した「盧溝橋事件」(1937年)の例もあります。「間違って攻撃してしまった」などから戦闘状態となる危険性も考えておく必要があるでしょう。

闇株新聞プレミアムメールマガジン 20日間無料!

刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』最新号では、ほかにも「2018年は英国に続きEU圏内で分離独立への動きが加速するか」「トランプ大統領は弾劾され2018年に政権を放り出すか」などについても深く解説を展開しています。また新年1月9日には「もっと世界を注意深く俯瞰して、具体的な相場予想も盛り込んだメルマガをお届けします」とのこと。ますます熱く・濃く・充実するメルマガにどうぞご期待ください! ご購読はこちらから。

 

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報