世界投資へのパスポート

9月19日に上場する
怪物アリババのIPO、こうトレードしろ!
(傾向と対策)

【第332回】 2014年9月15日公開(2022年3月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

【今回のまとめ】
1.アリババはどえらい儲かっている
2.予算オーバーしたくなければ、指値をすること
3.NYの19日朝のヤフー(YHOO)株の動きに注目せよ
4.公募価格割れを買ってはイケナイ

アリババ取引開始は9月19日

 中国のeコマース企業、アリババ(ティッカーシンボル:BABA)が、今週、いよいよニューヨーク証券取引所にデビューします。日本の一部のネット証券(SBI証券など)でも上場初日からアリババ株を取り扱うところがあります。そこで今日はアリババ株の上場直後のトレードの仕方について、私の考え方を伝授します。

いちばん大事なこと

 まずアリババ株に関して皆さんに知っておいて欲しい最も肝心なコトは「この会社は、どえらい儲かっている!」ということです。下は同社の一株当たりの業績です。なおアリババの会計年度は3月〆です。従って下のグラフ中の「2014年」というのは2014年3月で〆た会計年度という意味です。

アリバナの業績(ADSベース、売り出し目論見書)表2012年から2014年まで



【略号の読み方】
DPS一株当たり配当
EPS一株当たり利益
CFPS一株当たり営業キャッシュフロー
SPS一株当たり売上高

 黄色のSPS(一株当たり売上高)に注目して下さい。2012年から2014年にかけて$1.29、$2.56、$3.41と右肩上がりに伸びています。これはとても良いことです。

 次に灰色のCFPS(一株当たり営業キャッシュフロー)を見てください。売上高同様、右肩上がりに伸びているのみならず、数字自体がとっても大きいです。いま営業キャッシュフローを売上高で割ると、営業キャッシュフロー・マージンが計算できます。数式で示すと:

CFPS÷SPS=$1.71÷$3.41=0.5015

 これをパーセンテージで表すと50.15%になります。私の考えではピカピカの優良企業の営業キャッシュフロー・マージンは大体、15%から35%程度です。50.15%というのは驚異的な数字です。

 アリババは中国国内のeコマース市場で圧倒的なマーケットシェアを誇っており、市場のパイ自体が30%以上で成長しているわけですから、放っておいてもアリババの業績はエスカレーター式に伸びてゆくと予想されるわけです。つまりアリババの魅力を要約すれば:

1.圧倒的に「儲かる構造」になっていること
2.将来の業績の伸びが読み易いこと

に集約されるわけです。

値段、値段、値段!

 さて、その企業がどんなに魅力的な投資対象であっても、株価がベラボーに高ければ、リスキーになってしまいます。そこで問題になるのが、初値設定です。

 初値設定とは、新規株式公開(IPO)の上場業務を仕切る主幹事証券が、マーケティング活動をするにあたって設定する、想定株価レンジです。

 アリババの初値設定は60~66ドルです。

 ただし、ロードショウと呼ばれるマーケティング巡業の過程で、人気が高いことがわかると、初値設定を切り上げる場合もあります。だから今後のニュースに注意しておいてください。

 なお決定した売出し価格のことを、値決め価格と言います。ここで注意したいことは、皆さんが上場後にアリババに買い注文を入れた場合、買える値段は、たぶん値決め価格ではないということです。

 もし人気沸騰銘柄なら、なかなか買いたい需要と売り手の供給が折り合わず、その均衡点は値決め価格よりずっと上だったということはよく起こります。この取引開始価格のことを上場初値と言います。皆さんが買えるのは、この上場初値だということです。

上場初値の注意点

 さて、いま仮にアリババの値決め価格が66ドルだったとします。皆さんの使っている証券会社のあなたの口座にある現金が38万円だとします。すると最大限で50株買えるわけです。

 50×66=3,300ドル
 3,300ドル×107.34(為替レート)=35万4000円

 まあこんな感じです。

 しかし、もし「成り行き」注文を入れたら、人気沸騰で上場初値が仮に90ドルだった場合、買い付け代金は48万円を超えてしまい、資金が足らなくなってしまうのです。

 これを防ぐひとつの方法は、自分が最大限払っても良い値段を計算し、指値をすることです。たとえば「70ドルまで」という感じです。その場合、上場初値が70ドル以下ならば、あなたの出した注文は執行されるはずです。

どうしても上場初値で買いたい人は……

 読者の中には(上場後、スルスル株価が騰がってしまうかもしれない。すると下手に指値をして買い逃すと、イヤだな)と感じる方も多いでしょう。

 買い値で調整するのがイヤなら、株数を減らすことで調整する以外ありません。でもIPOは全くの博打(ばくち)ですから、どの値段で開くのかを予想することは困難です。

 そこで上場初値を予測することはムリでも、せめてその日の投資家のムードを測る方法をお教えします。それは米国に上場されているヤフー(ティッカーシンボル:YHOO)の動きを観察するということです。ヤフーはアリババの大株主のひとりで、上場後も16%株式を保有し続けます。

アリババのIPO(新規上場)後の株主構成表。ソフトバンク33%、ヤフー16%、ジャック・マ8%、ジョセフ・サイ3%、その他40%


 もちろん筆頭株主はソフトバンク(9984)なのですが、ソフトバンクの株はアメリカでは活発に取引されていないので、直前の投資家のセンチメントを敏感に反映するのは出来高が多いヤフーの方になるのです。実際、下のチャートにあるようにヤフーの株価はアリババのロードショウが開始された9月8日に窓をあけて急騰し、それ以降、じり高を辿っているのです。

ヤフーの株価表(2014年7月1日から2014年9月9日まで)。アリババのロードショウが開始された9月8日に窓をあけて急騰し、それ以降、じり高


 ここからが肝心なポイントですが、アリババの値決めは9月18日(木曜日)の引け後に行われます。そして値決めされ次第、18日夜から19日の早朝にかけて機関投資家に「あなたには何株渡します」という分配株数が証券会社から言い渡されるのです。

 その場合、自分が予想していたより機関投資家が実際に貰えた株数が少なければ(こんちくしょう!)と思うわけだけど、それは人気が高かったことを意味し、上場初値は一層高くなることを示唆します。

 これと反対に、自分が予想していたより機関投資家が実際に貰った株数が多かった場合、(うわぁ、こんなに貰えた! 嬉しいな。だけどちょっと待てよ……こんなに株が回ってきたということは、あんがいこのディールはそれほどホットじゃなかったということかな?)という感じで、投資家は不安を抱くわけです。

 アリババの上場初日はニューヨーク証券取引所に注文が殺到するので、取引開始は場が開く現地朝9時半ではなく、たぶん10時半から11時頃になってしまうと思います。その間、投資家はみんな息を詰めて待っているわけです。

 しかし……

ヤフーの株は、9時半の寄付きと同時にトレードが始まります。すると(ちょっと待て、何かヘンだぞ)と思った投資家は、まず今すぐにでも処分できるヤフーを売ると思うのです。言い換えれば、ヤフーは「炭鉱のカナリヤ」であり、アリババ株の上場初値を占う、絶好の先行指標になるということです。

公募価格割れの場合

 アリババは冒頭で見たように、しっかりした業績を出していますし、ストーリーは良いです。しかし200億ドルを超える大型の売出しでは、予想すらしないアクシデントが起こることもあります。その良い例がフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)です。

フェイスブック上場直後の株価推移表(2012年5月18日から2012年8月31日まで)。公募価格を割れたかと思うと、あれよあれよという間に株価は半値になりました。


フェイスブック株は、公募価格を割れたかと思うと、あれよあれよという間に株価は半値になりました。

 このようにIPOが公募価格割れを起こすと怒涛の売り物を浴び、すぐには立ち直れないのが通例です。だから値決め価格のすぐ上あたりをウロウロしている場合は、よく見極めてから買っても遅くはないのです。

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2023年1月4日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5300銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
5300銘柄以上の米国株を取り扱っており、銘柄数はトップクラス! 買付時の為替手数料が0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。米国ETFの中で「米国ETF買い放題プログラム」対象13銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。米国株は、時間外取引に加え、店頭取引サービスもあり日本時間の日中でも売買できる。なお、NISA口座なら日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件をクリアすれば、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約5900銘柄 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。また、2021年4月から米国株式取引専用の「米国株アプリ」が登場した。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5200銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約350本を含む、約400本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
約2500銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

今日の注目株&相場見通し!!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株
ラクラク確定申告
住宅ローンどうする?

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!
 

[最強日本株/ラクラク確定申告]
◎巻頭特集

スゴ腕 8人に聞く!2023年に負けないワザ
・資産は60億円超!
テスタさん「投資は才能より努力が大事」
かぶ1000さん、DAIBOUCHOUさん、立川一さん、長田淳司さん、エースさん、ゆうとさん、ショウさん


◎第1特集
2023年の“強者”は97銘柄!最強日本株+投資信託
●プロ24人に聞く!
日経平均は年後半に回復、年末は3万円超へ
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株
●誰もが知る人気大型株!
10万円未満株
桐谷さんがオススメ!株主優待株
●見直される前が狙い目!割安株
●ITと医療がキーワード!高成長株
●日本株型のイチオシ投資信託


◎第2特集
スマホやパソコンでラクチン!
確定申告2023年3月提出分
時短を実現!自動入力が進化中!

●トクする典型例は?提出方法と準備するもの!
●ふるさと納税の自治体の寄附を申告
●株や投信の利益や損失を申告
●投信の分配金や株の配当金を申告
●FXや先物の利益や損失を申告


◎第3特集
銀行が教えてくれない真実を教えます!
住宅ローンのお悩み相談室

借りている人:すでに借りたローンでも最もトクする方法とは?
・今後ローン金利は上がりますか?
・変動の人は固定に借換えるべき?
・借換えはいつ頃すればいい?ほか

これから借りる人:金利が上がったとしても安心な借り方とは?
・借りるなら固定か変動どっち?
・頭金ゼロで買っても大丈夫でしょうか?
・ボーナス返済の割合は?
・元利均等と元金均等のどちらがオトク?
・ガン団信は入るべき?


◎【別冊付録】

桐谷さん流!
勝てる株の管理術&書込みノート

●桐谷さんはノートをこう活用している!
●1年の資産額の推移
●気になる銘柄の管理
●買った株の管理
●2023年の配当・優待権利確定カレンダー


◎人気連載もお楽しみに!

​●10倍株を探せ!IPO株研究所2022年12月編
●株入門マンガ恋する株式相場!
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報