IPO株の攻略&裏ワザ情報!

12月の「IPO祭り」は新規公開株で儲けるチャンス!
「IPO祭り」で上場する全15銘柄の情報を公開。
話題の自動運転技術ベンチャーの「ZMP」に要注目!【2017年11月29日更新】

2016年11月18日公開(2017年12月5日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

※2017年12月のIPO情報はこちら!
⇒IPOスケジュール一覧【2017年】

 毎年12月は「IPO祭り」とも呼ばれ、新規上場する企業の数が多いと言われている。

 IPO株は、株式投資の一種でありながら、少ないリスクで大きなリターンを期待できる数少ない投資法のひとつ。しかし、いくらIPO投資をしたくても、新規上場する銘柄がなくては当然売買することはできない。

 つまり、新規上場の多い12月は、IPO投資家にとって年に1回訪れる絶好のチャンスの月なのだ。

決算時期と新規上場の手続きの関係から
IPOは3の倍数の月に多い

 2013年から2016年まで、過去4年間に日本取引所グループで新規上場した件数を月ごとにまとめると、次のようになる。ただし、2016年は11月21日時点の数字なので、今後数件増える可能性はある。

 データを見ると、今年に関して言えば3月の方が多いものの、過去4年の平均では、やはり12月に上場する銘柄数が多い。さらに、3月、6月、9月、12月と、3の倍数の月のIPO銘柄数が多いのがわかるだろう。

 「3の倍数の月に上場する企業が多いのは、企業の決算時期との関係です」

と言うのは、投資サービス会社フィスコで長年IPOについて分析をしている株式アナリスト・小林大純(こばやし・ひろずみ)さん。

 「企業が新規上場するときは、直近四半期の決算を締めてから1カ月あまりで決算を確定し、上場を最終決定して発表、そして上場、という流れになり、その作業に大体3カ月くらいかかります。四半期の決算は3の倍数の月になるので、結果として3月、6月、9月、12月に上場する企業が多いのではないでしょうか。特に12月上場の企業が多いのは、『年内に上場したい』という企業の思惑から、駆け込み的にIPOが増えるようです」

2016年12月に上場するのは15銘柄
一押しは、自動運転技術のベンチャー企業「ZMP」

 2016年の12月に新規上場する銘柄は、次の通り(※2016年11月21日時点)。なお、それぞれの銘柄の詳しい情報は、詳細ページを参照して欲しい。

※2017年12月のIPO情報はこちら!
⇒IPOスケジュール一覧【2017年】

■2016年12月に新規上場するIPO銘柄(2016年11月21日時点)
 上場日  銘柄名 主幹事 ブックビルディング期間 詳細
ページ
12/7 イントラスト みずほ証券 11/21~11/28
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/8 グッドコムアセット 野村證券 11/21~11/28
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/14 キャリアインデックス SBI証券 11/28~12/2
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/15 MS-Japan 野村證券 11/29~12/5
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/16 シンシア SBI証券 11/30~12/6
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/19 日本モーゲージサービス みずほ証券 11/30~12/6
IPO銘柄の詳細ページはこちら
ZMP SMBC日興証券 11/30~12/8
IPO銘柄の詳細ページはこちら
船場(せんば) 野村證券 12/1~12/7
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/20 リネットジャパングループ SBI証券 12/2~12/8
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/21 グレイステクノロジー 東海東京証券 12/5~12/9
IPO銘柄の詳細ページはこちら
セグエグループ みずほ証券 12/5~12/9
IPO銘柄の詳細ページはこちら
イノベーション SMBC日興証券 12/6~12/12
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/22 フォーライフ みずほ証券 12/6~12/12
IPO銘柄の詳細ページはこちら
エイトレッド 大和証券 12/7~12/13
IPO銘柄の詳細ページはこちら
12/27 ティビィシィ・スキヤツト SMBCフレンド証券 12/7~12/13
IPO銘柄の詳細ページはこちら
⇒詳細な「IPOスケジュール」はこちら!

 2016年の「IPO祭り」の先陣を切るのは、家賃保証などの総合保証サービス事業を展開するイントラスト(7191)と、不動産デベロッパーのグッドコムアセット(3475)の2社で、11月21日(月)からブックビルディング(抽選申し込み)がスタートした。

 その後は1週間ほど間が空くが、12月半ばからは連日IPOが続く。12月19日(月)は、3社同時に上場する。虎視眈々と投資チャンスを狙っていたIPO投資にとっては、絶好の機会だ。

 12月上場のIPO銘柄の中でも注目度が高いのは、今なにかと話題となっている自動運転技術の開発を行うベンチャー企業、ZMP(7316)だろう。

 「自動運転車開発の有望ベンチャーとして、かねてから株式市場でも知られている企業です。ソニー(6758)ディー・エヌ・エー(2432)といった有力企業との連携や、『ロボットタクシー』の実証実験など、豊富なニュースフローで期待が高まっています。政府も、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて自動運転技術の実現を目指しており、政策に沿ったテーマ性が人気を後押しするでしょう」(小林さん)

と、小林さんもZMPに期待を寄せる。

好調な日本株市場がこのまま続けば
12月のIPOにも期待できる

 IPO投資をする際に気になるのは、市場環境だ。いくら有望なIPO銘柄であっても、市況が悪いと大きな値上がりは期待しにくい。しかし2016年12月に関して言えば、非常に良好が市場環境が期待できる。

 「トランプ次期米大統領の政策に期待した買いや、米長期金利の上昇に伴う円安進行を受けて、日本株は強い動きを見せています。中小型株はやや出足が鈍かったのですが、ここに来て資金流入が観測されており、個人投資家のリスク許容度も高まっていると見られます。こうした市場環境は、IPOには追い風となるでしょう」(小林さん)

 もともと、「IPO祭り」のように新規上場が集中する時期は、投資家の関心がIPO投資に向かいやすく、その分、資金がIPO市場に流入して株価も上がりやすいというメリットがある。

 その一方で、IPOが集中することのデメリットもある。

 「IPO銘柄数が多いと、事業内容や公開規模による銘柄選別が強まる傾向があります。さらに、同日に複数社が上場する場合は、初値買い資金が分散するため、想定より初値が伸び悩むこともあります。こうしたことを考慮した上で、慎重にIPO投資に臨んでいただきたいと思います」(小林さん)

 IPO株を購入するには厳しい抽選で当たる必要があるため、「できるだけ多くの証券会社から申し込んで当選確率を上げる」というのが基本戦略となる。抽選申し込み自体は無料で、当選できなければ一切の費用はかからない。

 問題は、申し込みから抽選までの期間、購入費用分の資金が拘束される証券会社が多いことだ。例えば、公開価格1500円、1単元100株のIPO株に申し込むと、一定期間15万円の資金が拘束される。

 つまり、IPOに申し込むのは無料とは言え、数多くの銘柄に申し込むには、それなりの資金を用意する必要があるのだ。十分に資金のある人は問題ないが、限られた資金で12月の「IPO祭り」にチャレンジしたい人は、数多くのIPO銘柄の中からより有望な企業を選び出すことが重要となる。

 IPO株の分析方法は、こちらの関連記事が参考になるだろう。

【IPO株の分析方法はこちら!】
IPO株の初値を予想するのは意外と簡単だった!?公開規模や予想PER、仮条件などの公開情報を元にプロが実際にやっている初値予想の出し方を公開!

SBI証券なら、12月上場の15銘柄中12銘柄に申し込みが可能
注目のZMPを狙うならSMBC日興証券は外せない!

 これから証券会社の口座を開いて12月の「IPO祭り」に参加したい、という人は、まずどこの証券会社がオススメだろうか?

 まずは、自分が申し込みたいIPO銘柄を決め、そこを取り扱っている証券会社を中心に、なるべく当選確率を上げるために複数の証券会社から申し込むのが定番のやり方だ。だが、初心者にとっては、いきなり複数の証券会社の口座を開くのはハードルが高いかもしれない。

 2016年12月の「IPO祭り」に関して言えば、一番のおすすめ証券会社は「SBI証券」だ。12月上場の15銘柄のうち実に12銘柄に申し込むことができ、そのうち3社では主幹事証券まで務めている。もちろん、前出のZMPにも申し込み可能だ。

 また、15銘柄のうち11銘柄を取り扱う「SMBC日興証券」もおすすめだ。主幹事数は2社だが、注目のZMPの主幹事証券を務めているのは魅力的だ。ZMPを狙う人は、ぜひ口座を解説しておきたい。

【SBI証券の詳細ページはこちら!】
IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など、独自サービスも充実のネット証券最大手!
【SMBC日興証券の詳細ページはこちら!】
信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!

 その他、こちらの記事ではIPOに当選しやすい証券会社について解説しているので、参考にするといいだろう。

【IPO投資向け証券会社選びならこちら!】
IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え!通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

今年の「IPO祭り」を機会に
IPO投資にチャレンジしてみよう!

 今回の記事では、2016年12月の「IPO祭り」について解説した。

 IPOは一般の人にはなかなか馴染みがないだけに、株式投資初心者にはハードルが高いように思われがちだ。しかし、最初にも書いたが、IPO投資はリスクが少なく大きなリターンが期待できる非常に魅力的な投資だ。これまでIPO投資をしたことのない人は、今回の「IPO祭り」を機会に、ぜひチャレンジしてみて欲しい。

※2017年12月のIPO情報はこちら!
⇒IPOスケジュール一覧【2017年】

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2021年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2021年6月1日時点】


【2021年版】本気でIPO当選を狙うなら、真っ先に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

野村證券 ⇒詳細情報ページへ
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
22社
41社
17社
35社
23社
37社
10%以上:1人1票の平等抽選 533万
【ポイント】
取り扱い数はSMBC日興証券やSBI証券より少ないものの、主幹事数は毎年トップ! 国内最大手の証券会社だけあって、「日本郵政グループ3社」「JR九州」「ソフトバンク」のような、大規模IPO案件で主幹事を務めることも多い。毎回、引受株数の10%以上が完全抽選制のオンライン口座に配分される。また、購入資金は当選後の購入申し込みまでに入金すればOKなので、口座の資金を気にせず気軽に申し込めるのは、限られた資金で運用する個人投資家にとって大きなメリット。本気でIPO投資を考えるなら、真っ先に口座を開いておきたい証券会社だ。
※残あり口座数
【関連記事】
◆「IPO(新規上場)が当選しやすくなる」証券会社の選び方を伝授! 優先すべきは、当選するまで資金が不要な岡三オンライン証券、野村証券などの4社だ!
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
16社
52社
20社
61社
21社
66社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
310万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、2020年は主幹事数、取扱銘柄数ともに第3位! また、日本3大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねている。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
15社
43社
22社
43社
13社
31社
10%:1人1票の平等抽選 303万
【ポイント】
国内三大証券の一角を占める大手証券で、毎年、数多くのIPOで主幹事を務めており、2019年は実績数を大きく伸ばして野村證券を抜いてトップ。取扱銘柄数も毎年トップクラスなので、本気でIPO投資に力を入れる個人投資家には必須の証券会社と言えるだろう。申し込みは1銘柄につき1単元のみなので、当選確率が資金量に左右されないのも資金に限りのある個人投資家にとってはメリット
※ 残あり口座数
【関連記事】
◆【証券会社比較】大和証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
大和証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
15社
85社
7社
82社
11社
87社
60%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジポイント」順に配分
10%:知識・経験・資力と取引状況を踏まえて配分
604万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2020年は全93社中85社と約91%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、大半のIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2021年3月末時点。
注目の証券会社!

【SMBC日興証券】
IPO取扱数がトップクラスで主幹事数も多い!
2019年には61社のIPO取扱実績数を誇る
おすすめ証券会社!関連記事はこちら

IPO株の取扱数が毎年トップクラスのSMBC日興証券公式サイトはこちら!

No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
楽天証券の公式サイトはこちら!1日100万円までの取引なら「株の売買手数料が0円!」楽天ポイントも貯まる! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
SBI証券の公式サイトはこちら! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
3000円の投資入門

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500の激辛診断/3000円の投資入門]

◎巻頭ニュース
2021年後半の日経平均はどうなる?
プロ10人中7人が年内再び3万円超を予測

◎第1特集
買っていい株が276銘柄
人気の株500+Jリート激辛診断【夏版】
ザイ独自の最新の業績予想にも注目

儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマから見つける
・今期の会社予想が大幅増収増益の株
・海外の景気回復が追い風の株
ワクチン接種の進展に期待の株

2021年夏のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート

◎第2特集
「10倍株」や「利回り7%超」の株
人気の米国株150オススメ&診断【6-9月】
3カ月先の相場や株の買×売を大予測!
● NYダウ&ナスダック 指数予測
●買いの高成長株&高配当株
●GAFAM+2N 徹底分析
●定番の127銘柄買い売り診断

◎第3特集
3000円から始める投資入門
「株」1株から買えるオススメ株も
・スマホ証券を徹底比較
・少額投資にピッタリのオススメ株
・成長株/高配当株/500円株

●「投信」コツコツ積立て基本と選び方
・自分に合った投信の選び方
・迷ったらコレを買え!ベスト30
・つみたてNISA&iDeCoを徹底比較

●米国株・金・ビットコインなど少額からできる商品

◎第4特集
国内のオイシイを食べつくせ!
ふるさと納税で日本縦断

◎別冊付録
割高・割安がズバリわかる!
最新決算で一新!
上場全3809銘柄の最新 理論株価

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報