世界投資へのパスポート

トランプ大統領の閣僚人事により、原油価格が急騰!?
11月30日のOPEC総会で減産合意に到達すれば、
「石油株」「シェール株」「石油サービス株」が買い

2016年11月21日公開(2017年11月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

11月30日開催のOPEC総会で
減産合意がなされる?

 11月30日(水)に、ウイーンで石油輸出国機構(OPEC)の総会が開かれます。市場参加者のコンセンサスは「OPEC総会では減産合意には到達できない」というものです。

 そういう私も、「OPECメンバー各国の思惑が食い違い過ぎているので、意見調整はムリだろう」と、考えてきました。

 しかし、先週から突然、減産機運が盛り上がっています

 そこで、今日はこの問題について書きたいと思います。

減産機運が高まった理由はトランプが発表した2人の人事に
1人はCIA長官のマイク・ポンペオ

 先週、OPECメンバー各国が、「もう一度、自分たちに何ができるか、しっかり考えてみよう」と思い始めた背景には、11月8日の米国大統領選挙で当選したドナルド・トランプが主要ポストの人事を発表したことがあります。

 特にOPECとの絡みでは、CIA(中央情報局)長官にマイク・ポンペオが推挙されたことと、国家安全保障補佐官にマイケル・フリンが抜擢されたことが重要です。

 まずCIA長官に選ばれたポンペオですが、彼は共和党の下院議員で、ウエストポイント(陸軍士官学校)をトップで卒業、従軍したあと、ハーバード・ロースクールを卒業しました。ハーバード・ロースクールでは、オバマ大統領と同じように、学生団体が発行する法律評論誌「ハーバード・ロー・レビュー」の編集長を務めました。これは大変名誉ある地位です。

そのポンペオは、イランの核開発を制限する「6か国核合意文書」に強硬に反対する立場を取っています

 「6か国核合意文書」は、イランに対する経済制裁を解除する代わりに、イランが核開発をスローダウンするという取決めです。この合意に基づき、1979年のイラン革命以来、アメリカが凍結してきたイランに対する過去の支払いが、ようやく再開されたばかりでした。

 しかしCIA長官になる人が「6か国核合意文書」に反対の立場を取っていることで、「来年から、そろそろイランとの商取引を再開しよう」と思っていた米国企業や米銀は、出鼻を挫かれた格好になります。

 なるほど、イランに対する経済制裁は大筋では解除されているわけですが、欧州とアメリカでは国内法が違うので、現状ではアメリカ企業はイランとの商売を再開しにくい状況に置かれているのです。

 イランの原油生産は経済制裁解除後着実に増加しており、現在は369万バレル/日と、ほぼ経済制裁以前の水準まで戻っています。


 一方、イラクも戦争の後、原油の増産を急いでおり、両国はOPECの中で最も「足並みを乱す」原因を作っている国だと言えます。

 イランは長年、石油生産設備に新規投資できない環境に置かれてきたので、設備が老朽化しています。これ以上増産するには、世界最先端の技術を持つアメリカの石油探索生産機器を導入する必要があります。

 しかし上に書いたような事情で、アメリカ企業が尻込みすると増産できなくなるのです。

 このような背景から、イランは先週になって突然、「OPEC減産に合意してもよい」と言い始めています。すでに生産能力の限界まで増産しているわけだし、今後、アメリカと「6か国核合意文書」に基づく商取引の正常化を交渉してゆく上で、「OPEC減産カード」を持っていた方が交渉を有利に進めることが出来るからです。

イスラムに対してタカ派のマイケル・フリンが
国家安全保障補佐官に抜擢されたのがもうひとつの理由

 次に国家安全保障補佐官に抜擢されたマイケル・フリンですが、彼は陸軍中将としてアフガニスタンなどで従軍しました。

 彼はトランプと違い、民主党の党員です。オバマ大統領から国防情報局長官に任命されたのですが、アメリカのイラク政策が「ぬるすぎる!」と批判したことからオバマ大統領から疎まれ、解任された経緯があります。

 このように、フリンはイスラム(回教)に対してタカ派であり、「そもそもイスラムに良いイスラムとか悪いイスラムという区別は無い。イスラムに対しては徹底的に戦わないといけない」という過激な意見の持ち主です。

 アメリカは、これまで中東諸国と接するに際し、「この国はアメリカの友達。この国は敵」という風に、同じ回教国でも注意深く選別し、パートナーを選んできました。

 しかしフリンは、「イスラムは、全部ダメ」という極論の持ち主なのです。

 すると回教国が多いOPECのメンバー間では、「俺たち、反目し合っている場合じゃない!」という危機感が醸成されつつあるのです。

 先週以降、OPEC内部で減産合意気運が俄然高まっているのは、そのような理由によります。

もしOPECで減産が発表されたら、
石油関連株が狙い目に!

 11月30日のOPEC総会で減産が発表されたら、原油価格は55ドル前後まで上昇する可能性があります。

 その場合、まずは石油株が買われるでしょう。銘柄としては、大型株ではエクソン・モービル(ティッカーシンボル:XOM)が割安放置されていると思います。配当利回りは3.5%あります。

エクソン・モービルが出遅れている理由は、大手の中で、同社だけが最近の原油安で確認埋蔵量の下方修正をしていないことから、「資産毀損による赤字を計上するのではないか?」という不安がつきまとっているからです。

 はっきり言って、そのような下方修正は帳簿上の評価を減じるだけのものであり、キャッシュロス、すなわち実際の営業ベースで赤字を出すということではありません。だから評価損を計上するなら早く計上してしまった方が良いし、実際に計上されたとしても日々の業務や同社に対する信用には何ら影響はありません。

 次にシェール株では、キャロン・ペトロリウム(ティッカーシンボル:CPE)が妙味だと思います。同社は、西テキサスのパーミアン・ベイシンで操業している業者のひとつです。

 石油サービス株の中では、ドリルビットなどを作っているベーカー・ヒューズ(ティッカーシンボル:BHI)が面白いでしょう。同社は最近、ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)の石油機器部門と経営統合すると発表しており、これを機にGEのグループ企業入りを果たします。

GEは「モノのインターネット(IoT)」でリードしており、石油探索機器はその中でも最も有望な分野です。従って、GEが「モノのインターネット」を押し進める際の戦略企業としてベーカー・ヒューズを取り込んだというわけです。

【今週のまとめ】
中東産油国の不安から減産合意が発表されれば
石油関係の株が狙い目に!

 「減産合意は無理」とおもわれてきたOPECですが、ここへきてムードは変わっています。トランプ政権の閣僚人事が、中東産油国を不安に陥れているのが、そのキッカケです。

 もし11月30日、本当に減産が発表されたら、原油は急騰するでしょう。原油急騰局面ではエクソン・モービルキャロン・ペトロリウムベーカー・ヒューズなどに投資したいと思います。

【2019年10月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi(ザイ) 2019年11月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報