勝ち組トレーダーによる投資コラム集
2017年9月20日公開(2018年1月10日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

「つみたてNISA」と「iDeCo」は、投資の常識を
大きく変える! 金融庁の思惑は「個別株の短期売買」
から「インデックスによる長期分散投資」への転換か
吊られた男・連載コラム【第3回】

2014年から始まった「NISA」に続いて、今年スタートの「個人型確定拠出年金・iDeCo」、そして来年スタートの「つみたてNISA」と、投資家にとって魅力的な制度が相次いで誕生している。インデックス投資家の吊られた男さんは、「これらの制度が始まることで、『投資の常識』が変わるかもしれない」と予測する。それは一体どういう意味なのだろうか? 吊られた男さんの連載第3回では、「iDeCo」と「つみたてNISA」を取り上げ、その個人投資家にとっての意味や影響を解説する。

【吊られた男さんの詳細記事はこちら!】
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!

「iDeCo」と「つみたてNISA」が始まることで
今の雑誌の特集は過去のものに?

 2017年から「iDeCo」が始まりました。そして、2018年からは「つみたてNISA」が始まります。この2つの投資制度は、日本における「投資」に対するイメージを一新させる可能性を持った制度です。

 日本において投資というと、「安く買って高く売る」「儲かる銘柄を見つけないといけない」というものが主で、「いかに上手く売買するタイミングを図るか」「どうやって値上がりしそうな企業の株を見つけるか」といったことが注目されています。例えば、この連載が掲載されているザイ・オンラインでも、『さらなる成長&株価上昇が期待できる「大型増収株」ベスト5!』といったような特集が掲載されています。

 しかし、iDeCoやつみたてNISAは、このような「値上がりする株を見つけ出す投資」とは全く異なる「長期分散投資」と相性がいい制度になっており、投資の常識を「短期売買から長期」「銘柄厳選から分散」へと変えてしまうかもしれません

 iDeCoとつみたてNISAが投資の常識を変えると言われても、これらの制度がどのようなものか分からないと、何で常識を変えうるのか分かりませんよね。そこで、最初にiDeCoとつみたてNISAがどのようなものかを簡単に紹介しましょう。

今年始まったばかりの
個人型確定拠出年金「iDeCo」って何?

 iDeCoは、個人型確定拠出年金の愛称です。何で「いでこ」という名前なのかと言うと individual-type Defined Contribution pension planという英語表記の名前から取ってiDeCoとなったとのことです。この愛称は公募で決まりました。まあ、この由来はともかく「いでこ」という名前で覚えておきましょう。

 iDeCoはどんな制度かは、ザイ・オンラインに掲載されている『「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説 』あたりを読んでもらいたいのですが、ここで何も説明しないのもあまりにも不親切でしょう。

 簡単に触れておくと、iDeCoとは、個々人が毎月決めた金額を積み立てて、預金・保険といった元本確保型の商品やリスクのある投資信託で運用して老後資金を貯めていくと制度です。

 これだけを読んでも、普通に銀行で口座を開くのと何が違うのか分かりません。銀行でも預金を預けられるのはもちろん、保険や投資信託も取り扱っています。通常の銀行口座とiDeCoは何が違うのでしょうか?

 iDeCoには、非常に大きな税金の優遇があることが特徴です。具体的には、次の3つの優遇が受けられます。

【iDeCoの魅力は3つの税金優遇】
1. 拠出した資金が全部所得控除され、所得税と住民税がお得に
2. 運用中の利益に対して非課税
3. 受け取り時に、年金もしくは退職金扱いとなり、税金面で優遇されることがある

 まず、最大のメリットは、拠出した(投資した)金額が所得控除となることです。収入がある人には、大きな節税になります。

 具体的には、iDeCoに投資したお金は所得から引かれます。年収400万円の人がiDeCoに年間24万円拠出したら、その人の所得は24万円引かれます。つまり年収376万円と同等に扱われるので、その分だけ所得税と住民税が安くなります。

 仮に、所得税率の累進部分が10%の場合、住民税の10%と合わせて、拠出金の2割の節税となります。24万円の拠出なら4万8000円が節税になります。 

 株式や投資信託に投資しても儲かるかは不確実ですが、節税で手元に残るお金は確実なものです。確実に4万8000円が手元に残ると考えるとそれだけでも魅力的な制度ではないでしょうか。

 2番目のメリットは、運用中の利益は全て非課税になることです。通常の口座で利益が出ると、預金の金利の利子でも20.315%、株の配当でも20.315%、売却益でも20.315%の税金を引かれます。しかし、iDeCoの中でこれらの利益を得ても一切課税されません。

 3つ目のメリットは、受け取り時にも年金もしくは退職金扱いで税金が優遇されるケースがあることです。前述の通り、銀行の利子や株・投資信託の運用益には、20.315%の税金がかかります。しかし、iDeCoで運用したお金を受け取るときは、退職所得控除や公的年金等控除といった一定の非課税枠の対象となり、非課税、あるいは税金が安くなる可能性があります。

 iDeco原則として60歳まで引き出せないというルールがあるので、短期売買で利益を出すことはできないというデメリットはあります。しかし、そのような短期売買ではなく、最初から「長期保有で運用したい」と考えている人には関係ありません。むしろ、引き出せないことで強制的に長期投資となるので、短期的な損益に一喜一憂せずに長期投資を続けられるというメリットにすらなるかもしれません。

 いずれにしても、税金面で大きな優遇があるiDeCoは、収入があってiDeCoに加入できる人は是非とも加入を検討してほしい制度です。

「つみたてNISA」は
これまでの「NISA」とは何が違う?

 「つみたてNISA」は、2018年から始まる制度です。つみたてNISAは、毎年40万円まで拠出でき、最大20年間税金が非課税になる制度です。

 従来あったNISAも同じような制度ですが、NISAは年ごとの非課税で運用できる期間が5年間しかなく、長期投資で活用するには期間が短くて長期投資に適しているとは言えない制度です。

■従来のNISAとつみたてNISAの比較
  従来のNISA つみたてNISA
年ごとの非課税運用可能期間 5年 20年
年ごとの拠出限度額 120万円 40万円

 120万円 vs 40万円と、NISAの方がつみたてNISAよりも年ごとの拠出額は多くなっています。しかし、金融庁が発表した「NISA口座の利用状況に関する調査結果」によると、20代ではNISA口座開設者のうち8割程度は40万円以下の拠出額です。稼ぎが増える30代や40代となっても口座開設者のうち約7割の人は、40万円以下の拠出額でした。もちろん、NISA口座を開いたけど使っていない人も含めた数字ですが、拠出枠を持て余している人が多数いる印象です。

 長期投資の観点から見ると、使い切れない人が多い単年度の金額の多さより、非課税で運用できる期間が長い方が、メリットは大きいと言えます。

 仮に、特定口座で40万円を20年間投資信託で運用して年平均5%相当のリターンがあったとすると、受け取り時には106.1万円になります。利益に対して20%(※)の税金がかかるので、特定口座で運用していた場合には、(106万円-40万円)×20%=13.2万円が税金になります。しかし、つみたてNISAで運用した場合、これが非課税となります。40万円を投資して66万円の利益に対し、13.2万円の税金がかかるか/かからないかは大きいのではないでしょうか。
※平成50年以降、復興特別所得税がなくなるため、税率は20.315%から20%になる予定。

■つみたてNISAのメリットを試算 (※年平均5%相当のリターンで20年運用した場合)
  通常の特定口座 つみたてNISA
当初資産 40万円
20年後の資産(税引前) 106.1万円
税金 13.2万円 0円
20年後の資産(税引後) 92.9万円 106.1万円
※40万円を20年間投資信託で運用して年平均5%相当のリターンがあったとして、通常の特定口座とつみたてNISAで比較。

 もちろん、20年運用していれば必ず儲かるという保証はありません。しかし、NISAの5年に比べると、20年という期間は最終的な損益はプラスで終わっている可能性が非常に高くなります。高い確率で利益が出ることが期待されて、その利益が非課税となればかなり美味しい制度です。

「iDeCo」も「つみたてNISA」も
長期積立投資を前提とした制度

 さて、ここからが本題です。

 iDeCoもつみたてNISAも「毎月●円ずつ購入」といった積立を基本とした制度です。また、iDeCoもつみたてNISAも、預金など元本保証を除くと投資信託での運用になっているので、個別の銘柄を選んで機動的にデイトレで売買といった取引はできません。

 またiDeCoの場合には、売却の指示を出して次の買付けをするまでに普通の投資信託の売買以上に時間がかかるので、タイミングを見ての売買は非常に難しい。基本的には、ある程度の期間保有し続ける投資と相性のいい制度です。

 一方、つみたてNISAでは一度売却してしまうと非課税期間が終わってしまうので、非課税期間を最大限有効の使おうとすると、購入後は売却しないで持ち続ける「バイ&ホールド戦略」で運用することになります。さらに、つみたてNISAで買える投資信託は信託報酬が低いインデックスファンドがほとんどで、制度開始時には買えるアクティブファンドはほんの数本になりそうです。

 このような性格を持つiDeCoとつみたてNISAを投入することで、金融庁が投資信託を使った長期投資を国民の長期的な資産形成の方法として掲げたと言っても過言ではありません。

 実際につみたてNISAのワーキンググループの会議の資料にも次のような記載があり、まさに投資信託を使った長期・積立・分散投資こそが庶民の安定した資産形成に適した投資だと言っています。

預金は、元本保証があり安全性が高い一方、低金利下では得られるリターンはごくわずかにすぎない。投資信託などのリスク性商品に投資を行う場合には、相応の リターンを期待することができる一方、元本割れのリスクが存在することも事実である。この投資のリスクを可能な限り軽減しつつ、安定的な資産形成を行うためには、長期の積立・分散投資が有効と考えられる。投資対象を分散させることで特定のリスクの影響を限定することが可能となり、投資時期の分散(積立投資)により高値掴み等のリスクを軽減できるほか、長期で保有することにより投資リターンの安定化が可能となる。家計の安定的な資産形成を支援するための制度として、平成26年1月から開始された NISA は、着実に普及・定着が進んでいるが、特に積立による長期投資を強く後押ししていくとの観点から、平成 29 年度税制改正において積立 NISA の創設が決定され、関連する税制改正法案が国会で可決・成立した。

※引用元:『「長期・積立・分散投資に資する投資信託に関する ワーキング・グループ」報告書』(金融庁)

金融庁の後押しにより、「投資」のイメージは
「安く買って高く売る」から「長期・積立・分散」へ

 今まで、日本において投資というと「安いときに買って高く売る」という売買のタイミングを図ること、もしくは値上がりする優良銘柄を見つけることでした。マネー誌などでも「これから値上がりする株・投資信託」といった特集が人気です。

 私もセミナーで話すことや雑誌の取材を受けることなどがありますが、「どの商品が良さそうか(値上がりしそうか)」という質問を受けることがあります。特に雑誌の取材の場合にこの質問は多く、「今買うと儲かりそうな銘柄」を掲載するのが読者の目を引きつけると考えているのだろうと思われます。

 このように、「投資は売買タイミングや銘柄選ぶことが大事である」というイメージが根付いているところに、金融庁が家計の安定的な資産形成を実現する投資として長期・積立・分散投資を掲げて参入してきました

 一朝一夕で投資のイメージが変わるとは思えませんが、金融庁がここまで強く長期・積立・分散投資を推してくると、日本における投資のイメージは変わってくるのではないでしょうか。

 2018年は長期・積立・分散投資時代の幕開けになりそうです。

【iDeCo(個人型確定拠出年金)の詳細記事はこちら!】
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

著者:吊られた男
(『吊られた男の投資ブログ』:http://www.tsurao.com/)

大手外資系製薬会社でシステム系エンジニアとして働くかたわら、約10年前よりインデックス投資を開始し、その運用益1000万円以上に。『吊られた男の投資ブログ』は、運用銘柄から資産状況まで赤裸々に公開されており、インデックス投資家の間で広く読まれている。ちなみにHNは、タロットカードの「The Hanged Man」から。

2017年7月には、初の著書となる『毎月10分のチェックで1000万増やす!  庶民のためのズボラ投資』(ぱる出版)を上梓。

【過去の連載記事はこちら!】
【第1回】「アクティブファンドはインデックスに勝てない」という資産運用業界にとって不都合な事実。個人投資家はインデックスファンドのみでOK!
【第2回】インデックス投資では、取り崩し開始のタイミングで大暴落が来ても大丈夫? リーマン・ショック時のインデックスファンドの値動きもとに徹底検証!
【吊られた男さんの投資手法などはこちら!】
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
【他のインデックス投資家のインタビュー記事】
資産運用のキモは積立+株価暴落時のスポット買い!リーマン・ショック後の大量買いで資産を増やしたインデックス投資家・虫とり小僧さんの手法を公開!
インデックスファンドとETFの二刀流で利益アップ!運用成績+40%超のインデックス投資家・kenz氏の資産配分とポートフォリオ、おすすめ銘柄を紹介!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2019年2月4日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 701本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/ 2674本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2670本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2500本超。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2018年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、11度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1172本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 813本
米国、中国、
欧州、アセアン
【おすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 98円 241円 436円 110本
【おすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

1日の約定代金10万円以下なら売買手数料は0円!
優待名人の桐谷さんもおすすめする、初心者にも
やさしい証券会社!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! 1日最大40万円まで手数料0円 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン https://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 株主優待名人・桐谷さんがおすすめする「株主優待」を大公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング