世界投資へのパスポート

米国市場は下落するも、カギを握る200日移動平均線
は死守! 反騰し、上値を追える条件が整った今、
狙うべきは決算発表で好業績を示したあの銘柄!

2018年2月12日公開(2018年2月12日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

先週のマーケットは調整局面
テクニカル的には上値を追える条件が整う

 先週の米国株式市場は、2月に入ってからの軟調な地合いを引き継ぎ、週間ベースでダウ工業株価平均指数(NYダウ)が-5.2%、S&P500指数が-5.17%、ナスダック総合指数が-5.15%と続落しました。S&P500指数は一時高値から-10%を記録し、いわゆる「調整局面」が成立したことになります。

■ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月
ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示
■S&P500指数チャート/日足・6カ月
S&P500指数チャート/日足・6カ月S&P500指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 S&P500指数の200日移動平均線は、2539.26にあります。トレーダー達は、S&P500指数がこの水準を死守できるかどうかに注目していました。先週金曜日、S&P500指数はこの水準めがけて急落、そこから急反発しました。結局、大引けは下ヒゲで終了しています。

 つまり、テクニカル的には、今週から上値を追ってゆける条件が整ったのです

現在の米国株式市場で
投資家は何を見ているのか?

 そもそも今回の急落局面は、賃金インフレに対する不安によってもたらされました。インフレ懸念は、米国10年債利回りの急騰をもたらしました。

■米国10年債利回りチャート/日足・6カ月
米国10年債利回りチャート/日足・6カ月米国10年債利回りチャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 おおまかに言って、米国10年債利回りが2.85%を超えると株式市場に売り物が殺到します。株価が急落すると、今度は株式市場から債券へと避難する資金により債券が買われ、その結果債券利回りが下がります。そして、債券利回りが2.7%台に低下すると、株式に対する売りプレッシャーが和らぎ、市場は反発モードに入ります

 ここ2週間のマーケットは、そういうことを繰り返しているのです。

株価の下落と企業の好業績により
株式バリュエーションは割高感が解消!

 現在、2017年第4四半期決算の発表が相次いでいます。

 これまでに67%の企業が決算発表を終え、その大半が事前コンセンサス予想を上回る好決算を出しています。その結果、来期以降の会社側ガイダンスも引き上げられるケースが多かったです。

 このため、S&P500の2018年のコンセンサス一株当たり利益(EPS)予想は157.02まで上がってきました。

 ちなみに去年のクリスマス直前は146だったので、わずか1カ月半で10ドル以上もコンセンサスEPS予想が伸びたことを意味します。つまり、企業業績は絶好調なのです

 この1)企業業績の好調と、2)過去2週間の株価の下げ、の2つの要因により、S&P500指数の株価収益率(PER)は16.7倍まで下がってきました。クリスマスの頃はこの数字が18.5倍だったことを考えると、かなり割高感は解消されたことがわかります

 ちなみに、過去5年間の平均PERは16倍、過去10年間は14.2倍です。

長期で見れば金利水準はまだまだ低い
しかし金利上昇の悪影響は当分出てこない

 さて、米国10年債利回りの上昇が今回の株安の引き金になったことは冒頭で説明しましたが、1960年代まで遡って見ると、現在の金利水準はまだまだ極めて低いことがわかります。

 金利の長期下落局面は、どうやら終焉したように見えます。したがって今後金利はだんだん上昇してゆくのかもしれません。しかし、その場合でも、金利上昇局面の初期段階では、上昇ペースが穏やかであることが過去の経験則で知られています。

 したがって、急激な金利上昇で、消費者がクレジットカード債務の返済に困る、変動金利住宅ローンの金利上昇でローンが返せなくなる、などの悪影響は、まだ出てこないと思われます。

今が回の米国株式市場で
何を買うべきか

 米国10年債利回りが現行の2.8%前後で、S&P500のPERが16.7倍なら、アメリカ株は「買い」だと思います。問題は、「何を買う?」ということです。

 ひとつのアプローチとして、私は「好決算を出した株を、こういうチャンスに素直に拾う」という戦法をお勧めします。

 今回の決算発表シーズンで、とりわけ印象に残った素晴らしい決算を出した企業には、フェイスブック(FB)アマゾン(AMZN)エヌヴィディア(NVDA)スナップ(SNAP)などがあります。

【今週のまとめ】
米国株式市場に絶好の買いチャンスが到来!
素直に「好決算企業」を狙え!

 米国株式市場は、高値から-10%の下げを演じ、「調整局面」に入っています。しかし、テクニカル的には200日移動平均線を死守し、下ヒゲを付けているので買い出動すべき局面です。

 米国企業の業績はすこぶる好調で株価収益率(PER)はずいぶん下がりました。割高感は払しょくされたのです。今後も金利上昇はゆるやかだと思われるため、いまは絶好の買いチャンス到来です。

 銘柄選定に当っては、足もとの決算で立派な数字を出した企業に注目したいと思います。

【今週のピックアップ記事!】
「ソフトバンク」がIPO(新規上場)を公式発表! 初値予測や過去の大型IPOの比較から、孫正義氏の狙いまで、フィスコのアナリストがズバリ分析!
安定的にキャッシュを稼ぎつつ、戦略的な設備投資で事業拡大を狙う、成長が期待できる銘柄を狙い打ち! キャッシュリッチな「大冷」「東京特殊電線」に注目
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【2020年2月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3300銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。また、一部の米国ETFは売買手数料が実質無料で取引できる。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株日本株
ラクラク確定申告
億り人の座談会

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

日本株&確定申告&億り人のセキララ座談会

今年勝てるメダル級の主力株&2020年の戦術を大公開
最強日本株
日経平均は年末に2万6000円へ!
強気? 弱気? 今年はこう戦え!
・6つの勝ち方MAP
最安1万円台から! 初心者必見の5万円株
最高6.5%! 値上がり期待もある高配当株
長期で大化け期待の成長株がズラリの10倍株
桐谷さんが割安株をチョイスした株主優待株
・時代に波に乗って長期で安定成長する大型安定株
新規上場株の中から再上昇を狙うIPO株

超有名イラストレーター金子ナンペイと一緒に
GO2020年こそ株デビュー
「オレが株わかるモンで儲けてやる! 」

億り人の2020年の戦略は?

スマホやパソコンでラクラク作成
確定申告2020年
・ますますカンタン&便利! スマホの入力方法
・e-Taxの使い方
・ふるさと納税の申告/株・投信の申告/配当・分配金の申告/FX の申告/医療費控除・セルフメディケーション特例の申告

コストや分配金のギモンが丸わかり!
投信超入

●自腹でガチンコ投資! AKB48株ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
●不要品をお金に換えろ! 

メルカリ&ラクマ大研究

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報