世界投資へのパスポート
2018年11月26日公開(2018年11月27日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

FAANG、GAFAの次は「お菓子メーカー」を買え!
食品会社「モンデリーズ・インターナショナル」が
ディフェンシブ株の中でも注目銘柄である理由とは!?

下落基調にある米国市場において
投資家が求めるのはディフェンシブ株

 10月以降、米国株は下落基調にあります。これまで相場を引っ張ってきたフェイスブックアマゾンアップルアルファベットなどの銘柄の値動きは冴えません。そこで投資家は「何か新しい投資対象を見つけなければ」と感じ始めています。

 もし、アメリカの景気が今後鈍化するのであれば、景気後退局面に強い銘柄が好ましいです。それらの銘柄は「ディフェンシブ株」と呼ばれます。ディフェンスは「防御」という意味です。つまり「守り型」の銘柄というわけです。

 食品、ヘルスケア、日用品、公益事業などは、業績が景気に左右されにくいためディフェンシブ株だと考えられています。

「モンデリーズ・インターナショナル」は
「オレオ」「リッツ」などのブランドを展開する菓子メーカー

 今日は、そのようなディフェンシブ株の中で食品会社のモンデリーズ・インターナショナル(ティッカーシンボル:MDLZ)を紹介します。お菓子のメーカーです。

 モンデリーズ・インターナショナルという名前は日本の投資家には余り馴染みが無いと思いますが、もともとはクラフト・フーズ・インクという名前でした。

 クラフト・フーズ・インクは、チーズやアイスクリームなどの乳製品を基軸として、いろいろな食品会社を買収し大きくなりました。

 1988年に、たばこ会社のフィリップモリスがクラフト・フーズ・インクを買収。そのフィリップモリスが2000年にビスケットのナビスコを買収したことで、巨大企業となりました。

 そして2001年に、食品部門を別会社として新規株式公開(IPO)しました。さらに、2012年に、チーズなどから成る北米グローサリー事業をクラフト・フーズ・グループとしてスピンオフし、ビスケット、チョコレートなどのお菓子のビジネスはモンデリーズ・インターナショナルと社名変更しました。

 なお、クラフト・フーズ・グループは、その後2015年にケチャップのハインツを買収し、クラフト・ハインツ(ティカーシンボル:KHC)として今日に至っています。

 さて、今日採り上げるモンデリーズ・インターナショナルは、「オレオ」「リッツ」「LU」などのビスケット、「キャドバリー」「トブラローネ」「ミルカ」「コートドール」などのチョコレート、「トライデント」などのチューインガムを作っています

お菓子市場は、食品セクターの中でも
投資家にとって魅力的なカテゴリー

 お菓子は、グローバルの市場規模1.2兆ドルの巨大なカテゴリーです。お菓子市場は、食品セクターの中では比較的安定的に成長しています。また、マージンも余り激しく変動しないことで知られています。つまり、食品セクターの中にあって、投資家目線では魅力的なカテゴリーと言えるのです

 モンデリーズ・インターナショナルは、お菓子カテゴリーでネスレ、マースなどと並ぶグローバル・リーダーのひとつで、ビスケットやチョコレートなどのカテゴリーでの市場占有率は21%にもなります

モンデリーズ・インターナショナルは世界中に展開
特に新興国では順調に売上高を伸ばす

 モンデリーズ・インターナショナルの2017年の年間売上高は260億ドルで、そのうちビスケットが42%、チョコレートが31%を占めました。

 地域別、商品別の売上構成比は、下のチャートのようになっています。

 つまり、欧州ではチョコレートを中心に、北米ではビスケットを中心に事業展開しているというわけです。

 欧州の市場占有率は21%です。欧州のお菓子市場はまだまだ成長余地がある、と
モンデリーズ・インターナショナルの経営陣は考えています。

 北米は、81%がビスケットから売上げられています。市場占有率は21%です。「オレオ」が圧倒的な強さを示しています。

 アジア・中東・アフリカの市場占有率は22%であり、バランスのとれた商品ポートフォリオを展開しています。なお、中国やインド市場への食い込みはまだまだこれからであり、将来の成長余地は大きいです。

 南米の市場占有率は、30%です。こちらもバランスのとれた商品展開をしています。

 なお、新興国全体としては年間+6%前後で成長しています。つまり、売上成長のモメンタムはすこぶる良いというとこです

営業マージンはすでに十分高いので
今後は売上高を伸ばすことが経営目標

 新興国の売上の話が出たので、全社的に見たモンデリーズ・インターナショナルの経営目標がどうなっているのかを整理します。

 まず、売上高は+3%成長を、純利益は+8%の成長を目指しています。配当成長は、2桁成長を目指しています。そして、年間フリー・キャッシュフローは、30億ドルをターゲットに置いています。

 モンデリーズ・インターナショナルは、クラフトと決別して以来、主に利幅を改善することを経営目標にしてきました。過去5年の間に営業マージンは着実に拡大し、現在営業マージンは16%となっています。営業マージンはもう満足のゆく水準まで改善したので、今後は売上高を伸ばすことに経営の焦点をシフトしてゆく考えです。

 お菓子は、カテゴリーそのものが他の食品より高い成長を示しているので、売上高成長率を出しやすいです。

 北米市場では商品のイノベーションを加速し、新製品を積極的に投入することで売上成長を出してゆきたいと考えています。

 実際、クッキーの「オレオ」の強味を生かした新製品「オレオ・チョコレート」は、市場の反応も好評で、リピート顧客がついています。米国のチョコレート市場は、マース、ハーシーなど巨大企業がガッチリと市場を占有している関係で、競争が激しく、普通のやり方ではシェアを伸ばしにくい状況です。そのため「オレオ・チョコレート」は、ニッチ的な展開を目指しています。

【今週のまとめ】
フェイスブックやアップルなどのハイテク株の次は
景気に左右されにくい銘柄に注目しよう!

 ネット株、ハイテク株が軒並み値を消しているので、アメリカの投資家は新しい投資先を模索しています。そんな中、ディフェンシブ株が次に人気になりやすいセクターだと思われます。

 今回取り上げたモンデリーズ・インターナショナルは、お菓子という健全に成長しているカテゴリーにおけるリーダー企業です。

 特に経営上の問題があるわけではなく、大きなテコ入れやリストラは必要ありません。いままで通りのやり方で、堅実に経営していれば自然に成長できるというストーリーがモンデリーズ・インターナショナルの魅力と言えます。

■モンデリーズ・インターナショナル(MDLZ)チャート/日足・6カ月
モンデリーズ・インターナショナル(MDLZ)チャート/日足・6カ月モンデリーズ・インターナショナル(MDLZ)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
【今週のピックアップ!】
ソフトバンクのIPO(新規上場)の初値は+10〜20%上昇する! フィスコのアナリストの初値予想から上場スケジュール、主幹事証券会社まで詳しく解説!
「IPO(新規上場)が当選しやすくなる」証券会社の選び方を伝授! 優先すべきは、当選するまで資金が不要な岡三オンライン証券、野村証券などの4社だ!
【2019年2月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン https://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 株主優待名人・桐谷さんがおすすめする「株主優待」を大公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング