世界投資へのパスポート

トランプ大統領が、利上げ継続を表明したパウエル
FRB議長の罷免を検討! もし実行に移されたら、
「中央銀行の独立性が脅かされた」と株価急落へ!

2018年12月24日公開(2018年12月25日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

先週のFMOCで、パウエルFRB議長は「利上げ継続」を表明!
自分の意向を無視されたトランプ大統領は“激オコ”に

 トランプ大統領は、今年の2月にジェローム・パウエルをアメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)の議長に指名しました。そのときトランプ大統領がパウエルを選んだ理由は、「パウエルならハト派だし、自分の言うことを聞くだろう」と思ったからです。

 しかしFRBは先週、今年4回目になる利上げを行い、アメリカの政策金利であるフェデラルファンズ・レート(FFレート)を2.5%としました。さらに声明文で「もうあと少し、ゆっくりとした利上げを継続する」と述べ、市場参加者が期待していた利上げの「打ち止め」は実現しませんでした。

 今回の連邦公開市場委員会(FOMC)の前に、トランプ大統領は再三再四「金利を低くしろ!」とパウエル議長に対してプレッシャーをかけていたにもかかわらず、サラリと無視されてしまった格好です。

 メディアの報道によると、先週利上げが発表された後、トランプ大統領は激オコになり、「パウエルをクビにしたい!」と側近に語ったそうです。

 しかし側近たちは、「いまパウエル議長をクビにするとマーケットが動揺し、暴落するリスクがあります」と嘆願し、なんとかそれを思いとどまらせたのだそうです。

トランプ大統領にパウエルFRB議長を
クビにできる権限があるのかは微妙な問題

 さて、ウォール街は、「そもそも大統領にFRB議長をクビにする権限はあるの?」ということでもちきりになっています。結論から言えば、大統領にFRB議長をクビにする権限があるかどうかは微妙です。

 もし、FRBの理事が犯罪をおかした場合、大統領は理事をクビにできます。FRB議長も理事のひとりであるという解釈からすれば、大統領はFRB議長もクビに出来るということになります。

 しかし何も犯罪をしていないのに単に「おまえの采配が気に入らない」という理由ではクビには出来ません。それというのもFRBは議会に対して責任を負っているのであって、大統領の管轄下ではないためです。

 なるほど、FRB議長を指名するのは大統領の役割です。そして、大統領が指名したFRB議長候補は、上院の投票(60%の賛成が必要です)により承認される必要があります。

 しかし、ひとたびFRB議長に就任すると、議長は下院に対して経済運営の責任を持ちます。したがって、経済の現況に関して報告をする際も議長は下院に対しておこないます。もっと端的に言えば、FRBの上司は下院なのです。

 もし、どうしてもトランプ大統領がパウエル議長を罷免したいのであれば、大統領が下院に働きかけ、下院が罷免理由を考え、それを投票に付す必要があります。現在、下院は民主党が過半数を占めているので、トランプ大統領の希望に下院民主党が賛同するとは考えにくいです。

 いずれにせよ、そのような手続きを経てFRB議長を罷免しようとすると、マーケットは「中央銀行の独立性が脅かされた」として急落するでしょう。実際、大統領が中央銀行の采配に文句をつけたトルコでは為替や株が急落した例もあります。

株安が実体経済に影を落とす「逆資産効果」が心配な水準に
トランプ大統領は丸く収めたほうが得策!?

 既に10月以降、ナスダック総合指数は高値から-20%以上下げており、そろそろ「逆資産効果」が出ることを心配しなければいけない水準です。「逆資産効果」とは株安で消費者のマインドが委縮し、それが消費など実体経済に悪影響を及ぼすことを指します。

 つまり、ここはことを荒げるよりも丸く収めることで株式市場の崩落を防いだほうが、トランプ大統領にとっても2020年の再選に向けて得策だということです。

短期的には「デッド・キャット・バウンス」もありうるが、
長期的には景気後退リスクを意識しよう!

 米国株式市場は、過去10年に渡る長期上昇トレンドを割り込み、底値模索の展開となっています。

 ごく短期的、つまり今年いっぱいくらいの時間軸で考えると、余りに一本調子で下げてきたので、ここは「デッド・キャット・バウンス(=死んだ猫でも地面に叩きつけるとまるで生きているように跳ね返ること)」を予期すべき局面かもしれません。つまり、自律反発です。

 しかし、もう少し長い目で見れば、今回の株安は何か深刻な事が米国経済に起こりつつあることを絶叫しているように思えてなりません。その深刻な事とは、たとえば景気後退の始まりです。

 従って、リバウンドを取りに行く場合でも「ここは長期の仕込み場だ!」と思い込むべきではなく、「強気の罠(Bull trap)の可能性もあるぞ……」という冷静な態度を堅持しつつ、慎重にトレードを進めるべきだと思います。

【今週のピックアップ記事はこちら!】
2019年の「米ドル/円」の値動きをプロが大予想! 前半は「円安ドル高」継続も、米国の利上げ次第では年末に1米ドル=105円の「円高ドル安」の可能性も!?

「ふるさと納税」で商品券やマイルなどの「金券」がもらえる、おすすめ自治体を紹介! 寄付額に応じてAmazonギフト券までもらえる「ふるなび」がお得!

【2019年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。


ダイヤモンドZAi 2019年9月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年持てる配当株
ふるさと納税
老後のおかね

9月号7月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

10年持てる配当株&優待株

●減配しない! 増配しそう! ずーっと持てる安心感
10年配当株
配当利回り1.5%以上から厳選 「10年配当度
人気高配当株30銘柄の10年配当度 激辛診断!
儲けている個人投資家5人に聞く

安定高配当株
値動きも業績も安定の大型株
・食いっぱぐれない中小型株

配当成長株
10年売上増の不景気に強い
最高益達成のニッチ分野の株

生きるだけなら2000万円はいらない! 
それでも不安な人に送る

「老後のおかね」マニュアル
年金制度は破綻はしない。ただしもらえる額は減る
・老後の収入を計算しよう! 
老後の支出を想定するには家計の把握が必須! 
備える額で安心度が変わる

10年続く株主優待37銘柄
ひふみ投信藤野英人さんなど
人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問! 

今度こそFXで儲ける!レンジ攻略で7割勝つ! 

【別冊付録・1】
2019年6月からの新制度対応! 

ふるさと納税人気7大サイト徹底比較

【別冊付録・2】
iDeCoつみたてNISAで実現
老後資金をゼロから1000万円つくる方法
------------------------------------------
【お知らせ】
定期購読者の皆様へ
台風10号の影響による定期購読誌お届けの遅れについて

------------------------------------------

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報