世界投資へのパスポート

MSCIによる「中国A株」の指数構成比率引き上げで、
200億ドル相当の買い圧力が発生! 「中国A株」への
資金流入で恩恵をこうむるオススメ銘柄はこれだ!

2019年3月4日公開(2019年3月4日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

世界の機関投資家がベンチマークとして使用する
「MSCI」とは?

 世界の機関投資家が、運用の際、ベンチマークとして最もよく使用するのが「MSCI」と呼ばれる指数です。

 MSCIは、もともとモルガンスタンレー・キャピタルインターナショナル(Morgan Stanley / Capital International)の頭文字をとったもので、ニューヨークの投資銀行モルガンスタンレーとカリフォルニアの大手運用会社キャピタル・インターナショナルが共同で開発したベンチマークです。

 その後、MSCIは別会社としてスピンオフし、今ではニューヨーク証券取引所に上場しています。

 いずれにせよ、MSCIの提供する株価指数は、実際に機関投資家が世界で買うことのできる市場に流通している株式をベースにしている点でユニークであり、それが世界の機関投資家に支持されている理由でもあります

 MSCIは沢山の種類の株価指数を出しており、その多くはインデックスファンドやETF(上場型投信)として商品化されています。このため、MSCI指数に採用された銘柄は、インデックスを意識した運用者からの買い注文が入ります

MSCIが「中国A株」の比率の引き上げを発表!
それにより200億ドル相当の買い圧力が発生か

 2月28日にMSCIは、MSCI各指数における中国A株の比率を3段階のステップを経て引き上げてゆくと発表しました。

 現在、中国A株は、MSCIエマージングマーケット(EM)指数の僅か0.72%しか占めていません。しかし、今年5月、8月、11月の3回にわけてその比率をアップしてゆき、最終的には3.33%へもってゆくと発表しました。

 これにより、11月までに、中国A株には少なくとも200億ドル相当の買い圧力が生じるというのが市場関係者の見方です

 それと引き換えに、香港、レッドチップ、ニューヨークのADRなどで取引されている「その他の中国株」の占める割合は、少し減じられます。同様に韓国、台湾、インド、南アフリカ、ブラジルなどの比率も引き下げられます。

中国政府が金融緩和に転じたことも
中国市場には追い風に!

 加えて、中国株にはもうひとつ買い材料があります。それは、中国が金融緩和へと舵を切ったことです。

 中国政府は、去年の春先までシャドー・バンキングを抑制する意図から、引き締め気味の金融政策をとっていました。その関係で、固定資産投資伸び率は、かつての+20%から現在は+6%を切る水準まで下がっています。

 しかし、米中貿易戦争が激化したことを受けて、政府は方向転換し、いまは緩和に転じています。

 一例として、銀行に対するリザーブ・リクワイヤメント比率(預金準備率)は、数次の引き下げにより、かつての20%から13.5%にまで下がりました。

 もうひとつ、中国国内の「金回り」が良くなっているデータがあります。それは1月の人民元建て融資額が4.64兆人民元(=約6850億ドル)に上ったことです。

 1月は、春節との絡みで銀行の融資額が伸びやすいです。しかし、それを考慮に入れても、今年の1月の数字は目を見張る水準でした。これは、単月の伸びとしては過去最高でした。

 主に融資を実行しているのは、政府系銀行です。それらの融資総額は3.57兆人民元でした。去年までの過去3年における1月の融資額の平均は約2.5兆人民元なので、今回の数字はそれより4割以上大きかったのです。

 このようにして供給された資金は、コモディティ、不動産、株式などに向かうと思われます

「中国A株」市場の時価総額上位300銘柄で構成される
インデックスファンドがおすすめ!

 さて、今回のMSCIによる中国A株の指数構成比率アップで一番恩恵をこうむる銘柄は、ヴァンエック・ベクトル中国A株ETF(ティッカーシンボル:PEK)だと思います

 ヴァンエック・ベクトル中国A株ETFはCSI300指数に連動したインデックスファンドで、老舗の運用会社・ヴァンエックによって運用されています。中国A株市場が投資対象であり、組み入れ銘柄数は302です。費用比率(信託報酬)は0.82%とやや高いですが、これは流動性の低い新興国に投資するETFでは珍しい事ではありません。

 組入れセクターは、金融(36%)、工業(14%)、消費循環(10%)、消費安定(9%)などとなっており、オールド・エコノミーが中心です。

 現在の中国A株市場の株価収益率は約12倍であり、これは歴史的に安い水準です。また株価純資産倍率(PBR)は1.54倍です。

【今週のまとめ】
MSCIの発表や中国の金融緩和で資金が流れ込む
中国株式市場から目が離せない!

 MSCIは、MSCI各指数における中国A株の比率を引き上げてゆく方針を発表しました。これにより、中国A株市場には200億ドル相当の買い圧力が生じると思われます。折から中国政府は金融緩和を打ち出しており、1月の人民元建て融資額は4.64兆人民元で、過去最高でした。このようにして供給された資金は株式に向かうと考えられます。

 具体的な銘柄としては、中国A株市場全体に投資するヴァンエック・ベクトル中国A株ETFが好適な投資対象です。

■ヴァンエック・ベクトル中国A株ETF(PEK)チャート/日足・6カ月
ヴァンエック・ベクトル中国A株ETF(PEK)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。ヴァンエック・ベクトル中国A株ETF(PEK)チャート/日足・6カ月
(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
株式投資で「儲けた人」と「損した人」は、どちらが多い!? 2018年の運用成績や買って儲けた株&損した株など、悲喜こもごもの個人投資家アンケートを公開

人気の株主優待株「オリエンタルランド」と「RIZAPグループ」は保有継続か、売却か!? 業績の状況は異なるが、プロは2銘柄とも「売却の検討」を助言!

【2019年8月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ANAアメックスならANAマルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報