世界投資へのパスポート

【緊急寄稿】米国株式市場が暴落しても、すぐに保有
株を売る必要はない! 「逆イールド現象」が起きた
今こそ、コカコーラなどの好業績株を買うチャンス!

2019年8月16日公開(2019年8月16日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

8月14日(水)に米国株式市場が急落し、
NYダウとナスダックは約3%の下落!

 8月14日(水)、米国株式市場が急落しました。ダウ工業株価平均指数(NYダウ)ナスダック総合指数は約3%の下落、S&P500指数ならびに小型株指数であるラッセル2000指数は-2.9%でした。

■ダウ工業株価平均指数チャート/日足・3カ月
ダウ工業株価平均指数チャート/日足・3カ月ダウ工業株価平均指数チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

急落の原因は、長期債と短期債の利回りが逆転する
「逆イールド現象」という異常事態

 急落の引き金になったのは、いわゆる「逆イールド」という現象です。つまり、10年債利回りから2年債利回りを引いた「金利差」が「0」以下になったということです。

 普通、債券の利回り(イールド)は短期債ほど低く、長期債になるほど高いです。その理由のひとつは、「今日おカネを貰えるのなら、それは遠い将来、同じ金額を貰うよりお得だ!」という考え方にあります。これを「おカネの時間価値(Time Value of Money)」と呼びます。

 「どうせ同じおカネなら、将来貰うより今すぐに貰った方が得」と考える理由は、

1)将来、本当にそのおカネを貰えるかどうかわからない
2)そのおカネをすぐに消費に回す、あるいは投資することで、メリットを享受することができる

という2つです。

 そのため、「今のおカネ」と「将来のおカネ」が等価の価値を持たせるためには、魅力が薄れがちな「将来のおカネ」に、より多くの金利をつけることで魅力をアップさせる必要が出てくるわけです。

 これが理論上、長期債の利回りの方が短期債の利回りより高くなる理由です。

 8月14日の米国株式市場急落に先立って起きたのは、この「長期債の利回りは、短期債の利回りより普通大きい」という常識が崩れたということです

 具体的にその日の10年債利回りは1.572%、2年債利回りは1.575%でした。つまり、

1.572% - 1.575% = -0.003%

となり、長期債の利回りが短期債の利回りを下回ったのです。

「逆イールド現象」が発生した理由は、
トレーダーによるキャピタルゲイン狙いの売買

 それでは、なぜ「逆イールド現象」という異常事態が起きたのでしょうか? これは「トレーダーの心理」が大いに関係しています

 普通、債券を購入する動機は「利回りが魅力だから」ということになります。しかし、それに加えてもうひとつ「キャピタルゲイン狙い」というトレード戦略があります。

 不景気が来そうな局面では、世界の機関投資家が安全な債券に避難するという現象が起きます。

 「みんなが債券を買うから債券価格が上がる。価格が上がるなら、キャピタルゲイン狙いでどんどん債券を買い上がろう!」そういう値幅取りのメンタリティーに突き動かされて、利回りがどんどん小さくなっているにもかかわらず、高値の債券をさらに買い上がったわけです。

 このような現象は、不況の前によく見られます。これが10年債利回りが2年債利回りよりも低くなってしまったカラクリです。

「逆イールド」になったからといって、
すぐさま「株式市場の暴落」が来るわけではない!

 一般的に、このように長短金利差が逆転して「0」以下になるのは「不況の前兆」と捉えられます。しかし、過去の歴史を紐解くと逆イールドになったからといって、そこから株価が直滑降で下げたという例はありません

 普通、逆イールドになっても株式市場が最高値をつけ、下落トレンドに転じるのはその何カ月も先です。だから、「逆イールド=即、株は売り!」というのは“早とちり”です。

 同様に、逆イールドになっても、すぐにリセッション(不況)が到来するということはありません。逆イールドの現象が起きてからリセッションが到来するまで、1年以上かかるのが普通です。

今取るべき投資ストラテジーは、
「利が乗っている銘柄を粘り強く保有し続ける」こと

 したがって、逆イールドが来たから急いで「株式から全降り!」というような考え方は性急なだけでなく、愚かな考えだとすら言えます。むしろ、株式投資家にとって一番美味しい、キョーレツな強気相場は、しばしば逆イールドになった後に到来します!

 つまり、我々が心がけるべきは「粘る!」ということです

 もちろん、逆イールドの現象が起きたということは、「ストップウォッチが押され、カチカチと残り時間の計測がはじまった」ということを意味します。だから、ガードを下ろしてはダメです!

 しかし、上で説明したように、債券が買われていて市中金利がすごく低くなっているという現象は、「より有利な投資先を求めてさまようおカネが株式市場に殺到する可能性も高まっている」ことを意味するので、「『すわ暴落か!?』と思って全降りした直後にグワーンと株式市場が急騰する」というシナリオも十分に考えられるということです

 だから今は、取り乱したり、アタフタしたり、右往左往しないで、平常心を忘れないことが重要!

 皆さんがとるべき戦略は、「利が乗っている銘柄、回転が効いている銘柄を粘り強く保有し続ける一方で、力なくヘナヘナと値を消してしまう銘柄は切る!」ということです。

 英語の格言に、「状況がタフに(厳しく)なったら、タフなヤツだけが残る(When the going gets tough, the tough gets going.)」というのがあります。

 つまり、今、値を保っている銘柄は相当実力のあるタフな銘柄なのであり、そういう貴重な銘柄はちょっと相場環境が悪いからといってアッサリ降りてしまうのではなく、じっと抱いているのが得策なのです。

 往々にして、そのような銘柄は「良い決算」を出す銘柄でもあります。

 具体的な例を挙げれば、第2四半期決算で「再び力強い成長局面に入った!」という印象を強く残したコカコーラ(ティッカーシンボル:KO)、同じく抗がん薬「キイトルーダ」が絶好調で素晴らしい第2四半期決算を出したメルク(ティッカーシンボル:MRK)、インフルエンサー・マーケティングの恩恵を受けてコスメがガンガンに売れているプロクター&ギャンブル(ティッカーシンボル:PG)などが良いと思います。

⇒コカコーラ(KO)の最新株価はこちら!
コカコーラ(KO)チャート/日足・6カ月コカコーラ(KO)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。 ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
⇒メルク(MRK)の最新株価はこちら!
メルク(MRK)チャート/日足・6カ月メルク(MRK)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示
⇒プロクター&ギャンブル(PG)の最新株価はこちら!
プロクター&ギャンブル(PG)チャート/日足・6カ月プロクター&ギャンブル(PG)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
米国の決算発表シーズンの中でも「コカコーラ」と「スターバックス」が絶好調! 特に新興国を中心に売上増を見せる「コカコーラ」の株価上昇に期待!

ウーバー、リフト、ビヨンドミートなど、最近IPOした注目株の決算を総まとめ! 決算内容からわかる「買うべき銘柄」と「売るべき銘柄」をズバリ解説!

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

【2019年9月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上 約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2100銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2000銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ANAアメックスならANAマルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報