世界投資へのパスポート

主要国の中央銀行の足並みが揃っていないと
株式市場は荒れやすい!? 世界の株価・
原油価格の低迷が長期化する5つの理由とは?

【第405回】 2016年2月15日公開(2017年11月17日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

<今回のまとめ>
1.中国のバブル処理には長い年月を要する
2.原油価格は25ドル割れが4か月ほど続けば、業者の倒産を経て底入れへ
3.米国の平均時給が上がっている間は、FRBは緩和しない
4.マイナス金利導入は銀行を委縮させ、貸し渋りの原因となりかねない
5.米大統領選では異色の候補がリードしており、ウォール街は憂慮
6.オールド・エコノミーの地味な銘柄に避難せよ

 年初来先週末までの世界の主要株価指数のパフォーマンスは下のグラフの通りです。

 インドネシア、タイ、メキシコなど一部の新興国を除いて、どこも大きく下落しました。

 株価下落の要因として

(1)中国経済の減速
(2)原油価格の下落
(3)米国の利上げ
(4)日銀のマイナス金利導入が市場から好感されていないこと
(5)大統領選挙でヘンな候補者がリードしていること

などが挙げられています。

【要因その1・中国経済の減速】
中国のバブルの処理は長い年月がかかる

 下は国際通貨基金(IMF)が1月にアップデートした世界のGDP成長率の予想です。

 年初から株価が急落しているので、たぶんこの予想は既に古くなってしまっています。数字は、今後、もっと下がるでしょう。

 特に憂慮すべきなのは中国のGDP成長率のトレンドです。

 地理的に中国に近い日本は、貿易や「爆買い」を通じて、一番、影響を受けやすい立場にあります。

 中国は、いま「ミンスキー・モーメント」と呼ばれる局面を迎えています。これは経済学者、ハイマン・ミンスキーの名前から来ています。

 ミンスキー・モーメントとは、借金を拡大することでこれまでと同じ成長率を維持しようとすると、投資先から得られる事業利益率はじりじり低下し、もっとレバレッジを増やさないと昔と同じリターンが得られなくなる現象を指します。

 そのうちおカネの出し手から「あなたにおカネを融通することにリスクに、リターンが見合っていません」と言い渡され、これ以上、資金を出すことに難色を示されてしまう瞬間を指すわけです。

 つまりミンスキー・モーメントとは「おカネの出し手のストライキ」だと思えば良いです。

 通常、それは信用の緊縮を招き、それをほぐすには長い年月がかかります。

 中国の銀行の総資産は今から10年前は2.9兆ドルでした。それが現在は簿外の融資も含めると、全部で34.5兆ドルにも膨れ上がっています。中国のGDPは約10兆ドルなので、その3.4倍もの借金がのしかかっているわけです。これをほぐすのは並大抵のことではありません。

 中国政府は上海総合指数が下がり始めると価格維持のため、あの手、この手を繰り出します。また人民元レートも柔軟性を増すと言いつつ、まだ買い支えています。その動かぬ証拠は中国の外貨準備が毎月1000億ドル近くも減少していることです。

 つまり政府の方針として、ゆっくりほぐしてゆくという姿勢は、すでに鮮明に出ています。そのことは中国のバブルの処理は、日本がそれに要した時間と同じくらいか、下手をすればそれ以上、長い年月がかかるだろうことを暗示しているのです。

【要因その2・原油価格の底入れは?】
シェールガス業者の倒産・廃業がきっかけに

 原油価格の下落はおもに供給サイドの過剰によってもたらされています。言い直せば、シェール開発が上手く行きすぎていることが、ジャブジャブの過剰供給の元凶だということです。

 シェール開発においては水平掘りや破砕法など、ハイテク技術が駆使されます。それらの技術は原油価格が暴落した後のこんにちですら、未だ日進月歩で進化を遂げています。その進化は、シェールオイルやシェールガスの生産コストが、現在もどんどん下がりつつあることを意味します。

 かつては(たぶん50ドルを切ればほとんどのシェールが不採算になるだろう)と言われていましたが、それが40ドルにさがり、そして今は25ドルに下がっています。最も技術力の高いシェール業者は18ドルがギリギリの採算ラインとなっています。

 具体的にシェールの生産コストを下げる方法としては、水平掘りの距離を長くする、破砕法の工程を増やす、破砕後の地中の隙間に流し込む、ポリマーを含んだ特殊液を増量する……など、無数の小さなノウハウによります。これにより以前より遥かに少ない油井数でも、依然の生産水準を維持するどころか、さらに増産できてしまうことが起こっているわけです。

 原油供給における最大のスイング・プロデューサー(増産・減産幅が大きい生産者)はOPECではなく米国のシェールです。だから米国のシェール業者が不採算で不渡りを出す、倒産する、廃業するなどのきっかけから減産しない限り原油価格の本格的な底入れは無いのです。

 シェール業者は利払いのために油井を稼働し続けなければいけません。また一度水平掘りのリグを止めると、採掘権の維持が出来なくなるし、ノウハウを持った作業員が離散し、次に原油価格が上向いたときに再始動が困難になります。そのような理由から、いまは我慢比べを強いられているわけです。

 この我慢比べが、いよいよ困難になる水準は原油価格で25ドル割れのレベルだと言われています。その価格が、4か月ほど続いた後に、バタバタと業者が倒れる可能性があるわけです。

 つまり原油価格の底入れは夏以降に持ち越されるリスクが高いし、大底の値段は18~25ドルになる可能性があるわけです。

 世界の株式市場の下落と原油価格の下落は連動性が高いため、原油価格の底入れが先延ばしされるのであれば、それは株価にとって不吉な要因です。

【要因その3・米国の利上げ】
利上げ1年目のドル/円はドル安になりやすい

 米国の連邦準備制度理事会(FRB)は2015年の12月16日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み切りました。現在の政策金利、フェデラルファンズ・レートは0.50%です。

 先週の議会証言でジャネット・イエレンFRB議長は3月の利上げの可能性が減少したことを示唆しました。しかし年末までにまだ追加利上げする余地は残しています。また現状では欧州や日本が行ったようなマイナス金利の導入は検討していません。

 米国が金融引締めに固執する理由は、平均時給が上昇(下のグラフ中黄色)中だからです。

 2月には去年に引き続き今年もウォルマート(ティッカーシンボル:WMT)が賃上げを計画しています。今回の賃上げの対象になる従業員は、実に130万人にも及びます。

 ウォルマートは米国の民間企業では最も多くの従業員を雇っている会社のひとつなので、そのウォルマートが賃上げするとなると他企業も影響を受けざるを得ません。競争上、他社も賃上げを強いられるわけです。

 FRBが最も心配しているのは、この執拗な賃金上昇圧力に照らして、現在の政策金利のスタンスが適正であるか? ということであり、中国経済の減速や原油価格の下落は最重要項目ではありません。

 言い直せば世界の主要中央銀行が緩和しているときに米国のFRBは引締めしているという、ちぐはぐな中央銀行間での動きは、残念ながら今後も続くと覚悟した方が良いのです。普通、主要国の中央銀行がこのようなアベコベの金利政策を打ち出している時はマーケットが荒れるケースが多いです。

 また米国が過去に利上げした場合、1年度のドル/円はドル安になっていることが多いです。

 FRBがそれまでの金融緩和から引締めに転じたケースは、円が変動相場制へ移行して以来、過去8回ありましたが、平均すれば1年後のドル/円は-8.5%のドル安になっています。案の定、今回も激しいドル安に見舞われているわけです。

 ドル安局面ではドルと逆相関の関係にあるゴールドが注目されると思います。銘柄的には先週の本コラムで紹介したハーモニー・ゴールド・マインズ(ティッカーシンボル:HMY)が良いと思います。

【要因その4・日銀のマイナス金利導入】
銀行の収益を損なうため株式市場から好感されていない

 先日日銀は一部当座預金に対しマイナス金利を導入すると発表しました。当初、この発表は市場から好感されましたが、その効果はすぐに剥げ、逆に株価は下がっています。

 その理由はマイナス金利の導入が銀行の収益性を損なう可能性があるからです。

 通常、銀行は調達金利と運用金利の差で儲けるわけですが、マイナス金利下では思うように儲けられなくなります。

 すでにマイナス金利を導入している欧州では、一部金融機関の自己資本比率に対し て不安が出ていますが、それはマイナス金利の環境下でそれらの銀行の基本的な収益力が疑問視され、今後の資本増強に大きな支障が出るのでは? という不安が広がっていることからもたらされています。

 資本増強による自己資本比率の改善が出来ないのであれば、銀行がやれることは唯一つ、それは貸付けや在庫にしている証券類のポートフォリオを圧縮することだけです。これはクレジット・クランチ(=いわゆる貸し渋り)を招きます。

 つまりこれまでは中央銀行が「緩和する!」と言った場合、市場は必ずそれを好感していたわけですが、今後は緩和のニュースが、とんだ「逆噴射」になってしまうリスクが高まっているわけです。

【要因その5・米大統領選挙】
異色候補のリードは株式市場にとってはマイナス要因

 さらに米国の大統領選挙に目を転じると、共和党のドナルド・トランプ候補、民主党のバーニー・サンダース候補は、いずれも異色の候補であり、ウォール街が歓迎しない人々です。

ドナルド・トランプの強硬な保護主義的なレトリックは中国や日本を震撼させると思いますし、人民元や円に対する攻撃が始まる可能性があります。

バーニー・サンダース候補は北欧風の民主社会主義、つまり高度福祉社会を提唱していますが、それは国庫の肥大化と増税を意味します。

株価・原油価格の低迷は長期化へ。
いま売られやすい株、安全な株とは

 これらのことをまとめると、現在の世界的な株価の低迷や原油価格の低迷は長期化すると覚悟した方が良いでしょう。

 投資家のリスクに対する耐性は弱ってきており、投資家が(払っても良い)と考える株式の値段(バリュエーション)は下がっています。これは難しい株式用語で言えば、マルチプル・コントラクション(=株価収益率が下がること)が起きているというわけです。

 マルチプル・コントラクションが起きている局面では、グロース株などの高PER株ほど、こっぴどく売られやすいです。ネット株、ハイテク株、バイオ株などは最も下げやすいです。

 これまで比較的いじられて来なかったオールド・エコノミーの株、具体的にはゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)、デュポン(DD)、ダウ・ケミカル(DOW)、エクソン・モービル(XOM)、マクドナルド(MCD)などの地味な銘柄の方が安全だと思います。

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2021年3月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンド・ザイのお得な定期購読はこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

買いの10万円株
本当に強い株
老後のダンドリ

4月号2月19日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[買いの10万円株/本当に強い株/老後のダンドリ]

◎巻頭企画
最新決算で判明! 本当に強い株36銘柄
●追い風継続
●不況でも成長
●高配当好業績

◎第1特集
5万円株は48銘柄!
いま買いの10万円株132銘柄

高配当の5万円株ベスト100銘柄
複数持って利回り安定!
ほとんど利回り3%以上!

桐谷さんオススメの高利回りな優待株
高成長のテーマ株24銘柄
●過去10年で最高益の好業績株
●業績が急回復中の株
●10倍期待のIPO株

◎第2特集
旬の食材を旬の時期に!
ふるさと納税2021年年間計画
●品切れ必至の人気フルーツ&野菜先回り計画カレンダー
●ラクラク旬が届く定期便8
●返礼品カタログ33
果物・野菜・果物・魚介類・肉
●おうち時間が充実の返礼品10

◎第3特集
6タイプの利回りが改善!
毎月分配型投信100本の本当の利回り

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88
・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか

◎【別冊付録】
老定年前後の不安を解消!
800万円も差がつく! 老後のダンドリ確認BOOK
手取りを増やすワザが満載
退職金・失業手当・年金・健康保険・税金

裏はチェックリストに!

◎連載にも注目!
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報