IPO株の銘柄分析&予想
2017年11月8日 ザイ・オンライン編集部

「グローバル・リンク・マネジメント」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のマンション企画・販売企業との比較や予想まで解説!

[2017年12月26日 情報更新]

会社名 グローバル・リンク・マネジメント
市場・コード/業種 東証マザーズ・3486/不動産業
上場日 12月13日
申込期間(BB期間) 11月28日~12月4日
おすすめ証券会社 SMBC日興証券SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 6130円(+133.97%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

グローバル・リンク・マネジメントのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 11月27日
ブックビルディング(抽選申込)期間 11月28日~12月4日
公開価格決定 12月5日
購入申込期間 12月6日~12月11日
払込日 12月12日
上場日 12月13日

グローバル・リンク・マネジメントのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2017年12月6日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SMBC日興証券(主幹事証券)
[最短3日で取引可能]
91.4
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短翌日に取引可能]
2.6
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券
[最短3日で取引可能]
0.9
公式サイトはこちら!
マネックス証券
[最短2日後に取引可能]
0.4
公式サイトはこちら!
みずほ証券 2.6  
エース証券 0.9  
極東証券 0.9  
香川証券 0.4  

グローバル・リンク・マネジメントのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 2320
仮条件
[予想PER(※2)
2320~2620円
6.4倍~7.3倍]
公募価格 2620円
初値 6130円
初値騰落率 +133.97%
予想トレーディングレンジ(※3) 2000円~5000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社4社の予想PER(2017年11月22日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【4社平均】 12.4倍
プロパティA<3464> 7.3倍
デュアルタップ<3469> 9.1倍(連)
FJネクスト<8935> 8.2倍(連)
ロードスター<3482> 24.9倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社4社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社より割安と判断できる。

グローバル・リンク・マネジメントの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 178万4000株(予定)
公開株式数 公募18万4000株  売出18万4000株
(オーバーアロットメントによる売出5万5200株)
想定公開規模(※1) 9.8億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

グローバル・リンク・マネジメントは
不動産ソリューションのマザーズ案件

「グローバル・リンク・マネジメント」の公式サイトより

 投資用マンションの企画・開発・販売、販売物件の管理等を手掛けている。コンパクトタイプの自社ブランドマンションである「アルテシモ」を提供。今後は、IT及びグローバル領域を加速させていくことで、不動産事業の更なる事業拡大を目指す。

 2015年12月に上場したプロパティエージェント<3464>や、2016年7月に上場したデュアルタップ<3469>といった類似企業のIPOでは、高い初値を付けている。同社もロードスターキャピタル<3482>と同様の不動産テックのテーマ性で一定の関心を集めるだろう。

 ただ、足元の業績こそ拡大しているが、事業環境の先行き不透明感は意識されやすい。また、公開規模は10億円前後となる見込みで軽量感が強いわけではない

◆「グローバル・リンク・マネジメント」
 IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

グローバル・リンク・マネジメントの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2013/12 8,246
(―)
239
(―)
130
(―)
2014/12 7,396
(-10.3%)
326
(36.4%)
191
(46.7%)
2015/12 7,131
(-3.6%)
251
(-23.1%)
146
(-23.2%)
2016/12 9,753
(36.8%)
488
(94.4%)
301
(105.1%)
2017/12予
(―)

(―)

(―)
■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2015/12 8,682
(―)
296
(―)
166
(―)
2016/12 11,605
(33.7%)
529
(78.7%)
328
(97.5%)
2017/12予 17,118
(47.5%)
1,011
(91.1%)
642
(95.3%)
2017/9 3Q 16,069
(―)
1,458
(―)
901
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:-円 連結:359.87円/45.00円
予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの

グローバル・リンク・マネジメントの業績コメント

 2017年12月期の業績は、売上高が前期比47.5%増の171.1億円、経常利益が同91.1%増の10.1億円と増収増益の見通しとなっている。

 足元では、同社グループの主要事業領域であるコンパクトマンション市場においては、地価の上昇は、継続しているが、建築コストは、落ち着きをみせてきており、相続税等を含む金融緩和政策の継続により、底堅く推移している。

 このような環境のなかで、同社グループは、「不動産ソリューション」×「IT」により、新しいサービスを創造し世界都市東京からGlobal Companyを目指すという企業ビジョンのもと、資産運用を主目的とした自社ブランド「アルテシモ」を中心にワンストップサービス(土地の仕入、企画、開発、販売、管理)を展開している。

 政府による金融緩和政策に伴う金利低下の長期化や不動産に対する銀行融資条件の緩和等投資用不動産需要は拡大するなかで、同社グループでは、東京23区内における晩婚化や高齢化等による人口構造の変化に伴い、単身者や少人数世帯のコンパクトタイプの賃貸マンション需要は底堅い需要が継続するものと考え、これら社会の変化を積極的に捉え、不動産ソリューション事業とプロパティマネジメント事業を提供している。

 なお、通期計画に対する第3四半期末時点における進捗率は、売上高160.6億円で93.8%、経常利益14.5億円で144.2%となっている。

グローバル・リンク・マネジメントの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 金 大仲(昭和49年6月2日生)
設立 平成17年3月31日
資本金 2億円(平成29年11月8日現在)
従業員数 新規上場会社63人 連結会社70人(平成29年9月30日現在)
事業内容 投資用マンションの企画・開発・販売、販売物件の管理等
■売上高構成比率(2016/12期 実績)
品目 金額 比率
不動産ソリューション事業 9,723 百万円 83.8%
プロパティマネジメント事業 1,882 百万円 16.2%
合計 11,605 百万円 100.0%
■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 金 大仲 80万株 50.00%
2 株式会社G2A 64万株 40.00%
3 富永 康将 3万2000株 2.00%
3 株式会社ベクトル 3万2000株 2.00%
5 株式会社FPG 2万5600株 1.60
6 株式会社インベスターズクラウド 1万9200株 1.20%
7 鈴木 東洋 1万6000株 1.00%
7 富田 直樹 1万6000株 1.00%
7 中山 満則 1万6000株 1.00%
10 菅下 清廣 3,200株 0.20%
合計   160万株 100.00%
■その他情報
手取金の使途 全額を不動産ソリューション事業における運転資金として、販売用不動産の仕入資金の一部に充当する予定
関係会社 (株)グローバル・リンク・パートナーズ (連結子会社)
プロパティマネジメント事業(サブリース業務、管理代行業務)
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 -年-月-日
割当先
発行価格
◆「グローバル・リンク・マネジメント」
 IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

グローバル・リンク・マネジメントの銘柄紹介

 同社グループは、「不動産を通じてお客様の真の豊かさに貢献する」との企業理念のもと「不動産ソリューション」×「IT」により、新しいサービスを創造し世界都市東京からGlobal Companyを目指すという企業ビジョンを掲げ、不動産の土地仕入・企画、設計、賃貸管理、建物管理までのワンストップサービスの提供を不動産ソリューション事業とプロパティマネジメント事業により行っている。

 同社グループは、同社及び連結子会社1社により構成されている。同社グループが営んでいる不動産ソリューション事業及びプロパティマネジメント事業の事業内容は次のとおり。

(不動産ソリューション事業)

 同社は、東京23区内を中心に不動産の土地仕入・企画、設計、販売、建物管理を主たる業務とする不動産ソリューション事業を行っている。資産運用を目的とした国内外の個人投資家等を主要顧客とし、投資用不動産であるコンパクトタイプのマンションを自社ブランド「アルテシモ」として提供している。

 「アルテシモ」は、「駅からチカ(近)い」「都心からチカ(近)い」「高いチカ(地価)」という「3チカ」を満たす物件を基準として、主に東京23区内の主要沿線に立地し、近隣駅から徒歩10分圏内、ターミナル駅まで30分前後の物件を個人投資家等に提供することを開発条件の第一とし、長期的に収益性の高いエリアに特化した物件開発、入居者の安心・安全のために防犯アドバイザーによる高いセキュリティ設備を完備するとともに、2016年12月以降の開発物件に対しては、利便性、快適性を高めるためにスマートフォンで自宅や外出先から家電をコントロールできる設備の導入を進めている。

 また、「アルテシモ」には、土地を仕入れて開発する物件(開発物件)と、マンション建設事業主から一棟を買い取り、「アルテシモ」仕様に変更する物件(専有仕入物件)がある。

(プロパティマネジメント事業)

 同社の完全子会社である株式会社グローバル・リンク・パートナーズは、不動産経営に関する様々な業務をオーナーに代わって管理するプロパティマネジメント事業を主たる業務とし、自社ブランド「アルテシモ」に対するサブリース業務または管理代行業務を行っている。プロパティマネジメント事業の主たるサービスは以下のとおり。

1)自社販売物件のオーナーに対して一定期間(2年又は35年)賃貸物件を借り上げ、契約で定めた賃料を支払い、入居希望者に転貸する「サブリース業務」を行っている。

2)オーナーに代わり家賃の集金や入居・退去に関わる各種契約管理業務を行う「管理代行業務」を行っている。

グローバル・リンク・マネジメントの投資のポイント

 類似企業のIPOでは、2015年12月に上場したプロパティエージェント<3464>が公開価格比+115.0%、2016年7月に上場したデュアルタップ<3469>が同+127.0%という高い初値を付けている。

 しかし、不動産関連のIPOにおける初値は、公開規模の大小や上場時における不動産株人気に大きく左右される傾向がある。直近では金融機関の融資姿勢が厳しくなったことなどを背景に、投資用マンションの価格が下落に転じたことが伝わっている。関連企業の7-9月期決算では一部で減速感が見られた。同社も足元の業績こそ拡大しているが、事業環境の先行き不透明感が意識されやすいだろう。また、公開規模は10億円前後となる見込みで、前述の2社と比べて軽量感が強いわけではない。

 前期実績で売上高の83.8%を占める不動産ソリューション事業は、東京23区内を中心に不動産の土地仕入・企画、設計、販売、建物管理を主たる業務としており、資産運用を目的とした国内外の個人投資家等を主要顧客とし、投資用不動産であるコンパクトタイプのマンションを自社ブランド「アルテシモ」として提供する。今後は、IT及びグローバル領域を加速させていくことで、更なる事業拡大を目指す。

 また、同16.2%を占めるプロパティマネジメント事業は、不動産経営に関する様々な業務をオーナーに代わって管理することを主たる業務としており、「アルテシモ」に対するサブリース業務または管理代行業務を行っている。今第3四半期累計ベースでケネディクス不動産投資顧問向けが売上の46.7%を占めている。

 業績面について、2017年12月期売上高は、前期比47.5%増の171.1億円、経常利益が同91.1%増の10.1億円と増収増益の見通しとなっている。不動産ソリューション事業において、「豊洲プロジェクト(東京都江東区)」の販売が好調に推移しており、17年1-9月累計で通期販売予定物件数における大半の販売を既に終えている。なお、通期計画に対する第3四半期末時点における進捗率は、売上高160.6億円で93.8%、経常利益14.5億円で144.2%となっている。

 想定仮条件上限の今期予想PERは6.7倍程度となっており、類似企業とされるプロパティAなどの類似企業との比較でやや割安感が意識されやすい。

 12/13は同社のほかSG HD<9143>など4社が同時上場するため、初値買い資金の分散は避けられないと考えられる。一方で、創業社長である金氏のほか、資産管理会社の株式保有分が大半を占めていることから、短期的に目立った売り圧力となりそうな株主は見当たらない。直近IPO銘柄ではロードスターキャピタル<3482>が不動産ソリューションとITを掛け合わした不動産テックのテーマ性から人気となり、同社も一定の初値買い資金を集めることが想定される。

◆「グローバル・リンク・マネジメント」
 IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岩井コスモ証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
マネックス証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ