個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖!
2019年3月2日 ザイ・オンライン編集部

株式投資で「儲けた人」と「損した人」は、どちらが
多い!? 2018年の運用成績や買って儲けた株&損した
株など、悲喜こもごもの個人投資家アンケートを公開

ダイヤモンド・ザイ読者140人に聞いた、”2018年の投資成績”のアンケート結果を大公開!

発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「まだ持つ? もう売る? 値下がり株をメッタ斬り!」では、ダイヤモンド・ザイ読者140人に聞いた、2018年の投資成績のアンケート結果を公開! 2018年に株で利益が出たのか、損をしたのか。どんな株で儲けたか、あるいは損をしたかなどを取り上げ、さらに相場のプロによる、読者の保有株の診断も紹介。保有継続していいか、今すぐ損切すべきかなど、本音でアドバイスしてもらっている。

今回は特集の冒頭から、読者アンケートの概要をピックアップ。2018年は難しい相場環境も続いたが、はたして読者の投資状況はどうだったのか……!?

7年ぶりに日経平均株価が年間で下落……
難しい相場環境で儲かった人は2割強にとどまった!

読者の2018年の成績は?

 7年ぶりに日経平均株価が年間で下落となった2018年。「ダイヤモンド・ザイの読者も苦戦したのでは……」ということで、ダイヤモンド・ザイ編集部では緊急アンケートを実施した。その結果が以下のとおりだ。

 2018年に買った銘柄で、儲かっている人はわずか22%。買値からの損益率は平均でマイナス21%と、苦戦が目立つ結果となった。なお、儲かっている人が買っている株の中で「買値からの上昇率が高い銘柄」と、損している人が買っている株の中で「買値からの下落率が高い銘柄」、それぞれの上位3銘柄は以下の通り。

2018年に儲けた個人投資家の「買値から大きく上昇した株」ベスト3!
  銘柄名(コード) 上昇率 最新の株価
1位 ◆チームスピリット(4397) 136%
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【読者のコメント】主力の勤怠管理ソフトが働き方改革に合致。(54歳・男性)
2位 ◆ラクト・ジャパン(3139) 108%
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【読者のコメント】新興国での需要の高まりを予想。(34歳・男性)
3位 ◆CSP(9740) 77%
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【読者のコメント】オリンピックで警備需要が増えると予想。(70歳・男性)
2018年に損した個人投資家の「買値から大きく下落した株」ベスト3!
  銘柄名(コード) 下落率 最新の株価
1位 ◆エリアリンク(8914) 49%
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【読者のコメント】トランクルーム事業に成長性を感じたが……。(57歳・男性)
2位 ◆新日本電工(5563) 47%
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【読者のコメント】前期の大幅増益で、3倍にはなると考えた。(58歳・男性)
3位 ◆ワールド(3612) 36%
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
【読者のコメント】証券マンに勧められ、IPOで購入。(56歳・男性)
※「ザイ・オンライン」のメールマガジン読者にアンケート(実施期間は2019年1月11日~21日)。140人から回答を得た。別途、ツイッターなどでも追加取材している。

 上記の下落率が高い銘柄などの塩漬け株をかかえて、動きがとれない投資家も多そうだが、財産ネットの藤本誠之さんは、こうアドバイスする。

 「過去の売買を悔やんでも仕方ありません。大事なのは、今からどうやって資産を増やしていくかです。一番ダメなのは、塩漬け株を抱えて、思考停止になってしまうこと。買値にこだわらず、将来を予想して、保有を継続するか、損切りするかを決めましょう」

 ダイヤモンド・ザイ4月号では、アンケートから保有している読者が多いと判明した28銘柄を「IPO株」「お騒がせ株」「株主優待株」「高配当株」など、5つの分野別にピックアップ。今後どうすべきかを、藤本さん、こころトレード研究所の坂本慎太郎さんに本音でアドバイスしてもらっている。アンケートに回答してくれた読者と同様、2018年に損した人はもちろん、保有株をどうすべきか決めかねている人は、誌面も併せて参考にしてみてほしい。

読者に人気の注目株をプロはどう診断する?
気になる結果はダイヤモンド・ザイ4月号でチェック!

ダイヤモンド・ザイ4月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「まだ持つ? もう売る? 値下がり株をメッタ斬り!」から、読者アンケートの結果の一部を抜粋した。

 なお、ダイヤモンド・ザイ4月号には、ほかにも注目の特集が盛りだくさん! 大特集は「高配当株の儲け方」。配当利回り4%以上の全221銘柄の投資判断を公開しているほか、「とにかく高い配当収入にこだわる」「配当を取りつつ値上がり益を狙う」「米国高配当株で配当&値上がり益をとる」「Jリートで4%以上の家賃収入を狙う」といった高配当株の4つの勝ちワザも紹介している。

 また、「第3四半期決算でわかった本命株16」「じぶんで作る年金ガイド」「フリマアプリでお小遣い稼ぎ!」「毎月分配型投信100本の本当の利回り」など、お得な情報がぎっしり! 別冊付録「消費増税から生活を守る、株主優待123銘柄」では、消費税の増税分だけ株主優待の内容が割増になる銘柄や、増税に負けない高利回りの株主優待株をドーンと紹介。「外食」や「日用品」など、株主優待品のカテゴリー別にも注目銘柄を紹介しているので、消費税が増税されても、お得に食事や買い物をしたい人なら必見だ。