ダイヤモンドZAi最新記事
2021年1月5日 ザイ編集部

米国株の中で、2021年に株価上昇が見込めるおすすめ
の銘柄は「スクエア」と「セールスフォース」! どちらも
人気の“デジタル化”関連株で、業績成長に死角なし!

楽天ブックスで買う
amazonで買う

米国株の中で、2021年に株価上昇が期待できる「スクエア(SQ)」と「セールスフォース・ドットコム(CRM)」に注目! この2銘柄をアナリストが「買い」と判断する理由とは?

発売中のダイヤモンド・ザイ2021年2月号は、特集「人気&買いの【米国株】100」を掲載! この特集では、好調が続く米国の株式市場の今後の見通しや注目すべき業種などを、アナリストやストラテジストといったプロ50人に、Q&A方式で聞いている。さらに、米国の人気株や高成長株、高配当株など全部で100銘柄をピックアップし、プロに分析コメントを寄せてもらっているので、米国株に投資したい人なら必見だ!

今回は特集の中から、米国株の中でも個人投資家の注目度が高い「人気株」2銘柄をピックアップするので、投資の参考にしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
今の「米国株」はバブルか? 米国株が史上最高値まで上昇している理由や、2021年の米国株の見通し、新型コロナが株価に与える影響などをアナリストが解説!

”ウィズコロナ”時代に加速するデジタル化の波に乗った
「スクエア」と「セールスフォース・ドットコム」が狙い目!

米国の人気株2銘柄を診断!

 ダイヤモンド・ザイ2021年2月号の特集「人気&買いの【米国株】100」では、米国株投資をしている個人投資家の多くが保有する「人気株」30銘柄を、アナリストなどのプロが「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で診断している。ここからは、そのうちの2銘柄を取り上げてみたい。
(※銘柄分析コメントは、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博さん、マンハッタン・グローバル・フィナンシャルの森崇さん、ザ・モトリーフール・ジャパンの加賀章弘さん。株価などの数字は2020年12月3日時点。業績データはグローバルリンクアドバイザーズ提供。投資判断は2020年12月3日から3カ月の予測。最低購入金額は1ドル=104円で計算)
【※関連記事はこちら!】
米国株「ルート」は、年末年始の“小型株ラリー”に向けて今が格好の仕込み場!「タックスロスセリング」が一巡した今、年末年始に向けたリバウンドに期待!

 一つ目は、決済システムを展開するスクエア(SQ)だ。

 2020年はコロナ禍に見舞われ、感染対策の一環により、さまざまな領域でデジタル化が進んだ。決済システムを展開するスクエアも、その恩恵を受けて成長が加速。直近四半期の売上高は、前年同期比の2.4倍にも達している。

 同社が手掛ける小口送金アプリ「キャッシュ」は、給与振込みやビットコイン取引も可能で、ユーザーが急増中。今後5年で、アクティブユーザーが3000万人から6000万人になるとの予想もある。アナリストによる評価は、もっとも高い「買い」となった。
【※関連記事はこちら!】
米国株の「デジタル・トランスフォーメーション」関連銘柄を紹介! 「テレワーク」など“デジタルによる変革”はアフターコロナで需要増が間違いない注目のテーマ!

 次に取り上げるのは、やはりデジタル化の恩恵を受けるセールスフォース・ドットコム(CRM)だ。

 セールスフォース・ドットコムは、業務を効率化し、売上を伸ばす「営業支援サービス」をクラウド上で提供。ハードウエア購入が不要で、ソフトウエアの更新もスムーズに行われるため、爆発的に普及している。今般のデジタル化の本命株であり、銘柄診断の結果は「買い」となっている。
【※関連記事はこちら!】
配当金生活を実現するなら「日本株」より「米国株」に投資すべき!? 50年以上の連続増配株が約30銘柄もある「米国株」の魅力と注意点をわかりやすく解説!

人気株の激辛診断の結果や、2021年の相場予測を掲載!
ダイヤモンド・ザイ2021年2月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ2月号

 発売中のダイヤモンド・ザイ2021年2月号の大特集は、3カ月に一度の恒例特集「人気の株500+Jリート14・激辛診断【2021年・新春】」! 日本株で注目度の高い人気500銘柄とJリート14銘柄を、アナリストなどの投資のプロが「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。さらに、特集内では「10万円株」「高配当株」「株主優待株」「Jリート」「大型株」「新興株」のカテゴリー別で、注目すべきおすすめ銘柄を取り上げているので必見だ。

 また、巻頭特集は「2021年の株&投信【全予測】」。この特集では、アナリストなどのプロ100人に、2021年の日経平均株価の値動きや東証マザーズ市場の動向、これからの注目の業種やテーマ、上昇の期待ができる投資信託などを聞いている。「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの社長・藤野英人さんに聞いた「2021年の株式市場をうまく乗り切るための”心構え”」も紹介しているので、新年の投資計画を立てる際に役立つはずだ。

 ほかにも「2020年の大反省会&2021年の投資戦略」「金価格は2021年も好調予測! ではプラチナと原油は?」「親の免許返納で万が一を未然に防げ!」など、注目の特集が満載!

 さらに、別冊付録で「全上場3787銘柄の【理論株価】」、綴じ込み付録で「教えて! 桐谷さん 【株主優待】で始める株入門」も付いてくる!「理論株価」は、企業の真の実力を示す指標。実際の株価が「理論株価」より安ければ「割安」、「理論株価」よりも高ければ「割高」と判断できるので、気になる銘柄があるなら、この別冊付録で「理論株価」をチェックしてほしい!

 綴じ込み付録「教えて! 桐谷さん 【株主優待】で始める株入門」では、テレビや雑誌などで大活躍中の株主優待名人・桐谷広人さんに、失敗しない株主優待株の見つけ方や、証券会社の選び方などを聞いている。基本中の基本から解説しているので、初心者にもおすすめだ。