ダイヤモンドZAi最新記事
2021年3月7日 ザイ編集部

“アフターコロナ”関連株として注目される「10万円株」
2銘柄を紹介! 脱コロナで株価上昇が期待できるのは
「高島屋(8233)」と旅行関連の「ビジョン(9416)」

楽天ブックスで買う
amazonで買う

“脱コロナ”で株価の急回復が期待できる「10万円株」は「高島屋(8233)」「ビジョン(9416)」の2銘柄!

発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の大特集は「今”買い”の【10万円株】132」! この特集では、10万円台以下で買える「10万円株」や、5万円台以下で買える「5万円株」のうち、特に注目の132銘柄をピックアップ。「高利回りを安定的に維持する株」と「大きな値上がりを狙える成長株」という2つのジャンルに区分けしたうえで、アナリストによる分析コメントとともに紹介している。

今回はこの大特集から、「大きな値上がりを狙える成長株」の記事を一部抜粋。記事内では「高成長のテーマ株」や「コロナ禍でも強く、直近で最高益を出した好業績株」「業績が急回復中の株」「IPO直後の”10倍高”期待株」などを取り上げているが、ここでは「高成長のテーマ株」のうち、「アフターコロナ」関連で株価が10万円台以下と手ごろな2銘柄を紹介しよう!
【※関連記事はこちら!】
環境関連銘柄として有望な「10万円株」2銘柄を紹介! ビルの省エネ化で注目される「三機工業」、風力発電向けベアリングの将来性に期待の「NTN」が狙い目!

コロナ禍で不当に低評価を受けているものの、
収束後には需要の回復が見込める株は、今こそ”買い”!

 新型コロナウイルスは多くの産業に打撃を与えたが、特に打撃が大きかったのは、リアルの対面型サービスを展開する業種だ。たとえば、百貨店が典型例。イベント主催会社や旅行関連の会社も、過去に経験がないほどの苦戦を強いられているところが多い。

 しかし、このコロナ禍はいつか収束する。コロナ禍で不当に低い評価を受けてきたが、アフターコロナ時代に需要の復活が見込める銘柄であれば、株価が下がっているときこそ狙い目。株式アナリストの岡村友哉さんも「今はみんながDX(デジタルトランスフォーメーション)関連銘柄などに注目していますが、こんなときこそアフターコロナ株の買いチャンスです」と話す。

 アフターコロナ株のなかには、ワクチン接種のスタートなどを受けて、いち早く上昇し始めているものもある。株価は実体経済を先取りして動くので、気になる人は早めにチェックしたほうがいいだろう。ダイヤモンド・ザイ4月号の誌面では、最低投資額が10万円台以下で、注目度も高いアフターコロナ株を6銘柄取り上げている。ここでは、そのうちの2銘柄を紹介していこう(※銘柄選定は、株式アナリストの岡村友哉さん)。

 まずは、大手百貨店の高島屋(8233)だ。

 2020年2月期は、コロナ禍での外出自粛の影響に加え、免税売上高がほぼ消滅。ただ、コスト構造改革で、四半期ベースの赤字は縮小方向。自己資本比率40%超と強い財務基盤で、体力面にも問題なし。保有する土地や不動産は時価6000億円超あり、今の時価総額1840億円は過少評価と言える。「業績浮上が見えた途端に、この歪みが是正される可能性が大きい」というのが岡村さんの見立てだ。

 続いて紹介するのは、「グローバルWiFi」で知られるビジョン(9416)だ。

 2015年の上場以降、株価が大幅に上昇していたビジョンだが、コロナ禍で急失速。主力はグローバルWiFi事業だが、前期はモバイルWiFiレンタルがほぼゼロに。減損損失を計上し、赤字に転落した。来年以降も海外渡航が回復しないことを前提に事業計画を立てており、アフターコロナ時代になれば、業績上ブレの期待は大きい。

 さて、ここまでアフターコロナ時代に急伸しそうな「10万円株」を2銘柄紹介してきた。コロナ禍で低迷している銘柄のすべてが、アフターコロナ時代に復活できるとは限らない。現状、不当に低評価を受けていることや、アフターコロナ時代に需要の回復が見えることが重要なので、銘柄の見極めには慎重になりたい。
【※関連記事はこちら!】
DX関連銘柄の「10万円株」を紹介!「YE DIGITAL」と「NECネッツエスアイ」は、どちらも好業績&増配を発表済みのデジタルトランスフォーメーション関連株

相場の好調を受けてチェックしたいイチオシ銘柄を紹介!
ダイヤモンド・ザイ4月号をチェック!

ザイ4月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の大特集「今”買い”の【10万円株】132」から、一部を抜粋した。

 なお、ダイヤモンド・ザイ4月号の巻頭特集は「最新決算からあぶり出す!【本当に強い株】36」。この特集では、3月期決算企業が発表した最新決算(第3四半期決算)を徹底分析!「業績上ブレ株」「高収益株」「業績堅調な高配当株」という3つのジャンル別で注目株を取り上げている。また、個人投資家に人気の20銘柄の決算分析に基づく、アナリストの投資診断も公開しているので、投資の参考にしてみよう。

 ほかにも「【ふるさと納税】2021年・年間計画」「【毎月分配型】投資信託100本の本当の利回り」「アノマリーで見ると菅政権の終わりは近い?」「退職金専用定期預金が高利回りな22行を公開!」「墓は作るのもしまうのも一苦労!」など、注目の特集が満載!

 さらに、別冊付録で「定年前後の不安を解消!【老後のダンドリ】確認BOOK」も付いてくる! 定年退職をする場合、退職金や年金、保険に関することなど、しなければならない手続きが山ほどある。知らないと損することも多いため、定年退職を控えた人はぜひチェックを!