サラリーマンが知るべきお金の教養
【第2回】 2013年7月16日 えーちゃん&周ちゃん

30代サラリーマンが知っておきたいお金の話
そもそも確定拠出年金ってなに?

サラリーマンと確定拠出年金 第2話

周ちゃん おいおい、なんか学者的なボヤっとした意見だぞ(笑)。資産運用のオーバーオールな知識を身に着けないとダメってことじゃん! 手っ取り早い方法はないかなぁ?

えーちゃん 残念ながら、資産運用に、絶対に間違いがなく手っ取り早い方法があったら、みんながやってるはずだし、こんなにも色々な情報が世の中に飛び交うこともないんじゃないの?

周ちゃん 今日のえーちゃん、なんか厳しいな~。まぁ試合に出る前に基礎トレしないとバテるぜってことよね。

えーちゃん そうそう。さっきの話じゃなけど、これからの長い人生の中で、最低限のお金のことを知っておいても損はないんじゃない? 自分のお金は自分でマネージすべきじゃ?
あと、周ちゃんは俺みたいに「資産運用が趣味」ではないと思うけど、そういう人は、アドバイスをもらえる人や信用できる情報源を見つけるってことも大事じゃないかな。その上で、自分が責任を取れる判断が出来るだけの最低限の知識を身に着けておけばいいわけで。

周ちゃんマネー(Money)ジメント(gement)!確かにそうだな。こういう知識が必要になる場面ってこれから増えそうだしな。ただ、一気に経済・金融関係の本ドサッと読め、ってのはNGね。気になる目の前のことを一つずつ解決していかないと!

えーちゃん そうそう、気になることから少しずつ時間を掛けて慣れていって本質に触れていければ良いんだよ。投資や資産運用ってのは、よく言われるように総合知的格闘技だからね。

周ちゃん 言われてる? 初めて聞いたよ(笑)

 

えーちゃん 「○○時間で分かる」とかお手軽に理解が出来るような本とか情報とかって多いけど、○○時間で本当に分かるっていうことはないわけだし。
それに、資産運用で身に付く知識はビジネスでも役に立つことはたくさんあると思うよ。
特にビジネスパーソンとして経営者層に近付いていくにつれて、最低限の経済やファイナンスの知識はマストと言ってもいいんじゃないの。

周ちゃん 確かにそうだな。俺もいつ突然、取締役に任命されるか分からないもんな(笑)。英語・IT・ファインナンスがデキリーマンの三種の神器って言うし。どれも一夜漬けじゃどうにもならない曲者だけど(笑)。よし、じゃあまず俺も直近の心配事の確定拠出年金をやっつけたい。


次回(「日本の年金制度について知らないと!」)に続く