世界投資へのパスポート

投資家が嫌気していた「新興国株式」に復活の兆し!
これから新興国株式への投資に期待できる理由と
手っ取り早く投資できるおすすめETFも紹介!

2017年4月24日公開(2017年11月30日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 一昔前、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)が投資の世界で持てはやされました。しかし最近は、ちっとも話題になりません。

 それもそのはず、下のグラフからもわかるように、新興国株式(灰色)はずっと先進国株式より出遅れていて、投資家が愛想を尽かしてしまったからです。

なぜ新興国株式は嫌気されたか?
「米国の利上げ」「世界の貿易の低迷」が背景に

 それでは、なぜ新興国株式は嫌気されたのでしょう?

 その最大の理由は米国の利上げに対する投資家の警戒です。

 経験則として、連邦準備制度理事会(FRB)が利上げしはじめると、新興国に投資されていた資金がアメリカに戻されることが知られています。

 リーマンショック以降、FRBは超緩和的な金融政策を貫いてきました。しかし2013年5月に量的緩和政策で買い入れる債券の金額を徐々に減らしてゆく、いわゆるテーパーリングの考えが打ち出されました。実質的な引締めのはじまりです。実際のテーパーリングは2014年を通じて実施されました。

 また2015年12月からは、いよいよ政策金利の利上げが始まり、これまでに3回の利上げが行われました。

 もうひとつ、新興国株式が嫌気された理由は、世界の貿易量の伸びがここ数年、低迷していたことによります。

 これにはリーマンショックによる世界的な不景気という要因が関係しています。

 それに加えて「人件費の安い新興国でモノを作り、それを先進国に売る」というビジネス・モデルが、だんだん通用しにくくなったことも関係していると思います。

 新興国が工場を誘致し、輸出で稼ぐというのは、もっとも効率的な富の移転の方法です。

世界の貿易量は再び活性化!
新興国を巡る環境は好転へ

 しかし最近になって、ようやく世界の貿易量は再び活発化の様相を呈しています。

 これを受けて、先進国から大幅に後れを取っていた新興国の製造業購買担当者のマインドも、好転の兆しを見せています。

 同様のことは消費者についても言えます。

 冷え込んでいた新興国の消費者信頼感指数は、反発の兆しを見せています。

FRBは利上げのペースを落とす?
米国の保護貿易主義もトーンダウンで嬉しい展開へ

 つぎにFRBの今後の金利政策ですが、ここへきて年内3回の利上げに対して懐疑論が出ています。その理由は、米国の利回り曲線がフラットニング(=平坦になること)を起こしているからです。

 下のチャートで、青は3月8日、つまり3月15日の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ実施前の状態を示しています。橙色は、最近の様子です。橙色の線の傾きは、青にくらべてなだらかになっています。これは(思ったより景気は強くないぞ……)ということをシグナルしており、景気が失速するリスクがあることを物語っています。

 したがってFRBは利上げのペースを落とすことが予想されるのです。これは新興国株式にとって嬉しい展開です。

 さらに「米国優先」を打ち出し、中国やメキシコをはじめとする新興国に厳しい態度をとっていたトランプ大統領は、ここへきて保護貿易主義の主張を大幅にトーンダウンしています。

 つまり世界の投資家が恐れていた、貿易戦争のシナリオは、やや遠のいたのです。

【今週のまとめ】
新興国株式を悩ませてきた
三重苦が和らいだ今が新興国投資のチャンス!

 以上のことから、新興国株式を悩ませてきた(1)米国の利上げ、(2)貿易の低迷、(3)トランプ大統領の保護貿易主義、という三重苦が、すこし和らぎました。これは投資家が新興国株式を見直すきっかけになると思います。

 今後、新興国に投資する方法としては、アイシェアーズMSCIエマージング・マーケットETF(ティッカーシンボル:EEM)が手っ取り早く新興国に投資できるETFで、おすすめです

【今週のピックアップ記事!】
「IoT関連株」で注目のおすすめ銘柄とは?世界の3大潮流「人口増加」「高齢化」「都市化」に、人手不足の解消や残業削減などで貢献する企業に注目
株主優待で食品や食事券がもらえる銘柄ベスト3!「株主優待+配当」利回りが最高23%超のお宝銘柄と株主優待銘柄の賢い選び方&買い方も紹介!
【2019年11月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3500銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数5400銘柄以上! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。取引手数料もお得で、米国株なら最低手数料0ドルから購入可能。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)だ最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「ゼロETF」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引ができる。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2200銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
2019年7月の値下げにより、米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能になった。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。また、米国株の情報入手には、各企業情報が1ページにまとまったレポート「One Pager」、米国株・米国ETFをテーマで検索できる「米国テーマ・キーワード検索サービス」、さらに銘柄検索やソートができる「米国株式決算スケジュールページ」が使いやすい。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
2300銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国株だけではなく、中国(香港)やアセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)の株もラインナップ。海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約360本と業界トップクラス! 2019年7月の値下げにより、米国株式の取引手数料は最低0米ドルからになった。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。また、取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

ダイヤモンドZAi 2019年12月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

ずーっともらえる
株主優待
今から買って大丈夫?

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

改悪・廃止を回避せよ!ずーっともらえる優待

ずーっともらえる株主優待
【スペシャル座談会】
投資歴20年超のツワモノ達が語りつくす
「株主優待のオモテとウラ」
【安心度をスコア化してランキング!】
・10年続く優待株ベスト50銘柄
【桐谷さん&優待の達人15人が推薦!】
ずっと持ちたい優待カタログ90銘柄

●ベストな買い時は?もう売るべき?
今から買って大丈夫?
タイプ1-価格が上がりすぎ!
オリエンタルランド、Jリート、金
タイプ2-価格が下がりすぎ!
ゆうちょ銀、東証マザーズ、串カツ田中
タイプ3-配当の利回り高すぎ!
JT、日産自動車、銀行株
タイプ4-赤丸急上昇の話題沸騰株!
Zホールディングス、ZOZO、楽天

残り2カ月!NISA売買戦略
・高配当株、安定成長株、10倍期待株

スペシャル対談
デヴィ夫人×本田健さん
逆境にめげずにチャンスを活かす!
「豊かな人生をつくるお金の使い方のヒント」

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[番外編]

【別冊付録】
●FXで勝つための自動売買入門


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報